新着情報

ジムで知り合ったレズな妻と露出マニアな夫[第5話(終)]

この体験談は約 8 分で読めます。

ジュースを一口もらって再開です。
裸でベッドに仰向けに寝転びます。
4人目の人が私の脚をとり、おむつを変える姿勢にして私のアナルを舐めます。
アナルの窄まりを中心に舐め回し、舌先を尖らせてアナルに挿し込みます。
私は無言で堪えています。
唾液で湿らせた人差し指がアナルに挿入され、ゆっくりと抜き挿しされます。
慎ましやかに窄まっている私のアナルは唾液で光りながら指を受け入れています。

十分なマッサージを受け、こなれたアナルがいよいよおちんちんを受け入れます。
私は膝頭を抱きながら少し脚を開きます。
コンドームを装着した亀頭がアナルにぴったりとくっつけられ、アナルの弾力を確かめます。
入れやすいように指で支えられたおちんちんに力が加えられ、少しずつアナルにめり込んでいきます。
グッと一際力が込められると、ヌプッという感じで亀頭がアナルに収まりました。
あとはズズッという感じで根元まで咥え込みます。
より奥までの挿入のために男性がお尻の筋肉に緊張を走らせながら腰を打ち込むようにします。
それからはアナルの感触を確かめるように、ゆっくりと、しかし腰のスライドは大きく動きだします。

根元まで挿入されると、私のアナルも引きずり込まれるように窄まります。
今度は亀頭が出てしまうくらいまでおちんちんが引っ張り出されると、私のアナルも引きずり出され、火山のクレーターのような藤壺のような形になります。
この動きがゆっくりと繰り返されます。
最初はじっと耐えていた私も徐々に高まる快感に息が少し荒くなり、時々「はぁ~」と切ない声を出しています。
男性も少し息が荒くなり、スライドが少し乱れてきます。
動きが少し速くなり、私も、「あっ、あっ」と動きに合わせるかのように短い声が出ます。

「うっ!」と唸りながら一際強く腰を打ち付けて、4人目はイッてしまいました。
アナルの中でピクピクしながら、ドクンっとカルピスが放出されるのを感じていました。

5人目の方がベッドに仰向けに寝転びます。
私はコンドームをつけ、軽くおしゃぶりをします。
そして腰の上に跨がり、おちんちんを手に取っておまんこに宛てがい、ゆっくりと腰を沈めていきます。
おちんちんを味わうかのように、いやらしく自分で腰を動かします。
ギュッとおまんこで締め上げながら腰を上にあげ、ストンと落とします。

「あ、あぁん・・・」

男性が女性のような声を出して感じてくれます。
そこで一度動きを止めます。
いよいよ同時挿入です。
6人目の方が5人目の方に跨がり、私の脚を少し広げてお尻を割ります。
お尻が広げられると窄まっていたアナルが少し開き気味になり、皺の間からアナルの中身のお肉が覗きます。
6人目の方が5人目と私を跨ぎ、ゆっくりとおちんちんをアナルに近づけていきます。
バイブとおちんちんの挿入ですでに柔らかくなっている私のアナルはニュルという感じで呆気なくおちんちんを受け入れます。

6人目の方が奥までの挿入を確認すると、ゆっくりと腰を動かします。
するとおまんこに挿入している5人目の方も下から突き上げる動きを始めます。
目を閉じて眉間に皺を寄せ、何かに耐えているような私の表情が映されます。
それは、おまんことアナルに男性を受け入れ、目一杯に埋めてもらっている充足感と、私の内部で2本のおちんちんがニュルニュルと動き、おまんことアナルの粘膜の摩擦による快感と2本のおちんちんが薄い皮を通して擦れ合う、何とも言えない快感をじっくりと味わっているのです。

最初は動きが噛み合わなかった2人の男性ですが、6人目の人が体勢を入れ替え、私や5人目の方に体重がかからないようにすると5人目の方が下から激しく突き上げ始め、その方の恥骨がクリトリスも刺激してきます。
私も肘と膝で5人目の方に体重がかからないようにすると、強いリズミカルな突き上げをしてくれます。

「あっ、はぁ~ん・・・」

快感に耐え切れず大きな吐息をつくと2人の男性はさらにハッスルします。
少し不自然な体勢で動き辛かった6人目の男性も慣れてきて、5人目の方と息が合った動きができるようになりました。

「あぁ、気持ちいい~・・・」
「す、すごいのっ!」
「あっ、あん、あっ!」

私は訳が分からなくなってきています。

「ねっ、ねぇ、もっとパンパンして!してぇ~!」

クリトリスへのさらなる刺激を求め、「も、もっと奥まで、奥までしてぇ~!」と深い挿入を求めます。

「ね、ねぇ、おちんちん同士擦れ違っている?」
「おちんちん気持ちいい?」

などと訳のわからないことも言います。

「あ、あっ、まじー、で、出そう~、あっ、で、出る~っ!」

先に5人目の方がイッてしまいます。
6人目が、「あっ、ドクンッドクンしてるのわかるっ!」と言うなり、「あ、俺もダメっ!」とイッてしまいます。

「んっ!」

2人が私の中でおちんちんをピクピク痙攣させながらドクドクっとイッているのを感じ、私も軽くイッてしまいます。
2人がおちんちんを抜くとアナルはポッカリと口を開け、徐々に窄まっていきますが、普段のキュッと窄まった可憐さはなく、お尻の穴の縁が出てきてしまっています。
おまんこの方もパックリと口を広げ、普段はピンク色なのに充血して赤くなっています。
全体が濡れ光り、ヒダヒダもすっかり広がり、ヒダヒダの縁に少し色が着いている感じです。
クリトリスの皮も充血して捲りあがり、大きく尖ったクリトリスがすっかり顔を覗かせていますが、クリだけはあまり赤くならず、白く光る感じで真珠のような可憐さといやらしさがあります。

7人目の方が力なく横たわる私の脚を広げ、クリトリスの皮をさらに引っ張り、クリトリスを目一杯に出してから吸い付いてきます。
甘噛みされると、その快感で私の身体はビクンっと動きます。
そしておまんこに吸い付いてジュルジュルと音を立てます。

それから7人目の方は仰向けに横たわります。
私はその方の顔にお尻を向けて、硬くなったおちんちんにアナルを沈めていきます。
根元まで埋まると、今度は顔の前に突き出された8人目の方のおちんちんをおしゃぶりします。
そして補助されて7人目の方に背中から横たわります。
7人目の方におっぱいを揉まれながら、8人目の方をおまんこに受け入れます。
しばらく2人で動こうとしていましたが、私と8人目の方の体重がかかる7人目はじっとしていることになりました。
代わりに8人目の方がかなり激しく動きます。
比較的普通の正常位に近い8人目の方は私の腰をがっしりと捕まえながら激しく腰を使います。
8人目の方が強くおまんこを突き上げると7人目の方のおちんちんが抜けるようになり、8人目が腰を引くと、7人目の方のおちんちんがアナルに奥深く挿入されます。
感じすぎて声も出ず、ただ「はぁはぁ・・・」と息をつく私の口に、別の男性がおちんちんを宛てがってきます。
私は手を使ってしっかりと掴み、ほっぺたをへこましておしゃぶりします。

私の胸はいつしか他の2人の男性が片方ずつを揉んだり、摘んだり、吸ったりしています。
さらに8人目の方が私の膝を曲げて抱えてピストンしだすと、別の男性が腕を伸ばしてクリトリスを弄り出したのです。
浅黒い男性たちに囲まれて私の色白さが妙にエッチな感じがしていたのですが、男性に囲まれてしまって、ほとんど私は映っていません。
スッと伸ばされた脚が妙に色白く、真っ赤なペディキュアが塗られた指が快感を耐えるかのようにうごめいているのが見えるだけです。

「あ、あはん、あん、あんっ・・・」

あまりの快感に耐え切れず、すすり泣く私の顔が映されます。
もうおちんぽを咥えている余裕はないものの、手にはしっかり握り締めていますが・・・。

少し動きが止まっていた8人目の方がフィニッシュに向けて激しく動き出します。
7人目と8人目の方のおちんちんがアナルとおまんこに交互に出たり入ったりします。

「あははぁ~ん・・・」

何か変な喘ぎ声を上げながら、頭の中ではシーソーがギッタンバッタンするのを考えていたのを覚えています。
おまんことアナルへの挿入感、充足感を感じながらも、もう1人がクリトリスをコリコリと弄るものだからたまりません。

「ああああっ~・・・ああああっ~」

口をパクパクさせながら、顔をクシャクシャにしながらも目はしっかりと開けている私が映っています。

「あっ!・・・」

イッてしまったのは、まだ挿入をしないで見ていた人です。
自爆してしまったようです。

「元気だね!」
「若いっ!」

冷やかされながらどっと爆笑が起こりました。
すごすごとバスルームに向かう姿が映ります。
私を含めて7、8人目の方は何のことかわからず、ちょっとストップしましたが、すぐ再開です。

「あっ!ダメっ!イキます、イキますぅ~・・・」
「はふ~ん・・・、ああんっ!」

脚をピクピクと痙攣させながら私が昇り詰めます。

「お、俺も・・・ダメっ!」

8人目の方も一際大きく腰を打ち付けてドクドクッとイッてしまいます。
何とか堪えきった7人目の方は、私を四つん這いにさせ、バックからアナルに挿入します。
膝が冷たいので見てみると、10センチ大の丸い染みがシーツに出来ていました。
7人目の方は自由な動きを堪能する間もなく「あぁ~!」とイッてしまい、力が抜けて私に倒れこんできます。
私も倒れこんで痙攣を背中に感じました。

9、10人目の方は普通の1対1のおまんこへの挿入でした。
色々な体位を取りながらのおまんこですが、私の身体にどこか隙があると周りの男性がイタズラします。
お口に咥えさせたり、おっぱいを揉んだり、アナルに指を入れたりです。
私はさすがに疲れているのか、「あぁん」「いやぁ~」「だめぇ~」とか言いながらなされるがままになっています。

2人が終えられると、さっき暴発してしまった方が満を持しての登場です。
Nさんの指示で周りはちゃちゃを入れないで見守ることになりました。

ベッドサイドに座ってジュースを貰って飲んでいる私の右に11人目の方が座ります。
左手で肩を抱きながら右手でおっぱいを優しく撫で、揉んでくれます。
時々乳首を摘むようにして首筋にキスされます。
恋人同士のような愛撫が心地良いです。

11人目の方は私からジュースを取るとそっとベッドに横たえます。
両手でおっぱいを愛撫しながら首筋やおっぱいを舐めたり吸ったりしてくれます。
そしておっぱいへの愛撫とキスを続けながら右手は股間に移り、そっとクリトリスを弄ります。
指先でトントンと刺激したり、指腹を湿らせてコリコリと刺激したりします。

「あぁ~ん、気持ちいい・・・」

私は11人目の方の肩に手を回します。
敏感になっている私のおまんこはこれだけの刺激でジュワ~っとお汁が湧き出てきます。
11人目の方は指をおまんこに挿入したり、指先でクリトリスを刺激しながらおっぱいへの愛撫も忘れずにしてくれます。

「1回出してるから余裕だなぁ~」と呟く声があります。

私の息も少し荒くなり、「入れて!ねぇ~」と小さな声でお願いします。
11人目の方は頷くと私の両足を広げ、股間に顔を埋めます。
クリトリスに尖った舌先で押さえつけ、指をおまんこに入れてクチュクチュされます。

「はぁはぁ・・・」

かなり感じてきています。

「いっぱいおちんちんを食べたけど、まだ欲しいみたいだね・・・こんなに濡らして・・・」

アナルにも指が挿入されます。

「僕、お尻は初めてなんだけど・・・凄いねっ・・・」

「あぁん、いやっ・・・ねぇ、入れて!」

それだけでビショビショになって、お尻の方まで濡れ光るおまんこと11人目の方の指をクイクイと締めるアナルが映ります。
背中の方にむず痒いような何とも言えないような快感があるのです。
アナルセックスで気持ち良くなってくると、ジワーッと、でも確実にかなり高い快感まで来ています。
本気汁がコンコンと溢れ出てシーツを濡らし、お尻が生温いです。
11人目の人はアナルセックスが初めてと言っていた割には、すごく巧いんです。
かなり速い動きをしながらも、おちんちんが抜けそうで抜けないギリギリまで引いてから、ググッと力強く入ってくるのです。

「あぁん、ダメっ・・・イ、イキそう~・・・」
「ぼ、僕ももうちょっとで・・・」

「あ、あんっ!」
「んっ・・・イク、イキます~っ!・・・」

上半身がピンッと固くなり、それから小さく痙攣します。

「あっ!ダメっ!」

11人目の人はまだ腰を動かします。

「んぐっ!ダメッ!ダメ~っ!」

「続けてイキます、イキます~っ・・・イッちゃう・・・あ、あんっ」

両手を男性の腰に回し、脚も男性に絡めてギュッと抱き締めながら痙攣しています。
私の強い力で動きを止めていた男性も、「はぁ~ん・・・」と私の力が抜けると、また動き出します。

「う、うそっ!も、もう、だ、ダメっ・・・」
「壊れちゃう~・・・裕美、壊れちゃうぅ~・・・」
「あ、あっ、か、感じるぅ~っ・・・」
「だ、だめっ!早く来てっ!来てぇ~!お願いぃ~」

もう支離滅裂です。

「あ、だ、ダメッ!へ、変っ・・・、あ、あっ、で、出ちゃう、出ちゃうっ~~・・・」

いわゆる潮吹きなのかおしっこなのかよく分かりませんが、透明な液がピュっピュっとかなりの量が出ました。
カメラの角度が良かったので全部写っていました。

「あ、あ~・・・ダメっ~~~っ」

身体をガクガクさせながら「ううっ~」と呻いて11人目の方はイッてくれました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

High Pace
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。