新着情報

泥酔女をホテルに連れ込んで眠ったまま犯した

この体験談は約 5 分で読めます。

数年前、夜遅く会社から帰る時の電車の中のこと。
花の金曜日で、こっちは仕事の帰りなのに車内は酔っ払いでいっぱいだった。

黙ってつり革につかまって立っていると、ドスンと足の上に何かが倒れた。
驚いて下を見ると、俺の足の上に女の顔が乗っていて、こっちを見てにやりと笑っている。
さすがに驚いたが、よく見るとこの女泥酔していて目の焦点が合っていない。

20代前半くらいの女だ。
酔っ払っているので顔が赤くて腫れぼったいが結構美人。

若い女が無防備によく飲むよ。
俺は困ったような顔をして、「大丈夫ですか?」と女の体を起きあがらせた。
女は酔って頬が赤くなっていて、顔には薄ら笑いを浮かべている。
酒の匂いがぷんぷんする。
俺は、まったく困ったなという顔をして見せ、次の駅で女を抱えて下車した。
周りの人も俺が降りるのを助けてくれた。

電車が行ってしまい、ホームの椅子に女と二人きりで座る。
女は俺の問いに答えることも出来ない状態で、そのうち俺に寄りかかって眠り始めた。
こいつはいただきかな・・・と思った。

ホームでは何も出来ないので、さあさあと女を立たせて、ふらふらする女に肩を貸しながら、「明美、いいかげん飲み過ぎだよ」などと適当な名前を呼びながら、恋人同士のふりをして駅の外に出た。
女の乗車切符がなかったが、駅員も女の泥酔ぶりに気を取られて見るのを忘れたらしく、俺の定期だけで二人とも外に出ることが出来た。
ラッキー。

ホテルに入ろうと駅のそばのホテルを回ったが、金曜日なのでどこもいっぱい。
女は歩かされて、さらに酔いが回ってしまった様子。
顔が朦朧としている。
女の香水の匂いと酒の匂いが混ざって俺の鼻を刺激する。
5軒目でようやく空いた部屋を見つけてキーをもらう。
受け付けのオバチャンも正体不明の女をじっと見つめて、俺のしようとしていることに気が付いているような感じがしたが、何も言わなかった。

エレベーターを降りて部屋に入る。
女はもう意識がない。
俺は女をそっとベッドに横にならせた。
さすがに風呂に入れるわけにはいかない。
あとは脱がせて犯すだけだ。
興奮してチンポが勃起してくる。

女はベッドでいびきをかいている。
これから犯されるのにいい気なものだ。

まず上から脱がせる。
服のボタンを外して上着を脱がせる。
ピンク色のスーツだ。
その下の白いブラウスのボタンを外して服をそっと脱がす。
中から白いブラジャーが出てくる。
結構胸がデカい。
そっと体を横にしてブラのホックを外す。
ポンと弾けるようにブラが外れて、中のオッパイが揺れながら出てくる。
それを見た時、興奮でチンポの先から汁が出てしまった。

ブラを取り、胸に触ってみる。
自分がドキドキしているのがわかる。
女の体が上を向いているので小さく見えるけど、なかなか良い形のオッパイだ。
柔らかい乳首を口に含んで少し舐めてみると、女の甘酸っぱい体臭がして乳首が硬くなってくる。
両方の乳首を舐めて硬くしてみると、ビンビンに硬くなった左右の乳首が斜め上に突き出る。

女の吐息が一瞬止まって、「ううん・・」と声を上げたので、驚いてこちらも動作を止める。
どうやら感じているようだ。
スカートの下から手を入れてパンツの股の部分に触ってみると、温かくて少し蒸れているような感じがする。

次にピンクのスカートを脱がしにかかる。
後ろ側にフックがあるので、それを外してみると簡単に脱がせた。
これで上半身は全裸、下半身はパンツの上にストッキングの状態だ。
俺はゆっくりとストッキングを脱がせた。
丸まったストッキングをベッドの下に放り投げる。

あとは白いパンツのみ。
女の両足を少し開いてみると、パンツの股の部分に黄色いシミがある。
その上、パンツの生地が濡れて一部透き通っていて、マンコの肉が外から見えている。
さっき感じた時に濡れたのかな?
まさか今日、知らない男の目の前でパンツを晒すとは思わなかったろうし、さんざん飲んだ上に風呂にも入っていないから、パンツを綺麗にする暇はなかったようだ。

こちらもたまらなくなって自分の服を急いで脱ぎ捨てて全裸になった。
チンポはビンビンで先からお汁が出て糸を引いていた。

それからお楽しみの女のパンツをゆっくり脱がす。
陰毛は少ししか生えていなくて、マンコの割れ目の先が二つに分かれているのが見える。
俺好みだ。
マンコの両側の陰唇は酔っているためかピンク色に染まっている。
足をもう一度開いてみると、マンコがぱっくり口を開いて赤いお肉が見える。
中から女の白いお汁が垂れてきた。
何だか匂ってきそうだ。
クリは半分皮が被っていて、ビショビショに濡れて光っている。
お尻の穴も見てみるが、風呂に入っていないので紙のカスが付いていたが、それほど黒くはなっていなくてきれいだった。

女は俺にマンコとケツの穴を見られてるのに、スースー吐息をあげて寝ている。
俺はマンコを手で広げて、中のピンク色のシワシワの肉や膣の穴の周りをよく見てみる。
それからクリの皮を剥いてクリをむき出しにして、優しく愛撫してやると、女はまた溜息を吐く。
感じてるみたいだ。
マンコから白い液がさらに出てきてベッドの上に垂れた。
思いきってマンコに顔を近付けてみると、少しションベン臭い匂いがした。
顔をマンコにうずめて舌でクリを強めに刺激してみると、女の体が少し反応して声をあげた。
それでも起きる様子はない。
俺は構わず舌でグチュグチュと舐め続けて、女のマンコのちょっと鉄臭い味を味わった。

マンコは俺の唾液と白濁したラブジュースでメチャメチャになる。
女は息が荒くなってきた。
俺はもう我慢できなくなり、大きくなりきったチンポの先端をマンコに押し当てる。
すると、ヌルっという感触で女の温かい体の中へチンポが入っていった。
女は一瞬「ウッ」と声を上げたが、その後「ウーン」と気持ち良さそうな顔になる。

俺はゆっくりと腰を前後に振った。
その度にグチュン、グチュンという音がする。
締まりは結構良くて、あまり速く振るとすぐにイッてしまいそうだ。

女の顔が自分の目の前にあるのでキスをして口に舌を入れる。
女はさすがに薄く目を開けて、夢心地のような顔をしている。
しかし夢の中でエッチしていると思っているようで、実際に犯されているとは思っていないようだ。
熱い吐息を俺に吹きかけてくる。

俺は5分くらいで限界に達し、そのまま女の体の中に精子を放出した。
だいぶ溜めていたので、何秒もドクドクとチンポが脈打って大量に流れ込んで行く。
あまりの気持ち良さに少し声が出てしまった。

俺が腰を振るのをやめると、女はまた寝息をあげ始めた。
俺はそのままチンポを入れたままでじっとしていたが、しばらくするとまたチンポが復活して大きくなってきたので、続けて第2ラウンドを始めた。
今度はイクまで少し長くかかった。

女も声を上げて俺に抱きついて足を巻きつけて感じていたが、やがて薄目を開けて「え?」と小さな声をあげた。
今度は多少不思議に思ったようだ。
しかし泥酔した頭では何が起きているのか理解できなくて、そのままエッチを楽しむことにしたようだ。

俺はまたも大量に精子を出してしまった。
チンポが赤剥けて少し痛い。
俺がチンポを抜いて女の体から離れると、女はまた眠ってしまった。
俺は服を着てずらかる準備をしてから、もう一度女のマンコの割れ目を手で開いてみた。
すると、中から俺の精子がゴボッという感じで出てきたので慌てて割れ目を閉じた。
女の体の中に俺の精子がギッシリ詰まっている。
このまま何時間も放っておいたら絶対妊娠するな。
俺は女の体に優しく毛布をかけて、すぐには目が覚めないようにしてやった。

それから女の服を畳んでハンガーに掛けて、自分から積極的に脱いだように見せかけた。
汚れたパンツは汚れた面を見えるようにして足元に落しておいた。
女のバッグに免許証が入っていたので、住所と名前を控える。
そしたら女の名前は本当に『明美』だった。
住所は俺のウチと少し離れている。
ワンルームマンションみたいな名前だからきっと一人暮らしだな。
俺は枕元のメモに『良かったよ』と書いて、さっさと部屋を後にした。

それにしてもあの女、目が覚めたらさぞや驚くだろうな。
泥酔していたから、たぶん頭がガンガンだろう。
立ちあがるとマンコから俺の精子が溢れ出てきて呆然とするに違いない。
そしとその後、シミのついたパンツを見つけて、恥ずかしさに顔が真っ赤になることだろう。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻奴隷
最強媚薬「エロティカセブン」公式通販サイト