工業高校時代にお世話になったヤリマン

この体験談は約 5 分で読めます。

その女は『山本I』。
昭和39年生まれやから、現在は54歳か。
俺とは同じ中学やったけど、中学の頃はそれほど目立たなかったかな?

俺が工業高校に進学して2年の頃から仲良くなったツレのY。
この話の主役がこいつ。
このYが◯商のIと付き合ってるって聞いていたが、3年の夏に別れた。
やりまくって飽きてきたのと、Yに他に好きな女が出来たからという、よくある話。
その後、Iは年上の男と付き合ってると卒業する頃にYから聞いた。

そして卒業して1年余り、俺は地元の小さな会社に勤めながら車を買って走りまわってた。
Yは都会に出て就職したが1年ほどで辞めて地元に帰り、ブラブラしてたが水商売のアルバイトをしてた。
そこへ高校時代の知り合いの女たちが、たまたま飲みに来てた。
その中にIと仲の良かった女もいて、Iを連れて来たみたいだった。
年上の彼氏はトラックの運転手で週に1、2回しか会えないし、会っても「眠い眠い」が口癖でいつも寝てしまうとボヤいてたようだ。
(※この辺はYに聞いた話だから詳しくは知らない)

ある日、酔ったIを店が終わってからアパートに引っ張り込んで関係を持ったと。
高校生の頃には肉体関係あったし、会うといつもやってたみたいだったから、割とスムーズに出来たとのこと。
Yも当時は女もいなかったから性処理には都合が良かったのだろう。
勢いでIに付き合おうと迫ったが、その時には「年上の彼氏に悪い」とOKしなかったみたいだった。
しかし、彼氏に悪いと言いながら、ほぼ毎日Yとはやってた。
Yのアパートは俺らもたむろしてたから、隣の部屋で激しくやってたのは知っているwww
Yの許可もあって時々覗いてたしwww

背は155cmぐらい(?)、少しポチャやけど、胸はデカいし尻もデカい!
特徴のある尻で、わざと突き出してるのかと思うほどの尻で、これがIの一番の特徴かな。
あのケツを見ながらバックで突きたいと、密かに思っていた。

1ヶ月ほどした頃だったか、とうとうIは「Yと付き合う」と俺らの前で宣言した。
そして、年上の彼氏とはキッパリ別れますと言った。
(※本当はYや俺らに言わされたってとこやけどwww)

しかしIはその後1週間経っても2週間経ってもグズグズと年上の彼氏と別れなかった。
今みたいにスマホとかもない時代だったので、「連絡が取れないから仕方ない」と言い訳ばかり言ってた。
Yはイライラしてたから、俺らの前で露骨にIを襲ってセックスをしたりするようになった。
自分の女であることを強調したかったのかな?
それとも、隠れて年上の彼氏ともセックスしてるかもしれないのが気に入らなかったのかな?
Iも最初は抵抗してムッチャ暴れていたが、そのうち恥ずかしがりながらも俺らの前でやるようになった。
そんな状態で1ヶ月余り経った。
そして、ついにYがキレた。

ある日、Yは俺らに「協力しろ」と言ってきた。

「Iのオメコの奥まで見せてやる」というのが見返りだった。
20歳になるかならない頃の俺らには、十分なご褒美だった。

Iがアパートに来た時に、Yは「彼氏とはもう別れたか?」と迫った。
今でも覚えているが、Iは返事もせずに下を向いた。
何回か問いかけられても黙って下を向いたままだった。
Yが俺らに合図した。
Iは、一斉に立ち上がった俺らに、「えっ?」って脅えた顔になった。
そのIを押し倒してツレ2人が両腕を押さえつけ、俺ともう1人が両足を押さえた。

「いやっ!なに?」

Iはそう言ったと思う。

「俺の女やってことを彼氏に見せつけたる」みたいなことをYは言った。

そしてYは動けないIのブラウスだったかな、ボタンを外して開き、ブラを上に捲り上げた。
巨乳(EかFカップ?)がポロンと出て、みんなの視線が集中した。
もちろん俺もwww

「お願いやめて!必ず別れるから!」

そんなIの言葉は無視してYはスカートを剥いで、ショーツもパンストと一緒に一気に脱がせた。
比較的柔らかそうで、あんまり濃くない陰毛だった。
Iの陰毛をまともに見たのはそれが最初で最後だった。

もちろんIは暴れたが、男4人に押さえつけられると簡単には逃げられない。
Yがシェービングフォームの泡をIに見せつけると顔が引き攣っていた。
陰毛がシェービングフォームの泡で真っ白になると、観念したのか大人しくなったが、涙を流してたのは覚えている。

「暴れたら切れるぞ!」

Yに凄まれて、Iは歯を食い縛ってたように思う。
恥丘がキレイになるとYの指示で両足を開かせながら上にあげた。
股間もキレイに剃り上げて、Yは満足そうな顔をしていた。
お尻の穴には毛はなかったが、念のため(?)に剃り上げた。
それが俺らへの褒美なのか、Iへの嫌がらせだったのかはわからない。
少し黒かったがキレイな肛門だった。

マングリ返しの状態にして、タオルで綺麗に泡を拭き取った。
そしてそのタオルを顔にかぶせて見えなくして、Yはオメコを開いて約束通り俺らに見せてくれた。
すると半透明な汁がオメコから尻穴にツーと流れた。
みんなが顔を見合わせた。

(この女、見られて感じてる)

みんな同じことを思ったと思うし、Iが帰った後、その話で湧いたwww
たっぷりオメコを見せてもらった後、Iを帰した。
彼氏とはセックスどころか裸にもなれんやろ。

それから2、3日して、「やっとIが彼氏と別れた」とYから聞いた。
しかし後から思えば、この頃にはもうYはIに飽きていたんだろうと思う。
意地で彼氏とは別れさせたが、本気で付き合う気はサラサラなかったんじゃないかな。

剃毛してから1週間ほどが経った日曜日の朝、IがYの部屋に遊びに来た。
Yと俺ら5人は前日から遊び回ってて寝てたのだが、Iは隣に部屋に行き、コソっと服を脱いでYの布団に潜った。
実は前夜、「もしIが来てセックスが始まったら覗いてもいい」とYに言われてた。
その時はYがIを全裸にしてから布団を蹴り飛ばして、俺らに見やすくするとのことだった。
そして、「みんなにもさせてやるから」と・・・。

みんなを起こして隙間から覗くと、Iは全裸でケツをこちらに向けた四つん這いの格好でYのチンコを咥えてフェラをしてるようだった。
Yの顔はIの股間の下。
Yは俺らが見やすいようにオメコを開いたり、肛門に人差し指を入れたりして遊んでいた。
安くて古いボロアパートなので、俺らからIの股間までは1メートル弱。

しばらくしてYは俺らに『来い来い』と手招きをして、両足で軽くIの頭を挟みこんだ。
Yのチンコを咥えているため苦しいのか、Iはケツを左右に振っていた。
そして俺らが部屋に入ってきたことに気付いていないようだった。
オメコの臭いがわかるほど顔を近づけてIのオメコを見せてもらったのだが、途中で雰囲気でわかったのか、IはYの足を振り解いて逃げた。
大きな声こそ出さなかったが、驚いた顔っていうか、『これから私、何をされるの?!』って恐怖の顔をしていたっけ。

Iは布団をかぶって逃げたが、Yの合図で布団を剥がして押さえつけ、みんなで犯した。
俺は2発だったが、中には3発やった奴もいた。
俺はIのオッパイも堪能させてもらった。
Iが泣きながら帰ったのでYに大丈夫かと尋ねたら、「これでお別れやから」と笑っていた。

でもIは、翌日の夕方も来ていた。
Yはやった後で水商売のバイトに出掛けたが、俺らはIとやりまくった。
そして11時過ぎにIは帰った。
翌日もまた翌日もYはやった後はバイトに行き、俺らは全裸で残されたIを頂いた。
日曜日は早朝からやって来ては、みんなとやりまくっていた。
定期的に剃毛もやった。
全裸で裸踊りもやってくれた。
セックスに飽きてくると、野菜やコーラの瓶でオナニーもさせた。
ポラロイドで写真も撮った。
(あれ、どこへ行ったのかな?)

顔もええし、巨乳やし、セックス好きやし、何でもさせてくれたが、さすがに飽きてきた。
Yが飽きて捨てた気持ちがなんとなくわかった。
一生、都合のええ性処理便所でいてくれるなら、たまに遊ぶのもええかなと当時は思ったが、Yが都会に行ってしまうと、いつの間にか来なくなった。

何年かしてYに聞いたら、年上の彼氏と結婚したそうだ。
もう二十数年前の話で、それ以後は会ってもないとのことらしい。
今は今で、エロい熟女になってると思う。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!