新着情報

隣に住んでる美人姉妹のお姉さんが酔っ払って[前編]

この体験談は約 5 分で読めます。

数年前の大学時代の話です。
ある地方の大学に通っていた俺は、美味しい家庭教師のバイトのおかげでプチリッチでした。
教えてた学生は親の希望で俺と同じ学部希望。
だからバイト代も良いし、学生も素直に聞くしで、かなり美味しいバイトでした。

大学1、2年はボロいアパート暮らしでしたが、おかげ様で3年からは2LDKのマンションへお引っ越しです。
引っ越してすぐに両隣と上下の部屋に挨拶へ。
右隣以外には挨拶ができたので、週末にでもと思っていたんです。

そしたら金曜の夜、驚愕することが起きました。
ビール飲みながらTVを観つつ課題をチンタラやっていた0時過ぎ、突然玄関のドアノブをガチャガチャやる音が聞こえてきたんです。
えぇぇー!っと冷や汗もんです。
静かに玄関へ向かうと、その動きを見透かされたように今度はドアをゴンゴン叩く音が。
勘弁してくれよぉーとマジで泣きそうになりました。

ガチャガチャガチャ、ゴンゴンゴン、ガチャガチャガチャ・・・。

「開けてよ~、ノゾミいるんでしょ~~」

ガチャガチャガチャ・・・。

気の抜けたような女の声が聞こえ、ひたすら開けようとしてるんです。
放置するわけにもいかず、俺はドアスコープを覗きました。
思わず声が出そうなぐらいビックリしました。
覗いたら目のドアップで、向こうもこっちを覗いてたんです。
仰け反ってコケそうになりながらも、恐怖で足はガタガタ震えました。
俺がビビりまくってる間もドアは叩かれるしガチャガチャされまくり。

「ノゾミ~」と名前を呼んでいるが、もちろん俺はノゾミなんて名前じゃないわけで。

鍵が掛かってるしと勇気を出して言いました。

「ノゾミさんはいませんよー、どちらさんですか?」

そしたらちょいキレ気味で、「はぁ?何言ってんのよっっ!!早く開けてよっ!」と言われました。
さっきより強めにガチャガチャやるもんだから怖くて仕方ありません。

「だからノゾミさんの家じゃないんですってば!」
「もぉー!漏れちゃうから早くっっ!!」

「いい加減にして下さいよ!」
「早くっ!!!早くっっ!!」

ふざけんなよと狼狽していると、突然違う声が聞こえたんです。

「お姉ちゃん?もぉー!何してんのよ!そっちじゃないでしょ!!」

「あぁーノゾミー!」

何が起きてるのか分からなかったけど2人の喋り声が聞こえていました。
ゴツン!とドアに何か当たる音が聞こえ、「いい加減にしなさいよ!」と怒る声。
覗いてみるとケバい女をスウェット姿の女が抱えている。
チェーンをしたままドアを開けてみた。

そしたらスウェット姿の女がひょいと顔を見せ、「ホントごめんなさい、スミマセン」と謝ってきた。

全く意味が分からない俺にその子は、隣に住んでると説明してくれた。
姉が酔っ払っちゃって家を間違えたみたいで、と。
ホントかウソか分からぬまま、女2人は隣の部屋に入って行ったみたい。
一気に静まり返ったのも束の間、何度か隣からゲラゲラ笑う声と、壁に何かが当たる音がしばらく続いてた。
もしかして最悪の部屋に引っ越してきちゃったのかと憂鬱になったのは言うまでも無い。

次の日の土曜日、昼過ぎになって隣へ挨拶に行った。
出てきたのは昨日謝ってた子じゃなくて、ちょっとキツい顔立ちの女だった。
半ギレだったけど引っ越してきたと伝え、洗剤を渡しておいた。
新聞とかの勧誘かと勘違いしてたみたい。
で、戻ろうとしたら凄い勢いで飛び出してきて、昨夜のことを謝ってきた。
何度も何度も深々と頭を下げてくるので、まぁまぁと言って部屋に戻った。

髪は茶色で縦巻き、最後に見せた顔は割と美人に見えた。
ちょっと派手めな顔立ちだったけど、たぶん同じぐらいの年齢ぐらいに思ってた。

戻って数分後インターフォンが鳴り、出てみるとまたもやお隣さん。
今度は女の子2人で俺にペコペコと頭を下げてきた。
聞いてみると2人は姉妹で、酔ってた方はお姉ちゃんらしい。
妹は姉とは違って優しい顔立ちで、物腰も柔らかくしっかりした印象だった。
何にせよ美人姉妹なのには変わりなく、もしかして最高な物件だったのかと思いさえした。

最高とは思ったが、それっきり絡むことなんてないわけです。
用事も無いし、ばったり出くわす偶然すらない。
だから時々壁に耳を押し付けたりしてみたけど、アホみたいに騒ぐ姉妹じゃないっぽい。
男を連れ込んでヒーヒー言ってるのさえ聞こえなかったし。

それから確か3ヶ月ほどした頃だったと思う。
6月の末か7月だったかな。
ネットで見つけたエロ動画を見てシコってた最中に、またもやあの恐怖がやってきました。
いきなりガチャガチャガチャ、ドンドンドンドン、ガチャガチャガチャ。
1回経験しているとはいえ、驚愕して思わず「ひぃっ」って言ってたと思う。

「ノゾミー」

その声を聞いて、またかよ!とイラッとしたが少し安堵した。
今度は怖がる事も無く、そのまま鍵を開けてドアを開けた。
またしてもお姉ちゃんが酔って間違えてて、ドアを開けた瞬間なだれ込んできやがった。

「ちょーっと!」と言ったが、お姉ちゃんはドサッと崩れ落ち、バッグの中身を撒き散らしながら倒れ込んでしまった。

タイトなデニムのミニスカートだったから、黒いTバックが丸見え。
うひょー!と思ったが浸ってるわけにもいかず、そのまま放置して隣に行った。
インターフォンを鳴らしても妹は出てこなくて、やっと焦り出した俺。
何度も鳴らしたが出てこないので戻ってみると、お姉ちゃんは玄関にはいない。
ぬあ!と急いで中に入ると、なんとベッドに寝てやがる。
しかも靴を履いたままで、なぜかTシャツは脱いでブラ姿で。

ふざけんなよと思いつつ、その体に釘付けなわけです。
白い肌に黒いレースのエロ過ぎるブラ。
見た目以上に胸は大きいみたいで、たわわな谷間がブラからはみ出そうになってました。
デニムスカートは完全に捲れ上がり、Tバックは完全に丸見えです。
俺は靴だけは脱がさないとと思い、サンダルみたいな靴を脱がせました。
その間も目はTバックの股間に釘付け。
細いTバックは思いっ切り食い込み、でもハミ毛もなくただただエロティック。

玄関に散らばった化粧品やら携帯などを拾い集め、バッグにしまってベッドに戻ってみた。
この状態でヤラれても文句は言えないよな、でもお隣さんだしヤバ過ぎる。
そんな葛藤の中、実りまくったパイオツをガン見してた。
このままじゃいかんと思い、「妹さんに電話してよ」と軽く揺すってみた。
そしたらニヤニヤして、「んにゃー」と意味不明な答え。
携帯を取り出して電話するように促しても、一向に埒が明かない。

仕方なく勝手に携帯を弄って、妹の番号を探してみることにした。
電話帳を開くときちんとフォルダ分けされていたので、すぐに妹は見つかった。
電話してみると10コールぐらいで妹が出た。
事情を説明すると焦りながら謝りまくりの妹は、「30分ぐらいで帰れる」と言ってきた。
そして最後に姉に代わってくれと言われ、耳に当ててやると説教してるっぽかった。
でも姉は「ほにゃー」とか「ふぅー」とか変な受け答えばかりを連発。
それを見てて割と可愛いなと思ってしまった。

妹が帰って来るまでの30分間、妙なことをするには短すぎる。
だから、とりあえず下着姿だけをガン見しておくことにした。
部屋の明かりを煌々とつけ、じっくり胸から視姦の始まり、真っ白で産毛さえないように見える綺麗な肌に感動しつつ、匂いを嗅いだりして随分胸を視姦した。
そして下半身も同じように視姦し、オマンコの匂いも一応嗅いでおいた。
少し酸っぱい様な発酵臭があったが、別に臭マンではないみたい。

ギリギリまでと思った直後、ある事に気が付いたナイスな俺。
このままブラジャー姿ってのは明らかにマズい!と。
いくら説明してもヤバ過ぎるので、気が付いて良かったと自分を褒めたくなった。
床に落ちてたTシャツを拾い上げ、お姉さんを起こして後ろに回り込んだ。
腕をまず通させてバンザイさせながら被せていった。

そこで少し悪魔の囁きが聞こえた俺。
このまま偶然を装って胸を触っても大丈夫なんじゃなかろうかと。
首を通したTシャツは、胸の上でつっかえたまま。
このぐらいは良いよなと思い、「はいはい着るよー」とわざとらしく喋りながらTシャツを掴みつつ胸にタッチ。
ムニッと柔らかい感触に感動した。
こうなるともっと触りたくなるのが人情であります。
そのまま下げないように胸が邪魔してるような感じにして、おもむろに胸を鷲掴みにしてみた。
この感動といったらないね。
2秒もなかったと思うけど、思いっ切りオッパイをグニュっと揉んでやった。

<続く>

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻奴隷