目覚めた俺のそばで、彼女が男のを舐めていた

この体験談は約 3 分で読めます。

彼女から、『別れたい』とメールが送られてきた。

俺はまだ好きだったし、彼女の浮気に気づきもしなかった。
彼女は俺には勿体無いイイ女で、この先、彼女以上の女とは付き合える自信はなかった。
別れたくない俺は、『会って話そう』とメールを送り、会う時間を決めた。

約束の時間に部屋に行くと、彼女はベッドに座っていた。
俺はソファに座る。
まず別れたくないことを伝え、別れたい理由を聞いた。
彼女は、好きな人が出来た、その人は危ない人だからもう会わないと言った。

俺はカチンときて、「浮気なんか最低だ」「そいつに抱かれたのか?」「お前がヤリマンだったとは知らなかった」・・・などなど、暴言を吐いた。

彼女は面倒くさそうな顔で、「もう帰って」と言った。

テーブルの上には、俺も彼女も吸わないのに灰皿とコンドームが置いてあり、それを見た俺は彼女に襲いかかった。
もちろん怒りがあった。
と同時に、(セックスしたら仲が戻るかも?)という考えもあった。
彼女は、「やめた方いいよー」と言うだけで、なぜかあまり嫌がらない。
押し倒して胸を揉むと、後ろから首を絞められた。
必死で解こうとしたが気を失い、気づくと裸にされて手錠で縛られていた。

目覚めた俺のそばで、彼女が男のを舐めていた。
男と目が合った。
男は、「気づいた気づいた」と半笑いで俺を見ている。
彼女もこっちを見て、「だから帰れば良かったのに」と呆れ顔。
男はパッと見た限り、年は近そうでガタイが良い。

俺の縛られ方は、手は右手が下から背中へ、左手が上から背中へ、そして背中で手錠。
足にも手錠。
初めて手錠を経験したが、辛かった。

「黙って帰れば良かったのに襲ったりするからさぁ、仕方なく捕らえましたぁ~」

男がニコニコしながら言った。
俺は恐怖で心から帰りたいと願った。

「せっかくだから少し遊ぼうね」

男はまだニコニコしてる。
そして彼女に、「勃たせてみて」と命令した。
彼女は俺に近づき、ちんこを触った。
恐怖はあったが、久しぶりの感触にすぐに勃った。
俺が勃起すると男は、「聞いてるよりデカいな」と言った。
見下した言い方で。

「ジンより小さいって言ったよ。ジンが大きいから小さく感じるって」

・・・男の名前は『ジン』と言うらしい。
ジンは定規で測るように言い、彼女は「16.8センチ」と言った。
ジンは、「そんなもんか」と言い、ベッドから下りて俺の前に立った。
そして彼女に自分のをしゃぶらせた。
俺の目の前で。

ジンのちんこはどんどん大きくなった。
確かにジンのちんこは俺よりデカかった。
彼女はちんこを比べてるような手つきをして、「やっぱりジンの方が太いし長いよ」と、ついこの前まで俺にくれてた笑顔でジンを見た。
ジンは、「大きさ比べより、もっと他にすることあるだろ」と彼女の手を引いてベッドへ戻った。
ジンの背中には刺青があった。

ベッドでジンと彼女はセックスを始めた。
騎乗位で5分くらい、正常位で20分くらいしてジンが出した。
それを見て俺は勃起してた。
ジンは出した後も勃起してた。

ジンは彼女に、「出してやれ」と俺を指差した。
彼女のカラダはジンから大量の精子を浴びていて、その始末をした後に俺のを扱いた。
10分くらいして、「出そう」と言うとティッシュを当てられ、その中に出した。

ジンはまた彼女を呼び、もう2回目を始めた。
途中で彼女がビクッとなり、「もう少し浅くして」と言った。
俺との時にはそんなことは一度もなかったが、ジンのが大きいからだろう。
ジンは2回目出した後、タバコを吸いながら彼女にテーブルの上の鍵を渡し、俺を自由にした。
俺は急いで着替えた。

「今回は遊んであげたけど、次来たら容赦しないから」

ジンはニコニコしながら言った。
俺は黙って逃げた。
家に帰って泣いた。

後日、合鍵を返しに行った。
その日もまた泣いた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!