新着情報

事故で亡くした恋女房の義妹と再婚

この体験談は約 4 分で読めます。

私の初体験は大学1年の時、相手はアパートの隣に住む3年生の先輩だった。
私が引っ越してくる前は、私と入れ違いで卒業した先輩の2コ上の彼氏が住んでいた。
私は先輩の彼氏の代わりにされただけでなく、先輩が生理の時には手コキで射精観察されたり、オナニー射精を強要されたりしていたが、先輩なので逆らえない、というかセックスさせてくれる先輩のいいなりだった。
強要オナニーの時のズリネタは、セーラー服姿の斉藤由貴のグラビアだった。
飛び散る精液を凝視され、恥ずかしかった。
しかし大学2年になると、女体を覚えた俺の方がセックスのペースを握るようになった。

大学2年の暑い夏の日、私は図書館で調べ物をしていた。
するとそこにセーラー服を着た女の子が勉強していた。
チラッと見ると斉藤由貴に似ていて、思わずときめいた。
彼女見たさに図書館へ通った。
そのうち顔見知りになって、時々会話も交わすようになった。
彼女は4歳年下の高校1年生だった。

大学2年が終わり、先輩が卒業して故郷へ帰るのでお別れになった。
大学3年になってすぐの頃、図書館で例の女子高生に声を掛けられた。

「こんにちは。何だか元気ないですね」

彼女と別れたことを告げると・・・。

「私が代わりにってわけにはいきませんものね・・・」

この一言がきっかけだった。
大学3年生と高校2年生のカップルが誕生した。

決して洗練されているとは言えない地方都市の公立高校のセーラー服だったが、斉藤由貴に似た彼女にはとても似合っていた。
図書館デートから、やがて街に出るようになり、梅雨時になると私のアパートへ連れ込むことに成功した。
彼女のファーストキスを奪ったが、それ以上は遠慮した。
しかしそれも1ヶ月が限度だった。

「君が欲しい・・・」

まだ高2の少女の裸は初々しく、女体として完成したかしないかの未熟さもあった。
型崩れも着色も一切ない美しい陰唇を開き、桜色の突起を舌先で舐めた。
男の舌使いの快感を初めて味わい、堪え切れずに声を出した彼女が可愛かった。

「避妊、してくださいね」

スキンをして挿入した。
破瓜の痛みに耐える彼女を抱き締め、愛の言葉を囁いた。

秋になる頃には陰核の快感だけでなく、挿入された陰茎による快感も覚えてきた。
蜜を溢れさせ、陰茎の快感に戸惑う彼女が可愛かった。
陰茎にGスポットを開発されて淫らな反応をしてしまう自分に恥じらい、頬を染めながらも快楽に喘ぎ、次第に女の悦びを知っていった。
斉藤由貴に似た彼女が恥じらいながら感じる様は、私にこの上ない幸せを運んでいた。

高校3年の冬休みに初めてイクことを知った。
彼女は不思議な感覚を与えてくれる陰茎に対する愛情が増したようで、可愛い顔で陰茎に頬ずりするようになった。
可愛い顔とセーラー服と陰茎の組み合わせは、至高の興奮を呼んだ。
イクようになると、セックスが愛の確認だけではなくなり、快感を分かち合う卑猥なイベントとして彼女も楽しむようになった。

彼女が高校を、私が大学を卒業して、お互い社会人になった。
私には兄がいるので実家には戻らず、そのまま大学のある都市に住み、彼女との愛を深めた。
そして私25歳、彼女21歳で結婚した。
愛しい恋女房との性愛の暮らし、2人の娘が生まれて幸せな家庭を築いた。
斉藤由貴に似た可愛い恋女房は、夫婦になった途端に淫乱を増した。
結婚して10年以上過ぎても毎日のように営み続けた恋女房の陰唇は、真っ黒になっていった。
可愛い純情顔の恋女房は、黒ずんだ陰唇を広げて私の陰茎を求めた。

今月下旬、その恋女房の十三回忌だ。
結婚して14年、恋女房との別れは飲酒運転の若造の交通事故に巻き込まれるという形で突然やってきた。
生きていれば47歳。
恋女房との思い出は、毎年秋の深まりとともにやってくる。
そして毎年、その思い出は色褪せていく。

今、俺の傍には再婚した女房がいる。
44歳の女房は、亡くなった恋女房の妹だ。
10年前、俺が41歳、34歳だったは義妹と結婚した。
当時、義妹は幼稚園の先生をしていて、ずっと独身のままだった。
しかし若い先生の台頭で居場所がなくなり、辞め時を感じていたらしい。
そこへ姉の死・・・二人の小学生の姪っ子・・・。
義父母の勧めもあり、私との結婚を承諾して幼稚園を辞めた。

今の女房は亡くなった恋女房の妹だから姉の面影はあるが、可愛さは地味だ。
34歳で当時41歳の俺と結婚し、入籍したその日に初めて結ばれた。

「夫婦になったわけだからセックスはさせてもらうよ・・・」

「はい、それは当然です・・・」

処女ではなかったが、性体験はかなり浅く、フェラも歯が時々当たるほど稚拙だった。
それだけに34歳とは思えぬほど陰唇は綺麗で変形も無かった。
女子高生だった頃の亡き恋女房と同じで、陰核の快感しか知らず、陰茎による膣内の快感を開発する手間があった。
女房の喘ぎは亡き恋女房のそれとは違って穏やかだったが、喘ぎ声はそっくりで切なかった。
膣内開発が終わり、義妹女房がGスポットで喘ぐようになると、積極的に営みに励むようになった。
地味な女の遅咲きの淫乱が開花して、愛液を滴らせて淫らに喘いだ。

「結婚って・・・セックスって・・・素敵ね・・・。お姉ちゃんゴメンね・・・お義兄さんを取っちゃって・・・」

再婚して10年経った今も、週3~4回は夫婦の営みがある。
私は51歳になったが、自分の子を産むことなく二人の姪っ子を我が子のように育ててくれた女房が悦ぶなら、いくらでも陰茎を捧げるつもりだ。

義妹女房との思い出が10年分蓄積されてきた分、亡くなった恋女房の思い出が少しずつ色褪せてゆく。
間もなくやってくる十三回忌。
目を閉じればセーラー服を着た斉藤由貴に似た可愛い恋女房が微笑んでいるが、映像がセピア色になっている事に気付くのだ。
いつか義妹女房との結婚生活が亡き恋女房と過ごした時間を超えた時、恋女房の思い出はモノクロームの世界へと変わっていくのかもしれない。

亡き恋女房の十三回忌を前にセピア色の思い出を書き綴ってみた。

【iコミックらんど】寝取りエステ
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ラブコンプレックス
最強媚薬エロティカセブン