新着情報

従順でエッチな制服美少女

この体験談は約 6 分で読めます。

5年くらい前の出来事。
学校が冬休みに入る頃になると、この娘を懐かしく思い勃起してしまう。
せめて撮影でもしておけば今も楽しめたのにと悔やむ。

当時はツーショットカードを購入するパターンが多かった。
高校3年生、明日から冬休みという娘と夕方に繋がった。
その日はヤル気だったのは確かだが、ホテルインしても無理強いはしないで、裸で抱き合うくらいまでで、セックスはしなくてもいいからと話してた。

10分後くらいに走って現れたのは制服姿の可愛い美少女。
当時売れていた鈴木あみに似た感じ。
かなりの好みだった。

即ホテルインした。
5分ほどの距離が焦れったい。
制服なのでコートを着せて部屋に入り、すぐにディープキス。
押し倒してパンティだけを脱がす。
ほんの少ししかない陰毛の綺麗なピンクマンコだ。
紺色のスカートを思い切り捲り上げて、着衣とのアンバランスを眺めて楽しむ。

「今日は感じさせるから、感じるようにエッチなことをたくさん言ってね」

「恥ずかしい」

「ほら、練習してみようか」

数回ほど無理に言わせてみる。

「できるだけ言いますから、そのかわりに感じさせて下さい」

とってもいい娘だ!!
鏡の前のソファで綺麗な脚を開き、マンコを開いて触りまくる。
制服美少女が開脚マンコ全開で鏡に映って悶えている。
もう濡れ濡れ、吐息も興奮。
この時もまだ、挿入までいけなくても、この綺麗な身体とじゃれて、最後はフェラで射精できればいいと思っていた。

冬なので、制服の下に邪魔な物をたくさん着込んでいたので、一度脱がせる。
小さな胸も乳首も可愛らしい、くびれた腰も最高のロリだ。
再度制服だけを着せる。
乱れた制服、乳首弄り、フェラ、マンコ満開、指マン、長時間堪能。
毛の少ないマンコは濡れ濡れのビショビショだ。

「アー。恥ずかしい。見て。あみ(仮名)のマンコ見て下さい」

「自分で開いてよーく見せてくれる?」

バックの体勢で、お尻だけ裸の制服美少女が自分の指で美マンコを開く。

「見て下さい。あみのマンコを、もっとよく見て下さい」

こうされると舐めてあげないわけにはいかない。
丁寧に指でかき分けて、時間をかけて舐めてあげました。

「もっと舐めて、あー、イキそう、あ、そこ。イキそう」

自分でオナニーしてイクのは中2の時に覚えたらしい。
しかし男性に舐めたり触られたり、もちろんセックスでもイクのはなかったらしい。
今度は胸を自分で揉ませてみる。

「イッていい?イキそうです」

「イッていいよ、感じていいよ」

「あー、イクイクイク」

果てる制服美少女。

「入れて」

抱き締めて囁く。

「本当に入れてもいいの?」

和姦に持ち込む。

「・・・」

無言。
しかし全く抵抗しない様子。

「入れて欲しいんだね?犯して欲しいんだね?」

頷く美少女。

「会った時に、『あー、この人に今日犯されるんだ』って思ったんです。そう思ったらジワーって濡れてきちゃって」

「『入れて』って言わないと入れてあげないよ」

「入れて。・・・あみに入れて下さい」

恥ずかしそうに小声で言った。
そうなったら全裸にして本番準備だ。
大きく開いた濡れ濡れ股間に当てる。

「ゆっくり入れるよ」

生チンポをスーッと挿入した。

「あー」

美少女の顔が少し歪む。
スムーズに美少女の狭くて柔らかいマンコに入っていく。

「犯されてます、今、あみは犯されてます」

全部入った!
誰とする時でも、その日最初に入る瞬間の感触はいい。
裸の美少女が頬を赤らめて、小さな可愛い胸を揺らし悶える、マンコが締まる、こちらが動く、敏感に反応する、悶える、マンコが締まる・・・。
この娘の感触は最高級品だ。
その美少女のマンコを今犯してるんだと思うと最高の気分だ。
美少女は今までセックスでイッたことがなかったらしい。
同級生や先輩達は若さからか、射精がたぶん早かったんだろう。

「激しくして、好きにして」

「『下さい』だろう、お願いをするんだよ」

「お願い、あみの奥も入り口も全部犯して下さい」

入れられて可愛い顔がこんな言葉を言いながら敏感に悶える。
これが延々と続く。
言葉責めに弱い体質のようだ。

「あみはチンチンに犯されてます」
「『チンポに』だろ?」

「太くて、長ーいチンポに、激しく犯されてます」
「そして、どうなの?」

「チンポに、生で、あみはマンコを犯されて、とっても気持ちいいです。お願いします、あみをもっともっとチンチンでいじめて下さい」

絶え絶えに露骨な言葉を吐きながら悶え続ける。

「お顔に出していい?それともお腹かな?」

「今日は大丈夫な日だからついて来たんです。中に、お願い」

小さな声で囁く。

(ラッキー!!)

「中に出されたことあるの?」

「ないけど、今日だったら大丈夫だから出して下さい」

こう言われて全開、ラストスパートに入る!!
激しさをさらに増して、奥の奥まで突いて突いて突きまくる。

「当たってる、奥に。あー突いて下さい、もっと突いてー!!!」

「出すよ」

「あーイキそう、あーイク、イク、あみの中に出して下さい」

同時に昇天して、多量に美少女の奥深く射精した。
精液を搾り出すように美マンコがキュッと締まった。
汗だくになりながら抱き締めあい、濃厚なキスをした。

「ありがとう、こんなに気持ちいいのって初めて。中に出してくれて嬉しいです」

膣内射精して感謝までされた。
従順な美少女。
こちらも嬉しい。

抜いて精液が流れるところも堪能。
美マンコから流れ出す多量の我が精液。
股間の向こうには可愛い胸、美少女の恥ずかしそうな表情。
最高の眺めだ。

一緒にお風呂。
洗いながら、やはり質問責め。

「14歳の夏が最初で、部活の先輩と、部室で」

「学校の男の子ばっかりだとバレるので、こうやって知らない人に1回」

「本当は高3ではなくて高2」

これには驚いた。

「今日で4人目。こんなに大きくて感じるの初めて」

気を良くしたので、お風呂の壁に手をつかせて立ちバックでまた長時間。
美少女の悶えが風呂場に響いて、感じる感じる。

「イク、イク、イク、もっと突いて下さい、イク、あー、嬉しいです」

お風呂を出て、また制服をお願いすると、明日クリーニングに出すからと快諾。
今度は上下制服のまま犯しました。
可愛い胸が見えるように乱して、スカートを捲り上げて。

「あみっていけない娘?学校帰りにこんなに犯されるなんて」
「あみは今、制服で犯されてまーす」
「恥ずかしい格好させられて犯されてるー」
「もっとあみを犯して」
「あみをいじめてー」
「突いて、突いて、もっと」

罪悪感と羞恥心でエッチな言葉を発する美少女に燃えました。
彼女の言う通りだ。
現役制服美少女を、今、犯しているんだ!
こっちもかなり興奮する。
美少女は途中2回ほどイッたようだが、イッたままで犯し続ける。

「イッてる、イッてる、そのまま、そー、そこ。あーん。犯して」
「あみはさっき会った人に犯されて中に出されて、また激しく犯されてるー」

我慢して我慢して、美少女の3度目くらいのタイミングに合わせて、再度膣内射精。
今度も美マンコがキュッと締まった。

終わってから丁寧に下着から最後の制服まで着せてあげて、従順さを試すため、再会を誓うフェラをさせてみる。
これもなかなかいい。
美少女着衣のまま、こちらは全裸でフェラ。
そんなに上手いフェラではないが、異様な状況に興奮する。
簡単に舐めさせて終わるつもりが長くなる。
さっき出したのにまた出したくなった。
惜しいことに口内射精だ。
しかし制服着衣で口から精液、これも興奮だ。

「お口で出してもらえて、感じてもらえて嬉しい」

ずっと感謝してくれる。
本当にいい娘だ。
イクことを覚えた美少女に僕は気に入ってもらえたらしい。
長時間イキッぱなしの感度になったようだ。

このあと何度か、また学校帰りに制服ルーズソックスで会った。
その度に、それなりに調教し、従順さを増した。
着衣だと燃えると分かったらしく、毎回制服で挿入させるようになり、時には体操服も夏服も持参、スクール水着も経験した。
一番可愛いパンティを選んで穿いてきたこともあった。

バイブを買ってあげたら自宅で練習を積んで成長したし、自分で上から乗ってきて腰も動かしてイキまくるようになった。
ホテルへ向かう途中から車内でパンティ脱がせて指挿入、軽い縛りでのバイブ挿入放置も体験させたし、目の前で開脚オナニーでイクのを見せてくれたり、フェラも上達して玉や肛門まで丁寧に舐めるようにもなった。

そして会う時は、明日始まるくらいの安全日を選んで、毎回美マンコに何度も何度も中出しした。
しかし写真だけは撮らせてもらえなかったな。
3、4ヶ月程して、受験勉強が始まり会わなくなった。

そんな彼女も今では20歳くらいになってるのかな。
今まで一番いい娘でした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

貧乳奴隷
男性向け増大サプリ‎「フュージョンEXプラス」公式通販サイト