タクシードライバーの感謝と懺悔

この体験談は約 6 分で読めます。

私は個人タクシーの運転手をしています。
妻も成人した息子もいる、どう見ても中年という年齢の私ですが、ゴールデンウィークの夜、神様に感謝したくなるような思い出と、懺悔しなければならない行為をしてしまいました。
私は自分で言うのもおこがましいですが、真面目一辺倒でお客様第一をモットーにしておりました。

話は4月の金曜日まで遡ります。
折からの不況でタクシー業界もかなり厳しく、特に個人タクシーの私はほとんど休み返上でタクシーを走らせていました。
夜の10時くらいだったか、繁華街の大通りを空車で流していたところ、10人くらいの団体の1人が大きく手を振って呼んでいました。
見たところ、かなり若い団体に見えましたので、内心(嫌だな)と思っていました。
若い人は近場がほとんどですし、特に週末の夜は稼がなければいけない時間帯でもありましたから。

私は、遠方の客であることを祈りながらハザードを点灯し、団体の横に車を停めてドアを開けました。
すると1人の、見るからに今時の若者といった男性が代表して顔を覗かせ、「・・・すみません。かなり酔っているんですけど乗せてもらえますか?」と尋ねてきました。
見た目と違い丁寧な言葉使いでした。

私は、「吐きそうなの?」と聞き返しました。
彼は言葉に詰まりながら、「・・・さっき吐いたんで大丈夫だと思うんですけど」と、正直に言いました。
私は、「いいですよ。どこまでですか?」と、若いのに紳士な対応に快く返事をしました。
彼は、「乗せてくれるって!」と嬉しそうに皆に報告していました。

驚いたことに、タクシーに乗せられたのは高校の制服を着た女の子で、明らかに酔い潰れ、意識も無い状態でした。
常識で言えば未成年、ましてや高校生が飲酒などと・・・となるかもしれませんが、私は極力お客様のプライベートに介入を避けてましたので黙認しました。
若い男に行く先を教えてもらい、タクシー代を前払いで頂いて車を発進させました。
時おり、「大丈夫ですか?吐きたくなったら教えてくださいね」と声を掛けていました。

信号待ちの時、確認のために後ろを振り返ると、女の子は後部座席に横になり、完全に寝ている様子でした。
その時、私は年甲斐もなく、女の子の制服のスカートのあまりの短さと、剥き出しで放り出された太ももにドキッとしてしまいました。
信号待ちの度に、いけないと思いながらもそーっと後ろを振り向き、彼女の太ももを見ていました。

心の中で、(何をやっているんだ!こんな年端もいかない子供に!)という気持ちと、(子供と言ってもマスコミとかでよく騒がれている女子高生!しかも眠っているし、何をしてもわからない・・・)という葛藤がせめぎ合っていました。
しかし邪な本能に負けて、信号待ちの度に女の子をジロジロ見てしまいました。

何度も覗き見ていると、だんだん狂っていく自分を感じました。
湧き上がる衝動を抑えられなくなっていました。
私はハザードを出して車を路肩に停め、偽善者を演じ、「お客さん!大丈夫ですか?お客さん!」と女の子の肩を揺すりました。
女の子は揺すられるがままで、当然返事はありませんでした。
私は「しょうがないなぁ」とつぶやきながら、不自然に偶然を装い、あまりに短いスカートを軽く捲り上げてしまいました。
それだけでドキドキしました。
落ち着かせるために吸おうとしたタバコを持つ手がブルブル震えていました。

少し落ち着きを取り戻した私は、改めて女の子に目をやりました。
意識のない女の子のスカートは私によって捲られ、下着を露出させられた状態で横たわっています。
剥き出された綺麗な太ももと、可愛くも刺激的な薄青色の下着が私の目を釘付けにし、私をさらに狂わせていきました。

私は女の子の顔を観察しました。
栗色の長い髪、細く尖った眉、付けまつ毛なのか自然な物かは分かりませんが、長いまつ毛に鼻筋が通っていて、整った顔立ちに見えました。
最近の女子高生や若い女性は、みんな同じ顔のように見えていましたが、興奮と緊張が加味されて美少女に見えました。
女の子はアルコールの影響か、大きな寝息を立てて完全に意識喪失していました。

私はバレないのを確信して、彼女の下着を凝視しました。
もっと間近で見ようと体を後部座席に乗り出そうとした時、通行人の多さに気づき、誰もいない安全な場所を探そうと車を発車させました。
車を停めたのは、走って10分くらいの河川敷。
辺りに外灯はなく真っ暗で、車の室内灯だけが唯一の明かりでした。
薄暗く照らされた女の子は異様にいやらしく見え、私はさらに狂っていきました。

助手席のシートを前に倒してスペースを広げ、女の子の体に触れないように狭い後部座席に移動しました。
女の子の下着を間近に見て、そのエロティックさと自分自身の行動に興奮をして、私は股間を熱くしていました。
ほとんど無意識に女の子の肩に触れていました。
起きないことを確かめるため、揺すってみました。
泥酔者特有の早い呼吸と固く閉じられた目を確認すると、私は手を女の子の胸に当て、そのあどけない柔らかさを手のひらに感じ、ゆっくりと揉み始めてました。

少女に対する痴漢行為、一歩踏み出すと堕ちるのは簡単でした。
頭の隅の遠くの方で、(妻も子もいる私が、よりによってこんな子供に手を出すなんて!バレたら生きていけなくなるぞ!やめろ!)と制止する自分がいたことも事実です。
しかし私の手は女の子の制服のシャツのボタンを慎重に外していきました。
シャツがスカートの中に入っている所まで外せるボタンは全て外し、女の子が起きることに恐怖しながらシャツを慎重に広げ、ブラジャーを露出させました。
生唾を何度も飲みながらブラジャーをずらし、ついに彼女の可愛らしい乳首を見てしまいました。
妻のものとは比べようのない、小さく可愛らしい乳首は少女らしく、まだ穢れを知らない儚い色をしていました。
私は脊髄反射的な衝動に駆られ、その両方の乳首を指で摘みました。
女の子に注意しながら指を動かし、女子高生の乳首の感触を楽しみました。

私はだんだん大胆になっていき、このくらいの刺激では起きないことを知ると、両手で掴むようにして乳房を揉みながら、乳首を口の中へ入れました。
赤子のように吸ったり舐めたりして、少女の胸に溺れました。
そのとき女の子が、「・・・んん・・・ううん・・・」という声を出したので、私は驚いて彼女から離れて様子を見ると、大きな息を数回ついてまた泥酔状態に入りました。
心臓が止まるほど驚きましたが、女の子が完全にアルコールに支配されているのを確認すると、次の行動に出ていました。

(女子高生の股間はどうなっているのだろう?)

いけない想像を確かめる、またとないチャンスです。
私は少女の下着をゆっくり丁寧に脱がしました。
短いスカートなので下着を脱がすのは簡単でした。
あられもない姿が目の前に現れました。
予想以上に生い茂った陰毛に、もう少女とは言えない女を感じました。
私は緊張と共に彼女の片膝を立て、足を大きく開き、さらに淫らな格好をさせるべく、もう片方の足を私の肩に乗せました。
そして彼女の股間に顔を近づけ、薄暗い中で彼女の秘部を観察しました。
成熟しきっていない、あどけなさの残る感じ・・・。
でも、男を楽しませるには充分に花が開いています。
私はその花弁にそっと指を入れてみました。
濡れていないせいもあるが・・・狭い。
流石に締りが良さそう。
そんなことを勝手に思いながら、彼女がすでに処女ではないことも確認しました。

もう止まることは出来ませんでした。
彼女の股間に顔を埋めながらベルトを外し、チャックを下ろし、私は一物を取り出しました。
彼女の秘部を舐めている最中、彼女は、「・・・んんん・・・うううん・・・」と声を出していたようでしたが、もう気にもせず、唾で濡らして準備を整えた彼女の秘部に一物をゆっくり突き立てました。

その瞬間、さすがに彼女は、「んん・・・ううんん・・・」と声を発しましたが、それでも起きる感じはありません。
喘ぎ声に似た声も漏らすが、目は開かないという状態です。
私は彼女の耳元で、「大丈夫、大丈夫」と声をかけながら、彼女の感触に集中していました。
若い肉体、禁断の果実・・・。
その興奮と快感は、この年になって初めてのものでした。
彼女の感触を味わいながら、(この子のご両親はきっと私より年下だろう、申し訳ない、私のような年配の男が大事な娘さんにとんでもない事を、少しの間だけ私に貸して下さい)などと都合のいい懺悔をしながら彼女を陵辱し続けました。
さらに私は、どうせ罪を犯したのなら最高の快楽をという身勝手な考えで、彼女の中に射精しました。
こうして私は、最高の快楽と最高の思い出を得ました。

射精後、我に返った私はハンカチで彼女の股間を丁寧に拭い、元通り制服を着せ、何事もなかったように彼女の自宅まで送り届けました。
家のインターフォンで、「タクシーですが、お宅様のお嬢さんをお送りさせて頂きました。酔われて眠っていらっしゃるのでお迎え下さい」と言うと、彼女の家からはお母さんらしき女性が出てきました。
思った通り私よりずっと年下で、彼女は丁寧なお礼の言葉を口にすると、迷惑料として余分な料金を渡してくれました。
娘さんを犯した私が、お礼の言葉とお金までも頂けるとは・・・感謝と懺悔です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!