同窓会と集団乱交

この体験談は約 2 分で読めます。

〔体験談投稿者:彪たん 様〕

『11:00:00』

部屋の壁に掛けられた時計は11時を指し、閉めることが出来なかったドアが自動的に閉まった。

「きゃああああっ」

私達は一斉に悲鳴を上げた。
スカートが捲れ、白や黒やピンク色などのパンティが曝け出されたのでした。

「きゃあ」

私は悲鳴を上げた。
男性たちが現れるや、私たちを襲い始めた。

「んんっ・・あむうぅん・・はむん」

唇を奪われさらにディープキスをされた。
舌と舌が重なりあい、さらにおっぱいを揉まれさらにお尻を撫ぜられた。
男性の手が私のスカートの中に侵入し、パンティの上からお尻を撫ぜ回してきた。

その後、私は寝かされ、さらに男性に犯され続けた。
半脱ぎにされた私は犯され続けた。
女性たちの喘ぎ声が部屋中に響き渡った。

「んんぁあっ・・はぁあんっ・・・」

ついに私喘ぎ声をあげた。
急に体が熱してきたのであった。
愛液まみれになった私の膣内に男性の肉棒が突き刺さった。

「ああっ。ぁあんっ・・ぁあんんっ・・」

私はおっぱいを揺らしながら喘ぎ声を上げた。

「き、気持ち・・いい」

快楽におぼれた女性の声が聞こえた。
体勢は正常位から対面座位へと変わってゆくも、男性は腰を振り続け私のおっぱいを揺らした。

「何?こんな気持ちいいのは初めて」

私は男性に向かって呟いた。
体勢は対面から騎乗位へと変わっていった。
男性のピストン運動の速度が増していった。

「ああっ・・ぁんんっ・・あっ、あっ、あぁあああああ!」

私は絶頂した。
私の子宮に次々と子種が注ぎ込まれていった。
今の男性の射精が終わるや、今度は別の男性が私たちを犯しては射精していった。

同窓会が終わり、私達はそれぞれ自分の家へと帰っていった。
妊娠が発覚し、私は私を犯した男性の子を出産した。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!