俺の人生を変えたディルドアナニー

この体験談は約 4 分で読めます。

今年の始め、郵便配達のバイトの給料を受け取り、最初に俺が買ったのはディルドだった。
俺はホモではないのだが、小学生の頃からアナニーに興味があった。
ろくに腸内洗浄もせず、カーチャンが料理の時に使ってるサラダ油を指にまぶしてケツの穴に突っ込むぐらい興味があった。
その時、指が糞まみれになったのは言うまでもない。

だが皆も知っている通り、ただ指を突っ込むだけではまったく気持ちよくはないのだ。
むしろ息子は意気消沈し、マスターベーションでさえ捗らなくなるという異常事態。
このことでアナニーを断念した人も少なくないと思う。
小学生の時に試したサラダ油アナニーも気持ちよくなかった。
むしろ痛かった。
これが原因で6年ほどアナニーから離れるのだが、高校1年生の冬、ある事件が起きた。

それは俺が“男の娘”というジャンルの画像を発見したことである。
ただ女の絵に息子を書き足しただけじゃねーかと思う人が圧倒的多数だろう。
俺もそうだった。
しかし・・・俺の息子は反応していた。
それどころかアナルを犯されている男の娘を見て、封印されしアナニーを復活させたいという願望がケツの穴から沸々と湧き上がってきたのである。
いや、沸々どころではない、荒ぶる黄河のように湧き上がってきたのだ。
俺は居ても立ってもいられなくなり、台所へ走った。
しかし、その日はサラダ油がちょうど切れていたので、普通にマスターベーションをこなして寝た。

後日、アナニーを実行しようと詳細を調べたのだが、なんとアナニーにはローションというものが必要らしい。
俺はサラダ油アナニーライフを送ってきた男なので、その時のカルチャーショックは計り知れないものがあった。
仕方ないので男の娘が犯されている画像でマスターベーションをこなすことになったのだが、そこでディルドの存在を知る。
賢者タイムになりつつもディルドの入手方法をググった。
しかし、ほとんどのサイトが銀行振り込みかクレジットカードにしか対応してなかった。
この条件だとクレカは確実に使用できない。
親に代金は後で払うからと言ったとしても、何を買うか聞かない親などいない。
消去法でもう一つの方法になるわけだが、バイトもしていない高校生が銀行口座を持っているわけがなかった。
つまり俺はバイトをすることを余儀なくされたのである。

それから3週間後、ここで冒頭に繋がる。
郵便配達のバイトをするために親に土下座して許可を貰い、作った銀行口座からエログッズ販売店に送金した。
この時の興奮は文章では伝えることができないだろう。
何しろ送られてくるディルドの形状で抜いていたぐらいだ。
今の俺でもよく分からない。

それから1週間後、ディルドが届いたその夜。
俺は興奮が一周し、冷静の極みに達するほど興奮していた。
親が寝静まり、ウォシュレットでアナルを浄化する。
過去の過ちを繰り返すほど俺は馬鹿ではないのだ。
これから飲み込まれるであろう快感の波への期待で俺の息子は滾っていた。

そしてディルドを手に持ち、ケツの穴へと入れようとしたその時。
俺は重大なミスに気付いてしまう。
・・・ローションを頼んでなかった。
しかしクールな俺は、すぐに打開案を脳内の自分に提出する。
そう、サラダ油だ。

俺は脳内の俺とガッツポーズを取ったあと台所へとダッシュした。
急いでサラダ油をディルドに塗りたくり、ケツの穴へと入れる。

(ここからっ!ここからが俺のっ!アナニーロード!)

ゴツッ・・・。

入らなかった。
当然である。
ろくに解してもいないケツの穴に常人サイズのディルドが入るわけがなかった。
流石のクールな俺も、このような状況は予測できない。
アナニーのやり方を検索し、ケツの穴を解すことから開始した。

2時間後、俺のケツの穴はすでに4本の指を受け入れることが出来るようになっていた。
道のりは長かった。
ただ、ディルドをケツの穴に入れて、イクだけ・・・。
ただこれだけの動作にどれほどの時間を使ってきたのか。
しかし俺の胸にそのような後悔はなく、ただただ春風のような気持ちで溢れていた。

ズボォ!

ディルドが俺のケツの穴に入っていく。

(これが・・・俺の・・・アナニーロードのスタート地点!)

指4本を受け入れる俺のケツの穴がディルドに負けるはずはなかった。
だが、気持ちよくはない・・・。
感じることができるのは、ゴリゴリとケツの穴を擦られる感触だけである。
俺はディルドを床に固定し、やっきになって腰を振った。
振り続けたのだ。
ディルドをケツの穴に入れてから時計の長針が2周していた。
だがしかし、まだ気持ちよくなかった。
汗を滝のように流しただけである。

ここまで来るのにかけた時間を考慮すると、ここで諦めるわけにはいかない。
それから俺はほぼ毎日2時間、ディルドでアナニーをしていた。
親の仇であるかのように腰を振り続けていた。
ここから俺の人生が変わり始める。

まず、身長175cm、体重85kgという小太り体型だった俺の体が確実に変化していった。
当然だ。
3ヶ月以上、毎日2時間、ディルドアナニーをしているのだから、むしろ痩せないわけがない!
痩せていくと皮下脂肪が少なくなり腹筋が割れた。
夏頃には毎日2時間のアナニーに加え、筋トレ、ランニングをこなすようになっていた。
スクワットに近い床上固定式ディルドアナニーは確実に俺の大腿筋を強化してくれた。
ケツの穴に棒を突っ込んだ状態でスクワットをする画を想像して欲しい。
これを2時間である。
並の人間には5ストロークもままならないであろう。
しかし俺には、体力を凌駕するアナニーへの探究心があった。
そしてある時、俺のアナニーへの探究心に体力が追いついたのである。

俺は体育祭でのリレーでアンカーを任され、見事優勝した。
リレーを見てくれていた女子に告白され・・・俺の人生は変わった。
キモオタニートで終わるはずだった俺の人生を変えてくれたアナニーには本当に感謝している。
まあ今は、女よりも男に興味があるのだが・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!