新着情報

私と妻が別居している理由

この体験談は約 2 分で読めます。

私は数年前にリストラされ、今の仕事は3勤交代の仕事をしてます。

元々、妻も昼の仕事をしてましたが、私と時間帯が合いません。
妻は「時間帯を合わせるため」と言って今の仕事をやめ、また「給料もいいから」って事で夜のお店勤めをするようになりました。
実際、二人の給料では、かなり切り詰めた生活をしてたのも事実です。

妻はどちらかって言うと結構しっかりしてる方ですし、「学生時代スポーツで鍛えてるから立ち仕事も大丈夫」って言うもんで、少し安心してました。
もちろん、お店であった出来事はすべて毎日聞いていました。

やはり夜の仕事ですから、妻の口からはしつこく誘ってくるオヤジのことや、下心みえみえのナンパボーイや上手な口調で誘ってくる男性のことなど聞いてました。
でも、妻がちゃんと毎日話してくれる事で私は不安な気持ちをかき消してました。

今から思えばあの時おかしい?と気が付けばよかったんでしょうが・・・。

妻からある日、

「最初はカップルで飲みにきてたお客さんなんだけど最近は彼女だけお店に来るようになったの」

聞いてると、結構楽しい人みたいで、妻も彼女の話をすることが多くなりました。
まあ、男じゃないし、まぁいいかぐらいに思ってました。

休みの日に「彼女のマンションに招待されちゃった」と妻が無邪気に喜ぶのを見て、「ゆっくり遊んどいで」って送り出しました。
夜、私のケータイに女同士で飲み明かすからって「帰り遅くなる」って電話があったものの、結局妻は帰ってきませんでした。

その日を皮切りに午前様で帰って来ることが多くなり、直接「なにがあった」と妻に問い正すも、口も堅く聞き出せないままでした。

妻の口を割らせたのはカラダについていたキスマークでした。

最初遊びにいった時、お酒をかなり飲まされ、その夜彼女と肉体関係を持ってしまったと泣きじゃくりながら少しずつ話してくれました。
ペッテイングを受けた時、彼女が男だって事に気がつき、抵抗したにもかかわずお酒の酔いと男の力で一晩中愛撫を受けてしまった。
ちゃんと男のシンボルも付いてて、身体の中に受け入れてしまったと大泣きしてしまいました。

その後、何度か呼びだされ肉体関係を迫られ、拒めず受け入れ、最近ついた身体のキスマークは彼女(男)以外に本物の男性を交え3Pをしている時に男に執拗に付けられたと言って、また大泣きしてしまいました。

あまりの事に私も気が動転してしまい、現在妻とは別居中です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

My Slave