不倫セックス中に嫁が吐露したエロすぎる昔話[前編]

この体験談は約 7 分で読めます。

昨日、嫁の優子と家庭教師の悠斗君が、俺が隠れている和室のすぐ横でセックスをした。
悠斗君は嫁のことを気に入っていて、恋愛感情すら持っていたので、そのセックスは激しいものだった。
結局、嫁は2度の中出しを受けて、最後に玄関でもう一度セックスをして、口内射精でごっくんをした。
それは俺には衝撃的なことだったが、とにかく興奮が凄かった。
触りもせずに、下着の中で射精をしてしまうほどの興奮だった。

嫁も、悠斗君に対して恋人のような気持ちを持ち始めていたので、俺は自分の寝取られ好きという性癖を満足させるために、嫁を自由にさせることにした。
そう決めた途端、さっきまで悠斗君とセックスをたっぷりしていたにも関わらず、羽が生えたように悠斗君のもとに飛ぶように出て行った。

「泊まりに行く」と言い残して出て行った嫁は、次の日の昼まで帰って来なかった。

浅い眠りを繰り返し、不安と焦燥感で押しつぶされそうな夜を過ごし、朝になった。
嫁はまだ帰って来ない。
何も手につかず待ち続ける。
10時、11時・・・時間だけが過ぎていく。

(今頃、悠斗君とキスをして、生ハメをされ、中に出されている・・・)

そんな想像ばかりが頭をよぎる。
それなのに、ずっと勃起しっぱなしのチンポをしごきたくてたまらない。
そして昼も過ぎて、泣きそうな気持ちになっているとドアがガチャッと開いた。
俺は犬みたいに玄関にすっ飛んで行く。
すると嫁がニヤニヤした顔で入ってきた。

「お帰り!楽しかった?」

俺は余裕があるふりをしてそんなことを言う。
だが嫁はニヤニヤしたまま黙って立っている。

「ん?どうしたの?」

不思議に思って聞くと嫁が近づいてきて、ゆっくりと口を開けた。
俺に口の中がよく見えるようにすると、嫁の口の中が白い液体でいっぱいになっているのがわかる。
俺はドキンとした。
同時に足が震えるほどの興奮が襲ってきた。

「あ、あぁ、優子・・・」

うめくように名前を呼ぶと、優子はゆっくりと口を閉じて、喉を鳴らしながら飲み込んだ。
俺は、その仕草を見て、怒りや嫉妬よりも、ただ興奮していた。

「あぁ、苦しかった。先生の家からずっと口に入れてたから大変だったよw」

「そうか・・・大変だったね」

こんな事しか言えない俺。

「でも、あなたが見たいんじゃないのかな?って思って頑張ったw」

「あ、ありがとう」

「興奮した?」

「あぁ、凄くね」

「ねぇ、ベッドへ行かない?」

嫁がそんなことを言ってきた。
俺はもう限界で嫁に抱きついた。

「フフwどうしたの?興奮しちゃった?ベッドに行こうよぉ。全部話してあげるw」

そう言いながら嫁は俺の手を引いて寝室に移動した。
もうすっかり母親になっていて、女としては終了したのかなと思っていたくらいセックスにも淡泊になっていた優子だったのだが、こんなにも淫蕩な面を持っていたのかと驚いている。
そして俺をベッドに寝かせると、上半身を脱がして乳首を舐めてきた。
すでに興奮状態の俺は、それだけで思わず声が漏れた。

「フフ、エッチな声。そんなに興奮してるの?聞きたいの?」

そう言いながら俺の乳首を指と舌で責めてくる。

「聞きたい、聞きたいよ」

快感にうめきながら答える。

「こうやって舐めたんだよ。悠斗の乳首。部屋に入ってすぐに悠斗を押し倒して、こうやって舐めたんだよ」

説明しながら同じように舐める嫁。

「先生、私がいきなり来てビックリしてたけど、乳首を舐めてたら私のおっぱいを触ってきたんだよ」

説明しながら嫁の声が上擦ってきた。
俺は嫁が説明した通りのことをしようと、嫁の胸を揉む。
いつもの通り、デカくて柔らかい感触だが、ブラをしていない・・・。

「ブラは?」

「先生が欲しいって言ったから、あげちゃった。それでオナニーするんだって」

たまらなく興奮する。
服の上から乳首を責めると・・・。

「あっ、んん、悠斗も、乳首いっぱい責めてくれた、よ、あ、あん・・・」

嫁の上着をはぎ取るように脱がす。
相変わらずの美しいくびれたウエスト、大きくても垂れていない胸、そのくせ乳輪は大きめで少し色が濃い、エロい体だ・・・。
親指ほどもある大きめの乳首に舌を伸ばそうとすると、胸の所々に小さなアザみたいなものがあるのに気がついた。
どう見てもキスマークだ。

「これ、どうして?」

呼吸が苦しいくらいだが、何とかそう聞いた。

「へへへ、悠斗が、『優子は俺のものだ』って言ってつけちゃったんだ。でも、そう言われて、イッちゃった。ゴメンねw」

嫁は何かが吹っ切れたのだと思う。
屈託なく開けっぴろげに話してくる。
もう限界で、俺は下も脱ぐと、嫁の下も脱がしにかかる。
だが、スカートを捲ると下着がない。
一瞬俺の動きが止まると・・・。

「パンツも欲しいんだってw可愛いよね」

などと嫁が言う。
もう限界で、そのまま正常位ではめた。

「う、あぁ、ん、違うよ、あ、くぅ、悠斗とはぁ、私が上に乗って、したんだよぉ」

嫁はもうエロい顔になっている。
と言うか、家に帰ってきたときからエロい顔だった気がする。
嫁は俺と体勢を入れ替えると騎乗位で挿入した。
いつもよりもグチョグチョになっている嫁のアソコ。
上下に動くたびに、俺の竿が真っ白になるのが見える。
本気汁?悠斗君の精子?
どちらにしても興奮が高まる。

「何回したの?」

「2回だけだよ、もうウチで3回も出してたから、2回だけ、あ、ぁ」

「2回だけなのに遅かったね、帰って来るの」

「出したのはぁ、2回だけど、あ、くぁ、ずっと、ア、んっ!ずっとはめっぱなしだったからぁ」

「優子は何回イッたの?」

「そんなの、あ、くぅ、数えられないよぉ。10回や20回じゃ、きかないもん、は、ヒィン」

もうイキそうだ。
必死で我慢しているが限界だ。

「硬くなってきたwあなた、イキそうなの?悠斗は2時間も入れっぱなしにしてくれたんだよ、もう、死んじゃうかと思った、ア、フゥあぁ」

2時間も入れっぱなし・・・。
若さ故に出来ることなのだと思う。
嫁は2時間もはめられっぱなしで、悠斗君に狂ってしまってないか心配だ。
だが、悠斗君に狂って欲しいと思う俺もいる。

「ダメだ、出る、イク」

そう言うと騎乗位のまま嫁がキスをしてきた。

「悠斗は私とキスしながら子宮にいっぱい飲ませてくれたんだよぉ」

上擦った声で興奮しながら嫁が言う。
もう限界だった。
嫁の舌を思い切り吸いながら、最高に気持ち良い射精をした。

痺れたようにグッタリしていると嫁がフェラをしてくれる。
お掃除フェラは初めてしてもらう。
俺は嫁に対して遠慮があるわけではないが、ノーマルなセックスしかしてこなかった気がする。
俺のグチョグチョになったチンポを嬉しそうに口で綺麗にしていく嫁。
もっと大胆に、もっと色々とすれば良いのかもしれない。
嫁も、実はそれを望んでいる気がした。
そしてお掃除が終わると、ベッドに一緒に寝転がり、抱きついてきた。

「あなた、愛してる。あなたが喜ぶからしたんだよ、やめろって言われたら、すぐにやめるから、ね?」

甘えた声で言う嫁。

「全然平気だよ。もっと好きにして良いから。その方が俺も喜ぶ」

虚勢と本音が入り混じる。

「はーーいwじゃあ悠斗の保健体育の家庭教師になるねw」

そう言って、いたずらっぽく笑った。

この日を境に、悠斗君とのセックスは日常に組み込まれていった。
何度も悠斗君の自宅に遊びに行く嫁。
息子が実家に泊まりに行ったときは、家に招いて何度もする嫁。
そして悠斗君とのセックスを話しながら、俺を興奮させる嫁。
最高の日々だと思った。

そして俺の欲望も加速して、横で盗み聞きするだけでは我慢出来ずに、何とか実際に見ることを考え始めていた。
ビデオなども考えたが、やはり臨場感を考えると目視したい。
結局、襖に穴を開けることにした。
そして和室側で蓋をしておけば目立たないので、覗くときだけ蓋を取ることにした。
蓋は何度も貼り直し出来る両面テープにした。

そして金曜の夜、息子を実家に泊まりに行かせて先生を招いた。
もちろん嫁が誘って、俺は居ないということにしてある。
ソファに座る2人。

「優子、会いたかったよ」

「3日前に会ったばっかりじゃんw」

「あれは、先生と生徒のお母さんだから。今は恋人同士でしょ?」

「ハイハイw3日前もキスして口でさせたくせにw」

「でも、はめてないからw」

「ぷっ、なんだそれ」

楽しそうな会話をする2人。
しかし家庭教師の日まで、目を盗んでキスしたりフェラさせたりしていたとは驚いた。
そのスリルにはまっているのだろう。

「あれ?そういえばソファの位置が変わりましたね」

悠斗君が言う。
襖の穴から見やすいようにレイアウト変更をした。
そこまでする俺に嫁は苦笑いをしていたが、移動を手伝ってくれた。
俺が喜ぶからと言っているが、嫁も悠斗君とのセックスは楽しみだと思うし、俺に見られている方が興奮するようだ。

「そうそう、気分転換にね。アン、エッチぃ」

唐突に始まった。
そっとテープをはがすと、ソファの上に座る嫁に覆い被さる悠斗君が見える。
襖一つ隔てた向こうで、35歳の嫁が20歳そこそこの悠斗君とキスをしている。
実際に生で見る2人のキスは、刺激が強すぎて、ショックがでかすぎて、思わず覗き穴にテープを貼ってしまった。

「あぁ、優子、飲ませて」

「悠斗も変態になっちゃったね。ちょっと待って、出るかなぁ・・・」

(え?何が?)

そう思って覗き穴のテープをはがす。
覗くと、ソファに座る悠斗君に跨がるように立つ、下半身裸の嫁がいる。
嫁は、そのまま少し足を開いてガニ股みたいになる。
すると嫁の股間に悠斗君が顔を近づける。
そして股間に完全に口をくっつけて、固定状態になる。

「出るよ、あぁ、出る」

そう言うと、悠斗君が喉を鳴らしながら何かを飲み込んでいく。
結構な量を飲み続ける悠斗君。

(嫁の、おしっこを飲んでいる?え?本当に?)

ちょっとパニックになる。

「凄いね、こぼさずに全部飲んだんだ」

嫁が興奮を隠しきれない上擦った声で聞く。

「はい、美味しいかったです。ありがとうございます」

まるで女王様とM奴隷のようだ。

「ホント、悠斗がこんな変態だなんて、今でも信じられないよw」

「優子が目覚めさせたんじゃん!」

「そうだっけ?もうカチカチだねw」

嫁は悠斗君の股間を触っている。

「あぁ、優子、舐めて」

悠斗君がうっとりとした顔で言う。
嫁は悠斗君の下を脱がせる。

「凄いねwガマン汁出過ぎw頂きますw」

そう言って悠斗君のモノを咥え込んだ。
初めて悠斗君のチンポを見たのだが、デカい・・・かなりの長さと太さだ。
嫁は「俺の方が大きい」と言ってくれていたが、それは優しいウソだったようだ・・・。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!