新着情報

タイヤのパンクで困ってた女の子がしてくれたお礼

この体験談は約 3 分で読めます。

中出ししてきました。
一昨日、友達の家から自宅へと車を走らせていると、路肩に車を停めて困った顔した女の子が一人・・・。
路肩に車を停め、「どうしたの?」と聞くと、「パンクしちゃったんです」とのこと。

タイヤ交換なら朝飯前なので交換してあげる。
すると彼女が、「今は急いでるので、後でゆっくりお礼したいので連絡先を教えてください」と言ってきた。
俺はどうせお礼なんて無いだろうと思いながらも、携帯番号を教えてその場を立ち去った。

金曜の夕方、仕事が終わる頃に知らない番号で携帯が鳴った。
電話に出てみるとこの前の彼女だった。
彼女の名前は『玲子(仮名)』、26歳。

「この前のお礼がしたいので食事でも?」と。

最初は断ったのだが、どうしてもと言うので食事に行くことにした。
ちょっとお洒落なレストランで食事をするはずだったが、話してみると俺の最寄り駅の反対側に住んでることがわかった。
お互い最寄り駅が一緒という事もあり、近所に飲みに行くことにした。

しかし駅を出ると彼女が、「私、一人暮らしだからウチで飲もう」と言ってきたので、近所のコンビニで酒を買うことに。

(女の人が部屋に誘うということは・・・)

コンドームのある棚に寄ったが、まさかそれは無いだろうと思い、買うのをやめた。

玲子の部屋に着くとすぐに飲み始めた。
飲み始めると彼女は、「ここからが本当のお礼です」と言って俺の股間に手を伸ばしてきた!
俺が「無理にそんな事しなくても」と言うと、「ダメですか?」と。
その一言で俺は玲子を抱き寄せキスをした。
絡み合う舌。
お互い服を脱がせあった。
気がつくとお互い裸になっていた。
玲子は色白でとてもスタイルがよかった。

「舐めてもいいですか?」

玲子は俺のチンポを咥えてくれた。
玲子のフェラチオはとても気持ちがよく、すぐイキそうになった。
我慢できそうになかった。

「出そうだよ!」

「口に出していいよ!」

「じゃあ、出すよ」

玲子の口に大量の精液を出した。
なんと玲子はゴクンと飲み干した。

「いっぱい出たね、溜まってたの?」

「ずっと彼女いないから」

「じゃあ今夜はいっぱい出してね!」

俺は玲子をベッドに連れて行った。
オマンコに手を伸ばすとそこは大洪水になっていた。
玲子のオマンコは綺麗なピンク色をしていて形も整っていた。
指でクリトリスをいじめると、「あっ、あんんっ」と声を上げる。
しばらく指で弄っていると・・・。

「もう我慢できない、早く来て!」
「ゴムは?」

「今日は安全日だから着けなくていいよ!着けない方が気持ちよくない?」
「わかった、じゃあ入れるよ」

「うん、早く入れて」

俺は玲子のオマンコにゆっくりとチンポを入れていった。
玲子のオマンコの中は凄く締りがよく、かなり気持ちのいいオマンコだ!

「玲子のオマンコめちゃ気持ちいいよ、最高だよ!」

「俺さんのオチンチンも硬くて大きくて奥まで届いて最高!もっと突いて!いっぱい突いて!」

俺は奥まで突き入れると玲子は、「お願い一緒にイッて!いっぱい出して!」と言ってきた。
俺も射精感に襲われたので、「イクよ、いっぱい出すよ!」と言ってピストンを速め、玲子がイクのと同時に大量の精液を子宮口めがけて発射した。

「続けて出来る?」

玲子が言うので抜かずの2発、3発と続けて中出しした。
3発目が終わってチンポを抜くと、玲子のオマンコからは大量の精液が溢れてきた。

「凄くいっぱい出したね!出し切った?」

「まだ出し切ってない!」

「え~っ、じゃあ早く出して~っ!」

結局、朝になるまで中出しセックスを楽しみました。
今夜も玲子と中出しセックスする約束しています。
中出しセックスは最高ですね!!

【コミックシーモアTL】イジメラレ体質【縦読み/1巻10円】
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即会い急募 セフレQQ
最強媚薬エロティカセブン