褌を股間に食い込まされて感じた異常な興奮

この体験談は約 9 分で読めます。

私はOLになって現在3年目。
これは私が女子大生のときに経験した出来事です。

旅行の費用を工面しようと色々なアルバイト情報を探していた時、面白そうなバイトが目に留まりました。
それはある教団が主催する式典の補助員のバイトで、半日で確か3~4万円だったと思いますが、高給につられて私は友人と2人でとりあえず面接に行きました。

面接では一般的な質問が続いたのですが、最後に思いもよらぬことを訊かれたんです。
それは男性経験の有無だったのです。
何でも神聖な式典なので穢れの無い女性でないとってことでした。
私は当時交際している男性もいなくて、まだ処女でした。
結局、高校時代にすでに経験済みの友人はそのバイトを受けず、私1人で受けることにしました。

式典当日、会場に着くとさっそく控え室の方に案内されました。
20畳ほどの畳の間には、バイトでやって来た10人ほどの男女がいました。
男性が5人、女性が5人です。
みんな私と同じくらいの年齢の大学生かフリーターのようでした。

(この人達もみんな処女なのかしら?男の人はひょっとして童貞なのかしら?)

ふと思いました。

しばらく待っていると、教団の係の女性6名が手に衣装のようなものを抱えて入ってきました。
その時、その人達の格好を見て驚きを隠せませんでした。
上半身は白いサラシ、そして下半身は・・・、なんと褌を締めた格好だったのです。

「これから行なう儀式の間は、皆さんもこれに着替えてもらいます」

係の女性がそう言って差し出したのは、係りの人と同じ白いサラシと褌でした。
これには、男性はともかく私も他のバイトの女性たちも驚いて顔を見合わせました。

私達が躊躇していると、「厳粛な儀式なのです。恥ずかしがらずに早く着替えてください」と言われ、私たちは仕方なく着ている服を脱ぎ始めました。

スカートを下ろし、ブラとショーツだけの格好になったとき、さすがに手が止まりました。
周りを見ると、他の女性たちは下着も下ろして全裸になっていました。
乳首や陰毛や裸のお尻が目に入りました。
それだけでなく、初めて見る全裸になった男の人の肉体までも・・・。
私は男の人の股間にぶら下がっている男性器にどうしても目が行ってしまいました。

他の人達の様子を見て、私は思い切って白いブラを外し、白のレースのショーツを下ろしました。
まだ男性経験もない私が、とうとう人前で全裸になってしまったのです。

「衣装を身に着ける前に、みなさんの体を清めなければなりませんので、そのままじっとしてください」

私たちは全裸のまま並んで待っていると、水を汲んだ桶と手拭いが部屋に運ばれてきました。
すると係の人達は、桶の水に浸して絞った手拭いで私たちの体を拭き始めました。
私の体を拭いてくれた人は30歳くらいの女性でした。
顔から首、両腕、脇の下、背中、胸、お腹と順に、手拭いで拭いていきました。
濡れた手拭いで体を拭かれる感覚がまるでエステのように気持ちよく、何だか本当に自分の体か清められていくような気がしていました。

ところが係の女性は、私のお尻、両脚の付け根から脚のつま先まで丁寧に拭いた後、私の股ぐらに手をまわしてきたんです。
私は驚いて腰を引いてしまいました。

すると、「最も不浄な部分を綺麗にしないと清められませんよ」と言われました。

私は「はい」と頷いて、両脚を少し開いて立った姿勢のままじっとしていました。
係の女性の手は、陰毛の生えた私の恥丘から、大陰唇、肛門の辺りを手拭いで弄ってゆきました。
股間に微妙な感覚が湧き上がってくるのを感じました。
それはオナニーのときに感じる感覚に似ていて、次第にはっきりとした快感となってきました。
というのも陰部を拭いてもらっている時、手拭いの布の端が敏感な部分を撫でるように触れていたのです。
同時に陰部を拭いている女性の手が、偶然かもしれませんが敏感な部分を擦るように当たっていくのです。
私は自分の敏感な部分、つまりクリトリスが次第に充血してくるのがわかりました。
しかもそれだけでなく、淫らな液が秘部から湧き出してくるのを感じていました。

一緒にいるバイトの男の人たちを見ると、みんなペニスを勃起させていました。
ペニスの先から睾丸の皺までも手拭いで拭き清められている様子が見えました。

しばらくして、「拭き足らない所の仕上げをしますので、床に膝を着いて四つん這いになってください」と言われ、快感と恥ずかしさで頭がボーッとなっていた私は言われるまま、畳の上に両手両脚をついて四つん這いになりました。
見ると、他のバイトの人たちもみんな四つん這いになっていました。
私は恥ずかしくて両脚をぴったり閉じていたのですが、係の女性の手で両膝を左右に拡げられました。
私は、ハの字型に脚を開いてお尻を大きく突き出すような格好になってしまったのです。
お尻の肉で隠されていた肛門や陰部が露出してしまいました。
閉じていた私の陰唇がはらりと開く感覚が伝わってきました。
さっき湧き出していた淫らな液が開いた陰唇から流れ落ちるのを感じ、私は恥ずかしさでこの場から逃げ出したいくらいでした。

「まぁ、・・・いけませんね」

係の女性はそう言うと、私のビラビラした陰唇を摘んで拡げ、大陰唇と小陰唇の襞の谷間までも丹念に拭いていきました。
その間も私のクリトリスは手拭いで擦られ続け、自分の意に反して私の膣からは愛液が溢れ出てきたのです。
私は恥ずかしさと快感の入り混じった変な気持ちになっていたのです。
声が出そうになるのを必死で抑えていましたが、溢れ出る愛液は抑えることが出来ませんでした。
陰部を拭いている手拭いに私の愛液が滲み込んでいきました。

「まだ収まりませんか?」

係の女性はそう言うと、突然クリトリスを指の先で圧し回すようにしながらピンッと弾きました。

「はあっ、あんっ!」

股間に電流が走るような快感に必死で抑えていた声がとうとう漏れてしまいました。
なおもその女性は、私のクリトリスを指で圧し回しピンッと弾く動作を立て続けに繰り返したのです。
次の瞬間、快感が頂点に達した私は、「ああっ、あああーーーーっ」とはしたない声を上げていました。
とうとうオーガズムに達してしまったのです。
他のバイトの人達の視線を痛いほど感じました。
私はイク瞬間を他人に見られるという、言いようのない羞恥を味わいました。

イッてしまった後は、高ぶっていた気持ちも徐々に落ち着いてきました。
その後、係の女性は愛液で濡れた私のお尻の穴の皴の一つ一つを伸ばすように丁寧に拭いていきました。
そしてようやく私の恥ずかしい拭き清めは終わりました。

ちなみに拭き清めの間、男のバイトの人たちはずっと男性自身を勃起させたままでした。
無理もありません。
すぐ目の前で、20歳前後の女性が裸でお尻を突き出したりしているのです。
陰部の割れ目やお尻の穴まで剥き出しになっているのです。
男性のバイトの体を拭いている係の女性は、「まあ、こんなになっていては褌が締めれませんねぇ。萎ませなさい」と言いましたが、この状況では勃起を鎮めるのは無理なようでした。

すると係の女性は、「しようがないですねー」と言うと男の人を仰向けに寝かせ、反り返った男性自身を足で踏み始めました。
男性器の根元から先端まで、つま先でグリグリと踏みつけています。
女性の足の指でこねくり回されている男性自身がピクンピクンと動いている様子がとても卑猥でした。
あっという間に、「ああっ~~~」と声を発しながら、男性達は次々と射精していきました。

私は四つん這いのまま、その様子を眺めていました。
勃起した男性器、射精する時の男性の表情、男性器から放出された白い精液・・・。
何もかも初めて見る光景で、白い液体が男性のお腹から胸の辺りに飛び散っている様子も見えました。
係の女性はそれを手拭いで丁寧に拭き取っていきました。
射精したからなのか、次第に男性自身も元の大きさに戻っていました。

それから私たちは胸にサラシを巻かれ、股には褌を締められました。
これも係の女性です。
股間とお尻の割れ目に食い込んだ布の感触は生まれて初めて感じる奇妙な感じでした。
お尻だけならTバックなのですが、前の割れ目にもしっかりとTの字に食い込んでいるのです。
でも、なぜか身が引き締まるような気持ちになったのを覚えています。

私たちバイトのみんなは一糸纏わぬ姿でお互い全てを曝け出し、陰部まで全て見られたせいか、秘密を共有しているかのような不思議な一体感を感じていました。
女性が男性の前で褌姿を晒すことは、本当だととても恥ずかしく感じるはずです。
でもこの時は、男の人の前で一緒に褌姿になっていても恥ずかしさは消えていました。

儀式で私たちは、木で出来たお供え物のようなものを教団の人に手渡す単純な役割でした。
教団の人はそれを祭壇に持って行き、一礼して戻り、これを何度も繰り返していました。
このとき私達も祭壇に向かって一礼をするのですが、180度に近いくらい体を曲げてしなければならず、お辞儀をするたびに褌を締めた私のお尻はみんなに丸見えになっていました。
しかも頭を深く下げるとお尻を突き出すような姿勢になってしまうため、後ろから眺めると、股間にきつく食い込んだ布越しに盛り上がった陰部の形が浮かび上がっていたに違いありません。

(私の恥ずかしい部分が布1枚隔てて人前に晒されている。陰部の膨らみまで見られているかもしれない・・・)

そう思うと、また股間が濡れてきたのです。
褌に滲み込んだ愛液が股間を覆う布の表面にまで染み出してはこないかと気が気ではありませんでした。

儀式が終わり、控えの間に戻った私たちは、さっきの係の人にサラシと褌を外してもらいました。
このときの私は、自分がこの後、予想だにしない経験をすることになることを何も知りませんでした。

私の褌を外した係の女性が、「まあっ!」と声を上げました。
私の股を覆っていた布の部分には、心配した通り、汗以外の染みがべっとりと付着していました。
しかも、それは布の外側にまで薄っすらと染み出していたのです。

「神聖な儀式の間に、あなたはこんな淫らなことを考えていたのですか?」

そう言われました。

咄嗟に私は、「いえっ、そんなっ」と言いました。

係の女性は「他の方達を見てごらんなさい」と言うと、私以外の4人の女の子が締めていた褌の股布の部分を見せました。
どれも汗以外の染みは付着していませんでした。
それを見て私は言葉も出ませんでした。

(言われる通り、自分はなんて淫らなんだ)

そんな思いが頭をよぎりました。

「こうなってしまっては、儀式を完全なものにするためには、あなたの汚れを浄化しなければなりません」

私は頷くしかありませんでした。
私は裸のまま別の小さな部屋に連れて行かれました。
そこには教団の男性が数人と会長がいました。
みんな褌を締めていました。
そこで私は太い麻縄で股間を褌のように縛られたのです。
さっきまで締めていた木綿の褌の感触と違い、太い縄が股に食い込む感覚は強烈でした。
左右の陰唇を掻き分けるように通された縄はクリトリスを押し潰すように、しっかりと私の股に食い込んでいたのです。

私の陰部は縄一本だけで覆われた状態です。
褌と違って陰唇は左右にはみ出し、もちろん黒々とした陰毛は丸見えとなり、私の大事な所はもうほとんどすべて晒されているのも同然でした。

そして私は四つん這いにされ、顔を畳に付けてお尻を大きく突き出した格好をとらされました。
会長は薄い木で出来た靴べらのようなものを取り出すと、私のお尻を打ちました。

バチンッ!

大きな音が部屋に響きました。

「あっ、痛い」

私は思わず声を上げました。
でも、大きな音がする割には痛みはそれほど強くありませんでした。

それから私は四つん這いのまま、何度も何度もお尻をぶたれたのです。
それだけではありません。
別の男の人が私の股に通された太い縄を、グイッ、グイッと引っ張り上げるのです。
その度に肛門や陰唇やクリトリスが縄に擦られて、不思議な感覚が股の奥から湧き上がってくるのです。

時々男の人が交代しながら、幾度となく私のお尻をぶち、股の縄を引っ張り続けました。
いつしか私は、お尻をぶたれる痛みと股間に感じる痛みが快感に変わっているのに気づきました。
はしたないことに心の中では、(もっと~~、もっとぶってぇ~~)と叫んでいたのです。
私は快感に泣き声を上げ、膣からは愛液が次から次へと溢れ出し、股の縄を濡らしていきました。

次に下半身の縄をほどかれた私は床に仰向けになり、両脚を大きく開脚させられました。
男の人が私の両足首を持って大きく左右に拡げると、秘部が天井を向くほど私の股間が露出されました。

「いやぁーー」

思わず私が叫ぶと、会長がさっきの靴べらのようなもので私の股の中心を打ちつけたのです。
バチンッという音とともに愛液に濡れた大陰唇がひしゃげ、股間に痺れるような感覚が走りました。
20回くらい股をぶたれた後、私は再び四つん這いの格好をさせられました。
溢れ出た自分の愛液をお尻の穴に塗りたくられた私は、突然、お尻の穴に鈍い痛みを感じました。
私のお尻の穴に男性器の形をした木の張型がいきなり突っ込まれたのです。

「ううっー、うおおおおーーー!」

思わずうなり声のような声が出てしまいました。
ゆっくりと張型が入ってくるのがわかりました。
それは私の中を何度か往復した後、抜き取られました。
すぐに、それよりも柔らかいものが入ってきました。
それは会長のペニスだったのです。
私のお尻の肉を両手で鷲掴みにしながら、お尻の穴めがけて何度何度も腰を打ち付けてきました。

「いやっ、いやあーーー、やめてぇーーーー!」

私は叫び声を上げて泣いていました。
やがて動きが止まりました。
ペニスが私のお尻の穴の中でピクピクと脈打っていました。
今、私のお尻の穴の中に、男の人の精子が注がれたのだということがわかりました。
その後、他の男の人たちに代わる代わるお尻の穴にペニスを入れられ、私の肛門に何人もの男の人の精子が注がれたのです。
そして全て終わった後、会長は私の大陰唇の辺りをパンッと叩き、「こっちは大事にとっておきなさい」と言いました。

私は最初の控えの間に戻り、ショーツを穿き、衣服を着ました。
私の白いお尻は真っ赤になっていました。
そしてバイト料を貰うと、高ぶった気持ちのまま家に帰りました。

今日体験した出来事にまだ体が火照っていた私は、部屋に戻るとショーツを脱いでオナニーをしました。
ショーツのお尻の部分には、あの後肛門から流れ出た精液が生々しくべっとりと付いていました。

私はそれからも時々、あの日の出来事を思い出しては、オナニーをしてしまうのです。
ショーツを女性器に食い込ませ、激しく擦りながら敏感な部分を圧したり弾いたりするのです。
四つん這いになり、靴べらで自分のお尻を何度もぶつのです。
仰向けで大きく開脚し、自分のお尻の穴を目がけて靴べらを振り下ろします。
そして時には大陰唇にバチンッと振り下ろすのです。
痺れるような痛みがだんだんと快感に変わっていくのです。

その後、大学2年の時に彼氏が出来た私は、何度目かのデートの時、初めて彼に抱かれました。
20歳で生まれて初めて男性のペニスを体の中に受け入れ、ようやく女になったのです。
彼と定期的にセックスをするようになって、正常位、騎乗位、バックとひと通りこなしましたが、どうしても物足りなさを感じていました。

大学1年の時に私が経験したあの日の出来事は誰にも、もちろん彼にも言ってません。
彼と交わった後、1人になると、あの日の忘れられない過激な体験が思い出されてくるのです。
その感覚は、あの日以来、私の体の奥に深く刻まれているのです。
そして今でも時々、股の割れ目にショーツを思い切り食い込ませ、靴べらで自分の下半身をぶって折檻をすることで感じてしまうのです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!