女の先輩に留守電

この体験談は約 2 分で読めます。

遠距離恋愛中の彼女がいた。

ある時ケンカして、ふられた。
寂しかった俺は、すぐ近くに住んでる女の先輩に電話して留守電に「今度遊びましょう、私の部屋は角を曲がったラーメン屋の2階です」って伝言入れといた。

ところが別れた彼女からはすぐに電話が来た。
未練がある様子。
1週間後に会ってエッチもしたけど、すぐ『付き合う』という形にはしたくないらしい。
微妙な関係のまま、また遠くに帰った。

彼女とは仲直りっぽくなったし、まーいいかー、と思ってたら・・・。
夜、突然、女の先輩が部屋に来た。

「あの電話は何なのよー」とか言って。

聞けば彼氏もいるそうだ。

「彼女にふられて寂しくて」と言ったら、「そういうこともあるわよねー」とすごく分かってくれる。

しばらくくっちゃべっていた。
元々年上の女が好きな俺は先輩に微妙に触りたくなって、手を触ったり、膝に頭を乗せたりしていた。
その度に「ダメでしょ!」と怒られるが、別に避けるわけでもない。

俺は「別にいいじゃないですかー」とはぐらかしていた。

時間も遅かったので寝ることにした。

「泊まっていけば?」と言って先輩と寝ることに。

腕枕したけど「念のためね」と言って、先輩は向こうを向いている。

さすがに自分も彼女と別れて仲直りして微妙な状態だし、先輩も彼氏がいるし、それ以上はするつもりは無かった。
ちょっと寂しかったのでいちゃいちゃしたかっただけだ。
なので、そのまま寝ようとしていた。

自分はジャージ履いてたけど、先輩をぎゅーってしてて、あまりに柔らかくて気持ちいいのでタッてた。
それが当たったりしてたんだと思う。
すぐには寝付けずに、先輩の柔らかさを堪能してた。
けど別にやりたいわけでもなく、十分気持ち良かった。

・・・そしたら先輩がこっち向いて「寝られない」と言ってくる。

もう止められない。
おっぱじまった。

先輩はびしょびしょ。
下着までグッチョリ。
あんなにヌメヌメに濡れる人は後にも先にも無かった。
体も超柔らかい。
とにかく気持ちよかった覚えがある。

その後も2~3回会ってエッチしたけど、罪悪感からギクシャクして会わなくなってしまった。

今思うとあの濡れ方は最高だった。
胸もでかかったし。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!