入院中にパイズリで抜いてくれたキャバ嬢

この体験談は約 6 分で読めます。

入院中にあった話です。
病気で2ヶ月入院したのですが、最後の1ヶ月は検査も少なく、とにかく時間との戦いでした。
体もかなり元気になって食事も普通に摂れるようになってきて、となると性欲がどうしても抑えられません。
毎日お見舞いに来てくれる彼女はいましたが、そういう場所でのフェラとか手コキとかは嫌がる子で、基本はオナニーで処理してました。

そんなある日、3ヶ月前に1回行ったキャバクラで、メアド交換した女の子から連絡がありました。
『今なにしてるの?』的な他愛もない営業メールだったと思う。
そこで、自分が今入院してることを報告すると、『それじゃあお見舞いに行くよ!病院教えて』と返信が来ました。
キャバ嬢の社交辞令ほど信用できないものはないんだけど、何となく本当にお見舞いに来てくれそうな気がして、ちゃんと返信しておいた。

それから1週間くらいして、そのときはやって来た。
午前中の11時くらいに担当の看護士がやって来て、「お見舞いに来てる人がいますけど、お通ししていいですか?」と聞いてきた。
一瞬誰だか分からなくて戸惑ったが、って来たのはあのキャバ嬢だった。

「あは、ほんとに入院してる!大丈夫?」

軽いノリでテンションがやたら高い娘だ。
しかも面会時間は午後からだし、病院なのにミニスカで生足全開。
お見舞いというより友達に会いに来たって感じで、気を遣われてばっかりのお見舞いよりよっぽど元気が出た。

相部屋だったので、同室のおじいちゃんたちの邪魔にならないように談話室に移動。
色々と話を聞くと、キャバ嬢はもうキャバクラで働いていないそうだ。
昼間にも別な仕事で働いていることは覚えていたが、今はそっち1本でやってるみたい。
介護関係でなかなかきついらしい。

「彼氏なんて作る暇がないよ!」って愚痴ってた。

俺は正直、キャバ嬢がこの時間帯に来てくれたことに幸運を感じていた。
アポなしで彼女がいるときに来てしまって鉢合わせでもしてしまったら、目も当てられない状況になるだろう。

昼ごはんを談話室に運んでもらって、食事を摂りながら色んな話をした。
と言っても主に下ネタだが。
意外だったのは、結構可愛くて胸もかなりデカいのに、そのキャバ嬢が今まで1人としか付き合ったことがないってことだった。

「ってことは経験人数も1人?」

「ぶっちゃけ1人だよ」

酒も入ってないのに昼間から病院でキャバクラみたいな状態になっていた。
キャバ嬢が着ているYシャツの胸元から青いブラジャーがたまにチラチラ見える。
急速にエロい気分になってくる。

「テレビ観たいから部屋に戻ろっか?」

もっともらしい理由をつけて部屋に戻る。
すでに俺の頭の中は、このキャバ嬢とこの後、どうやって行為に及ぶかしかなかった。
もちろん彼女は昼間からお見舞いに来て、まさかそんなつもりはないと思うが、かれこれ1ヶ月セックスしてない俺の性欲は、キャバ嬢のエロい体と香水の匂いで爆発寸前だった。

「入院ってやっぱり大変だね」

病室を見渡し、キャバ嬢はそうつぶやいた。

「うん、食事とか美味しくないし、運動もできないからストレスが溜まるよ」

「私に出来ることあったら言ってよ、食べたいものとか今度買って来るよ」

「サンキュー、じゃあケンタッキー食べたいかな」

正直、何度も来られるのはリスクがデカい。
病室でひそひそ声で話していると、人間関係も親密になる気がする。
雰囲気はかなりいい感じだ。

時計を見ると1時。
あと2時間で彼女がやって来る。
たまに早く来るからタイムリミットは1時間半か。
俺は即座に時間を逆算し、そんなに余裕がないことに気づいた。

「言いにくいんだけど、実はさ・・・」

俺はおもむろに切り出した。

「何?」

「さっきから、聡美の太ももとか谷間とか気になってしかたないんだよね(笑)」

キャバ嬢は恥ずかしそうに手をスカートの上に置いた。

「そんなこと気にしてたの?」

俺の視線でキャバ嬢は何となく雰囲気を感じ取ったみたいだ。

「やっぱり、お見舞いにこの格好はまずかったかな。今度は地味な服装で来ないとね」

話題を微妙に逸らそうとしてくるが、そうはさせない。

「いや、今度もその格好でいいよ。聡美ってやっぱりスタイルいいんだな」

「そんな事ないよ、最近太ったし」

「俺は全然きれいだと思うよ。ダイエットして胸も痩せたら嫌でしょ?」

「う~ん」

キャバ嬢は満更でもなさそうに頬を赤らめた。

(あと一歩だ)

俺は経験的にそう感じた。
でも、ここで焦ると全部がおじゃん。
そんなポイントでもある。

「今日、なんでお見舞い来てくれたの?」

逆に一歩引いて話題を変えてみる。
キャバ嬢は少し考えてから話し出した。

「初めは入院って嘘ついてるかと思ったの。避けてるんじゃないかなって。で、休みだったし試しに来てみたらほんとに入院しててびっくり(笑)」

俺は頷いて先を促す。

「何か、せーじ君のことが気になって来ちゃった。迷惑だった?」

「うん、迷惑」

俺は真顔で言った。

「だって、そんなエロい格好で来るんだもん(笑)」

「びっくりした、怒ってるのかと思った!」

これで一気に距離が縮まった。
俺のベッドは窓際で、俺はそのベッドに腰掛けている。
キャバ嬢は俺に向かい合うように窓に背を向けてパイプ椅子に座っている。
俺はキャバ嬢の肩に両手を置き、こちら側に引き寄せた。

「きゃっ」

いきなりの俺の行動にキャバ嬢はびっくりして、焦っていた。
なるほど恋愛経験は確かに少なそうだ。
俺は構わず、半ば強引にキャバ嬢を横に座らせ、抱き寄せた。

「キスしていい?」

あえて聞いてみる。
俺のS心がどんどん表に出てくる。

「えっ、無理」

本当に嫌がってないのは誰でもわかる。
完全にこっちのペースになった。
俺は、イエスしかない質問を続けた。

「俺のこと嫌いなの?」

「嫌いじゃないよ」

「じゃあキスするよ」

「・・・」

キャバ嬢が目を閉じた瞬間、俺は心の中でガッツポーズをした。
初めは軽く唇を合わせて反応を見た。
キャバ嬢は小さく震えていた。
緊張がもろに伝わってくる。
舌を入れてみた。
意外にも抵抗はなかった。
キスだけで終わるわけもなく、俺はキャバ嬢の胸に手を這わせた。
巨乳フェチの俺にとって100点満点のボリューム。
F、いやGカップはある!
キャバ嬢の呼吸がどんどん荒くなる。
胸を揉んでいる俺の手にキャバ嬢は自分の手を重ねてきた。
止められるかと思ったが、ただ重ねてきただけだ。

カーテンで仕切っている病室のベッドは準個室である。
音は筒抜けだが、幸い午後の検査で同室のおじいちゃんたちはいなかった。
Yシャツのボタンを一個ずつ外していく。
キャバ嬢はもう抵抗を完全にやめていた。
青いブラジャーが露わになり、俺はそのブラジャーを一気にずり上げた。
ぼろんと、ボリュームのある胸が飛び出てきた。
乳輪はやや茶色めだが、すごくきれいな胸だった。

もう完全に性欲に負けてる俺は理性が吹っ飛んでいた。
キャバ嬢の後ろに回りこみ、両足で挟み込むようにぴったりくっつき、両手で巨乳を揉みしだきながら首筋や耳にキスをしていく。

「誰も来ないし、来てもすぐ分かるから安心して」

俺は彼女の心配をフォローしつつ片手をミニスカートの中に忍ばせた。
予想通り、パンティの表面はじっとりと濡れていた。

「あれ?どうしたの?」

俺はわざとらしく意地悪な質問をした。

「どうもしてない!」

キャバ嬢もわざとらしく白を切っている。

「俺のも触って」

キャバ嬢と向かい合う形に変え、俺はパジャマのズボンとパンツを一気に下ろした。
ビンビンになった俺のモノを彼女に握らせた。

「私、あんまり上手くないよ」

そんな事を言いながらも意外と慣れた手つきでしごいてくれる。

「口でしてくれたら嬉しいな」

こうなったらもうやりたい放題。
キャバ嬢は恥ずかしそうに頷くと、形のよい唇を俺のモノに近づけ、ゆっくりと舐めだした。
病室の外の廊下では、慌しく看護士や医者や、食事の片付けのおばちゃんたちが通り過ぎていく。
そんな外の世界と自分のベッドで起こっていることのギャップが、より興奮度をアップさせた。

「ねえ、パイズリってしたことある?」

「・・・前の彼氏に頼まれてした事はあるけど、よくわかんない」

「ちょっとやってみてよ」

キャバ嬢はもう完全に何でも言うこと聞く状態だった。
この際とことんやってやれと、俺も多少強引になっていた。
俺は下半身裸、キャバ嬢は上半身裸、というかなり変な光景。
俺は仰向けになり、キャバ嬢を足で挟み込む形で股間を胸の下に押し付けた。
キャバ嬢は慣れない手つきで自分の両胸を持ち、俺のモノを間に挟んでゆっくりと巨乳を動かした。
そして自分の唾液を俺のモノに垂らし、滑りをよくしてくれる。

元彼の教育の賜物だ。
改めて見るキャバ嬢の胸はデカく、俺のモノがすっぽりと包まれて亀頭しか見えない状態。
胸に挟みながら舌先で亀頭をレロレロしてくる。
俺も自分で腰を突き上げ、射精感を高めにいく。

「イキそう」

俺はキャバ嬢に告げた。

「うん、出して」

エッチまですることも考えたが、さすがに音や振動が伴うので、落ち着いて出来ない。
俺は遠慮なく、パイズリでイカせてもらうことにした。

終わったあと、キャバ嬢は恥ずかしそうに服を着ていた。
俺も変態的な性欲を惜しげもなく披露したあとだったので少し照れ臭かった。

「すごく気持ちよかったよ。ありがとう」

「なんか、こんな風になるなんて思ってなかったからびっくりした。でも気にしてないよ」

最低の発言だけど、すごく都合がよくていい子だった。
その後も退院まで週1でお見舞いに来てくれて(もちろんアポありにして)、色々やってもらった。
特にシャワールームでエッチしたのはかなり興奮した。

そのキャバ嬢とは結局、退院して何回か飲みに行ったけど、自然と連絡が来なくなりました。
たぶん彼氏が出来たんだろうなと思ってます。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!