3階の渡り廊下は絶好の覗きスポットだった

この体験談は約 11 分で読めます。

男女共学の高校に在籍していた。
3年生の5~7月頃のこと。
晴れの日の15時過ぎ、1日の授業が終わり、黄昏時の校内の光景を教室や廊下の窓から眺めるときに得られる解放感は、いつも爽快だった。

この爽快感に加えて、一時の間だけだったが、放課後に束の間のささやかな楽しみがあった。
スカートの中の覗き見だった。
対象は同じクラスの女子生徒だった『Aさん』。

自分の所属するクラスの男女比は、男子生徒20名、女子生徒18名。
クラス全体の様子は、4月当初から女子生徒たちのグループは細かく分裂していた。
同じクラスの男子生徒たちの大半が仲良く固まっているのとは対照的だった。
Aさんも例外ではなく、いつも5人の友達と仲良くしていた。
ついでに言うと、私はどちらかというと物静かで大人しい性格だったが、休み時間はいつも同じクラスの男子生徒と4人で過ごしていた。

Aさんの男子生徒たちからの評判については、クラス内ではプチマドンナ的な評判はあったものの、それほど話題になるわけでもなかった。
学校全体でも、評判が聞かれるほどAさんは有名ではなかったようだった。
自分にとってAさんは関わる機会もなく、クラス内でたまに見かけるだけの存在だった。
Aさんのことは休み時間しか様子を見ることはなかったが、いつも5人で仲良く過ごしていた。
元気で明るくて活発な子という印象だった。
話している時に時々見せる笑みも爽やかで明るく印象的だった。
私は根暗な性格ではなかったが、Aさんとは性格が対照的だと感じていた。
比較的内向的な私に対してAさんは社交的な感じだった。

Aさんの外見は、身長165センチくらい。
健康的で肉感的な身体だった。
胸は程よい大きさで丸みがあり、均整のとれた感じだった。
股下は机の高さよりも数センチ上ある長脚で、太ももが丸出しで、丈の短いスカート姿。
(このスカートの短さは校則違反だろと思ったが、注意されることはなかったようだった)
髪は黒色で、束ねずに脊髄あたりまで伸ばしている。
背からお尻にかけてのくびれは見惚れてしまうような曲線美を描いていた。
お尻の大きさや丸みはスカートの上からでもわかるほどだった。
このように説明的に言っても伝わりにくいと思うが、一言で言うと、長身長脚の美女で、グラマラスという表現が合っていると思う。

Aさんはチア部に所属している。
そのことは、始業式後のホームルームで、担任からクラス生徒全員に簡単な自己紹介をさせたときに初めて知った。
Aさんには友達がいるようだった。
いつもクラスでAさんと一緒にいる5人のうちの1人の『Bさん』。
彼女もAさんと同じくチア部だ。

放課後、AさんはいつもBさんと2人で部室に向かっていた。
校内は広く、校舎の建物も多かった。
おまけに複雑な回路になっていた。
校門に出るには、建物の構造上、3階の渡り廊下を通るようになっていた。
その渡り廊下を通り抜けた先にAさんの部室があった。
この校舎の階段はかなりの急勾配になっていた。
毎回、この階段を上がるのは面倒だと思っていた。

それはある日、突然に訪れた。
5月頃だった。
1日の授業が終わり解散して教室を出るとき、先にAさんとAさんの友達であるBさんの2人が教室を出ていった。
私も男友達といつものように別れて1人になり、しばらくしてから教室を出た。
普段から何気なく歩いている廊下だ。
前方約5メートル以上先にAさんとBさんが歩いている。
2人とも部室に向かう途中だ。

Aさんの歩いている後ろ姿を見て、なんていう肢体なんだろうと感動した。
その一方であらぬことを少し想像していた。
3階の渡り廊下に行く途中にあるいつもの階段のところで、“きっかけ”は突然に訪れた。
私が階段を上がろうとするとき、周りにはAさんとBさんと私以外には誰もいなかった。
AさんとBさんは階段を上り終えようとするところだった。
階段の一段目に踏み込んで何気に上方を見上げると、Aさんの、あけすけになったスカートの中が視界に入ってきた。

スカートの中から伸びるAさんの長くて肉感的な両脚。
その両脚の間から見える下着のパンツ。
汚れがなく、真っ白の布地のパンツだった。
肉厚がわかるほどピッタリしていた。

初めてそれを生で見たときは衝撃的だった。
興奮も覚えた。
アダルト画像などのスカートの中を見るよりも先に、現物のスカートの中を見てしまった瞬間だった。
どうでもいいことだが、私は成人雑誌とかアダルト画像とかを高校を卒業するまでに見たことが一度もなかった。
興味がなかったわけではなかったし、性欲も普通にあったし、妄想でマスターベーションをすることだって普通にあった。
でも、とりあえず18歳未満は閲覧禁止のものは見ないというルールを守って過ごしていた。
高校を卒業してから、それまで我慢し続けてきた反動からかアダルト画像を貪るように見た。
スカートの中の画像もそのとき初めて見た。
でも、画像を見ているだけでは得られない確かな興奮が、Aさんのスカートの中を初めて見たときにあった。
アダルト画像よりも先に刺激の強いもの見てしまっていた。

Aさんの生脚やあの部分が、自分のすぐ目前にある。
でも、生脚やあの部分を触わりたくても我慢しなければならないのは、かなり辛いことだ。
Aさんのスカートの中を見たあのとき、たとえ男性機能に根差しているとはいえ、男は女に感じさせられる動物であることを自覚した。

私自身、Aさんにその気はないのに、Aさんに感じさせられたことを自覚し、恥ずかしくて顔が紅潮してしまった。
勃起した状態を人前に晒す恥ずかしさではなく、Aさんに感じさせられたという恥ずかしさで、私の顔は人知れず次第に紅潮していった。

今の私には劣情しかない。
ただのオスでしかない。
それに対して、前方を歩いているAさんは、性欲も穢れもなく純粋で高みにいるように思えた。
それに対して、今こんな気持ちになっている私は、Aさんから汚らわしい男だと嫌悪され、蔑視されているのだと思うようになった。

一方で、Aさんには失礼だが、ここまで理性的な判断を低下させ狂わせるなんて、なんて罪深いまでに妖艶な肢体を持った女子生徒なんだろうと思った。
Aさんの存在そのものが罪だという思いもあった。
そして次第に、普通に性欲のあった私はついにAさんのスカートの中に抗い切れず、徐々にペニスを勃起させてしまい、(Aさんの生脚やあの部分を触りたい。Aさんを自分のものにしたい)と、どうしようもないほど強く思うようになった。
倫理観と理性が辛うじて暴走を止めたが、正直、危なかった。

Aさんのスカートの中を初めて見たあの日は、本当に辛かった。
一度勃起してしまうと、もう自制心が効かず、後はもう膨らむところまで膨らんでしまっていた。
ズボンの中で苦しいまでにパンパンに膨らみ切ってしまい、やむなくトイレに行き個室に入り、鎮めることにした。
個室に入ってズボンを下ろし、熱のこもった膨らみきったモノを取り出して、解放された気分になった。
妄想だけでは、こんなにも大きく膨らまないことも、このときに知った。
亀頭はかつてないほど真っ赤でパンパンに膨れ上がり、すでに我慢汁で亀頭部分はぬちゃぬちゃに濡れて、亀頭に被っている包皮もつるんと剥けて、カリが剥き出しになっていた。
つるんと剥けた瞬間、カリ部分が刺激さえて気持ちよかった。

(まだ女体を触ってもないのに、視覚だけでここまで興奮するものなのか?)

個室の中で、誰からも見られていない安心感から、そんなふうに感動もしていた。

(もう少しだけ、脳裏に残っているAさんのスカートの中に浸っていたい・・・)

一方で、いい加減にそのことを忘れないと下校できないという思いも交錯した。
でもAさんのスカートの中が脳裏に強烈に焼き付いて、なかなか忘れることができず厄介だった。
すでにヌルヌルの亀頭を刺激したら簡単に射精してしまう。
何とか鎮めることに努めた。

便座に座って90度両脚を開き、勃起したままのペニスを下から左手で添えて、添えた手の人差し指で尿口周辺の筋をフェザータッチで前後にゆっくり擦って鎮める方法をとった。
目を閉じて鎮めようとしても、脳裏にはスカートの中が鮮明に残ってしまってて、刺激から逃れることができない。
目を閉じて、我慢汁で濡れた筋を擦りながら、脳裏に残っているAさんのスカートの中に浸ることにした。
でもこの方法ではマスターベーションになってしまい、気だるさが襲ってくるだけだと思い、なるべく擦らずに添えるだけにしておいた。
添えるだけにしてからも脳裏のスカートの中に性欲が刺激されて、包皮が剥けて丸裸になった亀頭が大きく膨れあがり、無意識に力んでしまい、ペニスがピクンピクンと痙攣してしまう。
痙攣するたび、尿口からは精液が少しずつ溢れてきた。
何の刺激も与えずに放置したままで鎮めるのは本当に辛かった。
でも、この辛い状態を我慢することが、なぜか快感だった。
興奮状態で鼓動は上がったままだし、精液は止め処なく溢れるし、こんな状態にさせてしまうAさんのスカートの中が本当に好きだった。

しかし、徐々に鎮まっていくのが感じ取れた。
それとともに高鳴っていた鼓動も収まり始め、乱れていた呼吸も落ち着きを取り戻し始めた。
やがて半勃起の状態に戻り、萎んでいった。
やっと鎮まったと思い、ほっとしてため息が出た。
時間が長く感じられた。
結局、時の経過に任せて鎮めるのに20分ほどかかっていた。

Aさんのスカートの中を見てしまった日から、Aさんを女として見る意識が芽生えた。
もちろんそれが顔に表れないように、普段は普通に過ごしていた。
また、それゆえに学業が疎かになることもなかった。

(Aさんのあのときの光景をまた見たい)

1日が終わって教室を出るとき、その思いは次第に増すようになっていった。

5月下旬頃、今まで通り校内で過ごしていた。
放課後は定期的に掃除の当番がまわってくる。
その日を除けば、Aさんと同じタイミングで教室を出る機会がある。
Aさんのスカートの中を見る機会は、吹き抜けのある風通しの良い渡り廊下のある3階に上がるまでの間だった。
教室を出てから、まだ階段に差し掛かっていない。
まだ覗き見てもいない。
AさんとBさんの2人から数メートル後方を歩いているだけだ。
それなのに胸の高鳴りが次第に速くなり、走った後でもないのに呼吸が荒くなってしまっていた。
この前、Aさんのスカートの中を見たときのことを思い出したからだ。

(Aさんのスカートの中を今日も見れるだろうか?

期待が高まっていた。
放課後はいつも生徒たちの声で賑わいが絶えない。
そのような中、日によっては周りに生徒たちがいるため、諦めることもあった。
でも日によっては、タイミング良く、周りに誰もいない日もあった。
Aさんのスカートの中が見えた日は、いつもこの上ない幸福感でいっぱいだった。
見た後はあまりの興奮から、しばらくの間、興奮状態が冷めなかった。
鼓動も高まったままだ。

2回目以降の覗き見も、やはり刺激が強すぎた。
私は情けないほどにAさんに感じてしまっていた。
高校を卒業してから、このときのことを振り返っても、スカートの中だけでどうしてあれほど興奮できたのかなんて説明できない。
だからといって、誰のスカートの中でも良いわけでもない。
下着のパンツが見えても、染みとかの汚れの一切ない、キレイに洗濯し終わった後のような真っ白な生地のものでなければ興奮できない。
そんな一種のこだわりさえあった。

要するに、誰のスカートの中でも、どんなスカートの中でもいいわけではなくて、Aさんのだから良かった。
いや、Aさんでなければならなかった。

Aさんのスカートの中を見た直後は、無性に入れたい衝動に駆られた、本能のままAさんの膣の中へ。
Aさんが欲しいという衝動に駆られた。
オナニーのネタにならないわけがなかった。
しかし、こんなことをAさんや周りに知られるのは恥の極みだと思って隠していた。

ここに密かに打ち明けているAさんに対する女としての印象は、他にもある。
体育の授業を受けていた時の姿。
体育の授業は男女別に受けることになっていた。
球技の授業の時だったが、遠くからしか見ることはなかった。
当時、まだ女子生徒の体操服の下穿きはブルマの時代だった。
女子生徒によって、上着をブルマの中にしまう生徒や、着丈が長い上着を外に出してブルマが半分見えたり、ちらっと見えたりする格好の生徒もいた。

Aさんは後者の恰好をしていた。
ちらっと見えるブルマ越しの股下がとても刺激的だった。
今ではどこの中高もハーフパンツに統一されている。
体操服でブルマ姿はもはや過去の遺物にすぎなくなった。

放課後、校内で植物とか芝生とかが人工的に造形されている場所にAさんがいた。
そこにある長椅子にBさんと隣同士で座っている。
何もしゃべらずに遠くを眺めるように見て佇んでいる姿には、体育の授業のときに見せたような性的な要素は一切なく、爽やかでとても清純派な感じで素敵な光景だった。
私にとってAさんはマドンナだと思うひと時だった。

部活動の最中のAさんを偶然見かけたこともある。
トレーニングウェア姿だった。
練習中に上から誤って落下しても最小限の傷で済むように配慮したユニフォームを着ている。
チアのユニフォーム姿になったAさんは、公式の場でパフォーマンスするときに見たことがある。
制服の時とはまた違って、パフォーマンスを含めてAさんのすべてに吸い込まれそうだった。

しかし、ついに発覚してしまった。
7月頃、校内でいつものようにAさんのスカートの中を誰にも気づかれることなく堪能していた。
ただこの日は、いつもと違った。
階段を上がっている最中だった。
Bさんから言った。

「いつもスカートの中、見られてるけどいいの?」

ついに気付かれてしまった。
そう思った。
しかしそのとき、Aさんの意外な答えを聞き知ってしまった。

「◯君(私)だったらいいよ」

その一言は色んな感情を引き起こした。
私が見ていたことに前から気づいていたのはわかった。
普通ならば当然に拒絶し、手でスカートを押さえ、中を片手で隠すだろう。
でも隠す素振りもしなかった。
スカートの中から伸びる両脚と、その間から見えるあの部分。
いつもの真っ白な布地がフィットしたあの部分が、開けっぴろげになったまま階段を上がっていた。

『見るならしっかり見て』

そう言っているように思えた。
この一部始終にさらに興奮した。
倫理観と理性で辛うじて抑えていた劣情がドバーッと全開になってしまった。

もっと近くでみたい!
冷たい目で「変態」と蔑まれてもいいから、心ゆくまでAさんのスカートの中を近くで見たい!

魔性の一言だった。
その一方で、まるでAさんにすべてを受け入れられているかのような錯覚に陥った。
このような色んな感情が脳内で暴走する興奮は初めてだった。
彼氏彼女の関係でもないのに、非日常的な空間でいわゆるパンチラを許してもらえる。
しかも対象としている女の子から直々に許しが下りる。
これがどれほど特別なことで強い刺激を引き起こすことか!

実際に彼氏彼女の関係に発展してしまうと、互いに気心が知れているから、同じような非日常的なシチュエーションであっても、それほど興奮はしないだろう。
この異常な興奮状態は第三者から見れば劣情としかいいようがないのは認めざるを得ない。
この興奮状態は、まだ相手と仲良くなる前の、極端に言えば見ず知らずの相手との関係だからこそ起きる、特殊なものだ。

とにかくこの異常なまでの興奮を鎮めるために、3階のトイレの個室でしばらく過ごしていた。
心身ともに鎮まるまで、かなりの時間がかかった。
同級生の女子生徒のすべてではないものの、ここまで性的に強い刺激を引き起こす女の子はそう滅多にいるものではないと思った。
その意味で、女性という生き物は罪深いと思ったし、ちょっと怖い存在だと思った。

鎮まってから、3階のいつもの渡り廊下を通り過ぎ、Aさんの部室を通り過ぎるときだった。
部室の方から会話をする声が聞こえた。
物音などから察してAさんとBさんの2人だけのようだ。
それも着替え中のようだ。

「図々しいにもほどがあるんじゃない?」

Bさんが言った。
さっきの覗き見のことかなと察して続きを聞くことにした。

「前から見られてたのは気付いてたよ」

Aさんが言った。
私の名前を言った上で見ていいよと言ったくらいだから、気付いていたけど黙っていただけなのはわかった。
でもあえてAさんがはっきりそう言ったのを、また聞いてしまった。
聞き知った範囲では、Aさんはスカートの中を見られることに対して、それほど恥ずかしいとは感じていないようだ。
もし恥だと思うなら、太ももを丸出しにするほどの丈の短いスカートは最初から穿かず、膝まである長さのスカートを穿いているだろう。
制服でもファッションを楽しみたいという動機が優先するなら、制服姿でミニスカート姿の自分自身にAさん自身が気に入っているだけであって、スカートの中が見えることは第一義的に気にしていないのかもしれない。

Aさんは恥ずかしいとは思わないのだろうか?
「見てもいいよ」と言うなんて・・・。
性に開放的なのか?
それとも・・・。

逆に、見ている私のほうが後でトイレの個室で醜態を晒しまくって恥ずかしくなってしまった。
このまま彼女らと遭遇するのは気まずいと思い、その場を去ろうと校門に向かった。
部室での一部始終を聞いて、彼女たちから諭されたと受け止めることにした。

この日のことがあってから、放課後のささやかな楽しみだったAさんのスカートの中の覗き見は心から反省し、辞めた。
その後、AさんやBさん、さらには彼女らの友達から、この件でクラス内で変な目で見られたり報復されたりすることはなかった。
校内でもこの件が広まることはなかった。
実質的に無罪放免だと思っている。

AさんやBさんとは気心の知れている間柄ではない。
だからこそ覗き見など当然許されるはずはない。
これが通常の倫理観であり理性というものだと思っている。
それなのにAさんのスカートの中に興奮し、さらに「あなただったら見てもいいよ」と言ったAさんのあのときの一言に興奮したことが記憶に深く刻まれている。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!