新着情報

不倫現場を目撃されて畑で犯された

この体験談は約 3 分で読めます。

私は39歳、主人と子供が2人います。

とある日の午前中、梅雨に入っても雨の降らないのが心配で、車で畑に水をやりに行ったんです。
畑の隣に、専業で野菜を作っている人(実は1年前から不倫相手)の広い畑があります。
その時は家に帰る準備をしていたらしく、私を見つけ近寄ってきて、「朝早くから畑やってるから、一旦家に帰ってまた来る?」と話し掛けてきたんです。
普段、私は主人と休日に一緒に来るくらいで、私だけで来ることは滅多にないんですが、今回のように空梅雨になると、心配する主人に言われて畑に来ることはあります。

その、たまに来た時などに、隣の畑ということで色々教えてもらってるうちに肉体関係を持ってしまい、この1年の間に5回ほど関係がありました。
彼は手広く野菜作りしてるため、私と畑で同じ時間帯に会うなんて珍しく、2ヶ月に1回あるかないかです。
彼の方から私に連絡はないし、こちらから連絡を入れることもありません。
この場で会ったから、じゃあ関係するか、というわけでもないんです。
つまり、その時の状況次第なんです。
この男性は52歳で、奥さんも子供もいるそうですが、家族の顔は見たことがありません。

彼は周囲をチラッと見た後、「やあ、水が大変だな。ところで奥さん、今日はどう?」と久しぶりに言い寄ってきました。
もちろん、関係を持ちたいということです。
私はその言葉に引っ張られるかのように、頷いてしまいました。

畑の横の日差しを遮れる木立に車を持って行き、車内がエアコンでまだ冷えてる私の車の後部座席で久しぶりの関係を持ちました。
正直言って、本当に本当に久しぶりの彼との関係でしたし、勢いでエッチしました。
30分くらいしてたでしょうか、ほとんど彼中心のセックスで、私はモヤモヤ感の中で終わってしまって、次の約束するでもなく、彼は車で帰って行きました。

自分の車を元の位置に戻そうとした時、悪夢が始まったんです。
誰も居ないと思ってた木陰からスッと男が一人出てきて、「奥さん、やってたな、あれ旦那じゃねえなー、隣の畑のおっさんだな、俺アンタの家知ってるぞ」と言い寄ってきたのです。
かなり汚い身なりのホームレス風な男で、この辺りにある農機具小屋なんかを間借りしながら広い範囲をうろついては、不倫してる年配の女から金銭を要求したりしてると本人が言ってました。
以前、彼とこの場所で関係するところを見られていたらしく、近くにいた別のおばあさんに私の名前と家の場所を聞いていたみたいで・・・。
たまたま私が不貞行為をするシーンを見られてしまったんです。
とても暑い日でしたが、身体は凍りつき、心臓が胸から飛び出しそうになってました。

近寄る男に、「いくらなら見逃してくるの?これで勘弁して」と、バッグの財布から3万円差し出すと、男は私の財布を取り上げると逆さにして振って、一円玉を含むすべての硬貨をコンビニの袋の中に落としました。
その後・・・。

「俺にも奥さん、一発やらせてくれないか?あの男みたいによおー」

男は盛り上がったズボンに手をやり、要求してきたんです。

「それは出来ません、勘弁してください、お金ならあげたでしょう、お願い」

手を合わせて懇願した私。

「俺、ほらコンドーム持ってるから、心配せんで一発だけさせろ、そしたら後は変なことは一切しないから、なあー、一発?」

聞く耳を持たないホームレス。
私はそのコンドームを見て、中出しされないとの安心から涙目になりながら男を受け入れてしまいました。
嫌な臭いを我慢しながら、後ろ向きの体勢でセックスをさせました。
男は2分ほどでイッてくれましたが、何か変な違和感を覚えて男を突き放してみると、股の間から垂れてくる精液にビックリ!
汚らしい精液を中に出されてしまったんです。

男は、「奥さんご馳走様、気持ちよく出させてもらったよ、一ヶ月分だぜ、最高だよ」と言いながら私のモンペを取り上げ、それでチンコを拭い、逃げるように去っていきました。

最初から、コンドームに亀裂が入っていたというのです。
それを知らずに中出しを許すなんて・・・、確認すればよかった・・・。
でも、あの状況で確認なんか出来るわけありません。

産婦人科には行きましたが、性病が心配です。
後悔してます。

【iコミックらんど】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

おっぱいセフレコレクション
最強媚薬エロティカセブン