新着情報

バイブオナニーしながらフェラしてくれる隣の女子大生

この体験談は約 3 分で読めます。

今から10年以上も前の話。
当時、仕事の関係で田舎に転勤した。
事務所はあるが、俺1人だけで営業をしていた。
(言っとくが左遷された訳ではない)
事務所の近くに大学があり、俺が住んでいた1Kのアパートも殆どが大学生だった。
帰るのは毎日夜中の1時2時で、今考えれば良く働いていたと思う。

夏のある日、この日も遅くなりアパートに帰ると、バスタオル1枚でドアの前をウロウロしている女の子がいた。
初めは(???)だったが、近付いて「どうしたの?」と声を掛けると、「お風呂のお湯が出なくなって・・・」と恥ずかしそうに答えた。
どうやら彼女はお隣さんで、ドアの横にあるガスのスイッチを見に出てきたらしい。

俺も専門ではないので、「とりあえず服を着て、ウチで良ければ入っていいよ」と答えた。
普通であれば知らない男の風呂に入りに来ることはないだろうと思っていたが、すぐにチャイムが鳴り、「すみません、お願いします」とやって来た。
それが縁で仲良くなり、ちょくちょくウチに来てはビールを飲んだりご飯を食べたりしていた。

彼女は美穂という名前で20歳の大学生。
特に目立ったところは無いが、大人しい感じの子。

当時は俺も独身で彼女もいなかったが、美穂とは妹みたいな感じで接していた。
美穂は良く掃除や洗濯、ご飯も作ってくれたので、独身の俺にはありがたーい存在だった。
(なんか半同棲みたいな感じだったな)

数ヶ月が経ち、2人でテレビを観ていると美穂が、「今日は俺さんの部屋に泊まっていい?」と言って来た。
一瞬ドキッとしたが、「いいよ」と答えると、自分の部屋から布団を持って来た。
さすがに緊張してどうしていいのか分からずにいると、美穂の方から手を握ってきて、「俺さん、好き」と言っていきなりキスをしてきた。

今までは妹としか思っていなかったが、一気に興奮し、お互いに服を脱いで裸に。
美穂の胸はそれほど大きくなかったが、乳首を舐めると、「アッアッ」と可愛く喘ぐ。
オマンコを舐めるとすぐにベトベトになるくらい感じていた。

正直俺も久しぶりのセックスだったのでチンポもギンギンで、美穂に「舐めてくれる?」と言うと、豹変したようにしゃぶってきた!
これがまた上手い!
大人しそうな普段の感じとはまるで違う!

「俺さんも舐めて・・・」

そう言われて69の体勢になったが、すぐに我慢出来なくなったのか、「もう入れて、入れて!」と自分から上に乗って腰をグイングイン振ってきた。
それからは今までの美穂とは思えないくらいの乱れ方で、最後はバックでフィニッシュ。
イッた後も自分からお掃除フェラ。
人は見かけによらないと思った。
1回では満足出来なかったのか、「もう1回しよ~」とおねだりまでされた。

次の日の朝も、目が覚めると俺にフェラしながら自分でオマンコを触っていた。

「美穂ってエッチ好きなんだね?」

「ちょっと性欲が強いかも」

その日以降、毎日帰りが遅くても必ずセックスは美穂からおねだりされた。
驚いたのは、「今日はこれ使ってね!」と出されたバイブ。
俺が「使ったことがない」って言うと、自分からオマンコにバイブを挿れてフェラしてくれた。
AVみたいだったな。
平気で俺の前でオナニーもするし、お陰でバイブで攻めるのが上手くなったよ。

なんでも美穂は女子高で、先輩にバイブの使い方を教えてもらったそうだ。
ちょっとレズもしたと言ってた。
色んな世界があるな。

美穂とは大学卒業と同時に結婚した。
俺が仕事に出た後、今でもこっそりバイブでオナニーしている様だ。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

High Pace