無防備すぎるちょいぽちゃ女子

この体験談は約 3 分で読めます。

中学時代のエロ体験です。
仲良くしていた女子の中にあゆみちゃんという子がいた。
友達がえらく気に入ってたけど、ちょいぽっちゃだし、真面目で話しかけにくいので、僕にはあまり良さが判らなかった。
まあ、ぽっちゃりしてるだけあって胸が大きくて、そこだけは気になったけど。

あゆみちゃんを含め、何人かで座って話をしていたときのこと。
僕はあゆみちゃんのほぼ正面にいたのだけど、あゆみちゃんの座り方が少し乱れた。
スカートの中の太ももが見える。
ムッチリかつ、白くて綺麗で目を奪われる。
太ももの見えっぷりからして、(短パンとか穿いてないんじゃ・・・?)と思った矢先に脚が動いてパンツが見えてしまった。
水色のパンツをしばらくチラチラさせてくれて、話を疎かにしないように気をつけながら眺めてた。
だんだん余裕ができて、(あの太もも、美味しそう・・・。あゆみちゃんって水色の生パンなんだ~)などと考えつつ眺めた。
こうして、少なからずあゆみちゃんに興味が生まれた。
そしたらどういう偶然か、席が隣になったり、2人で掃除当番になったりした。

席が隣になったことをきっかけに、それなりに話すようになった。
割とからかい甲斐があって、2人で話すのも楽しくなった。
また、掃除当番なんか適当にやってもいいと思ってたけど、真面目なあゆみちゃんは黙々と取り組んでいる。
棚の奥とかもしっかり拭いてるし。
拭くためにかなり前屈みになって一生懸命なのだが、後ろから見るとパンツが見えてしまっていた。

白の食い込み気味のパンツ・・・。
ふりふり揺れるお尻・・・。

無防備というか、パンチラしちゃうくらい一生懸命というか・・・。
どっちにしろあゆみちゃんはいい子だなぁと思いつつ、勃起しながらそんな光景を眺めてた。

数日後、席に着いて2人で話していたとき。
両足を椅子に上げてちょこんと座りだすあゆみちゃん。
なんの意識もしてないときにそんな体勢になってパンツを見せるもんだから一瞬ぽかんとしてしまった。
赤のラインが入った白パンだった。
ムッチリな太ももと一緒に楽しめるのだが、目のやり場に困って仕方がない。
ムチムチで生パンのくせに無防備にもほどがある・・・。
今思うと、友達はこういうところが好きだったんじゃないだろうか。

と、喜んでいたものの、チラ見してることがバレてしまい、脚を椅子から下ろされた。
しかも、「今、見たよね?」と予想外に責めてきた。
焦って一瞬言葉に詰まったが、「あぁ、見たけど?でもそっちが見せてきたんでしょ」と突っ張ってみた。

すると逆に、あゆみちゃんが言葉に詰まってた。
そんな様子が可愛かったのもあって、調子に乗り、「パンツ、可愛かったよ」とからかう言葉を口にしていた。
「何言ってんの~!」と、珍しく強い口調で怒られた。

思わぬ展開だったけど、これを機にあゆみちゃんをそういう方向でからかえるようになった。

保健体育の話を振ったり、「減るもんじゃないし、またパンツ見せてよ」と言ったり、体操着で強調された胸を凝視したり・・・。
女の子にこういうセクハラめいたことをしてみたいと思っていただけに楽しかったし、あゆみちゃんを自分だけのものにしてるみたいな快感もあった。
たまに軽く叩いてきたり、「やめてよ~」とか「最悪~」とか言われたりしたが、口調といい表情といい、あまり嫌がっているようでもなかった。
あゆみちゃんにしても、異性とこういうやり取りをすることを密かに楽しんでいたのかもしれない。

掃除のときに、物を運びながら階段を上がるあゆみちゃんを後ろからしゃがんで覗いてやったりもした。
そのときはドット柄の白パンツがバッチリ拝めた。
恥ずかしそうに怒るあゆみちゃんに、「今日はドット柄なんだね」と容赦なくからかった。
怒るあゆみちゃんを「恥ずかしがってるあゆみちゃんも可愛い」とか褒めてやったら笑いそうな顔をして、それを見られてまた真っ赤になって怒ってきたり。
そんなエピソードはいっぱいあるが、恋人に進展することはなかった。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド