新着情報

お漏らしした同級生に手コキされて大量発射

この体験談は約 2 分で読めます。

俺が中学生のときの話。
仲良くて可愛くてちょっと好きな女の子(Nちゃん)がいた。
小学生の時から友達だったからよく判らなかったけど、俺は精神的にまだまだ子供でよくちょっかいかけたりしてた。

ある日、部活終わって忘れ物に気付き、教室まで廊下を歩いていたら後ろから誰かにおどかされた。

「びっくりしたやろ?」

おどかしたのはNちゃんだった。
Nちゃんはベランダ(みたいな外の廊下)に逃げたので俺はすかさず追いかけた。
行き止まりでようやく追い詰めたところでNちゃんを捕まえた。
抱きつくような感じだったからNちゃんは抵抗。
その間、10分くらい。
最終的に、俺に電気あんましてきた。
俺は女の子にそんなんされるのは屈辱だったのでムッときて、今考えたら最悪だが、電気あんま返しをしてやった。

そしたらNちゃんは、なんと・・・お漏らししちゃった。

俺はすぐやめて謝ったけど、泣き出しちゃって・・・。
なだめるうちにNちゃんも怒り出して・・・。
あーこれで嫌われたなと思った。

そしたらNちゃんは泣きながら、「あんたも同じくらい恥ずかしいことしたら許したげる」とギュッと俺を抱き締めがら言った。
あとで聞いたんだが、Nちゃんはずっと俺のことが好きで、それなのに俺の目の前でお漏らしして死にたい気持ちだったらしい。

俺「・・・ホンマにごめん。許してくれ・・・」

N「じゃぁ・・・同じことしてよ・・・」

俺「えっ・・・」

N「見せて・・・早く」

俺「わかった・・・でもさっきトイレ行ったからあんま出ないかも」

俺は女の子の前で・・・恥ずかしくて勃起してしまい、Nちゃんはそれを見てクスクス笑い出した。
泣き止んだのはホッとしたけど、こっちは恥ずかしくてそれどころじゃなかった。
んで、「やっぱり出なくてゴメン」と言いつつ仕舞おうとしたら。

N「じゃぁ触っていい?ちょっとだけ・・・」

俺「いや・・・それはちょっと・・・」

俺が言ってる間にNちゃんは触ってきて、擦ったり撫でたりしてた。
俺は感じてしまって何も言えなかった。
Nちゃんもだんだん本気になってきて、「気持ちいい?もっと気持ちよくしてあげる」とか言いながら手を速く動かし始めた。

N「出るとこ見たいな~」

俺「出るっ・・・」

N「嘘?出して~見たい、見たい!」

俺「あ・・・ぁぁ」

N「えっ・・・すご・・・こんなに出るの?すごい・・・」

その日はたくさん出て、Nちゃんは興奮してた。
そして手で受け止めてくれて、「あったかい~」とか言ってた。

お互いにこのことは内緒で1週間くらい気まずかった。
まぁその後は元の関係に戻ったけど2人きりになると気まずかったなぁ。

長々とつまんない話をすみませんでした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

プライベートコンパ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。