体育館の裏で告白したらそのままイカされた

この体験談は約 4 分で読めます。

私、小さい頃から内気な方で、男の子にちょっと話し掛けるだけでもすごくドキドキしてた。
そんな私が男の子にモテるはずもなかった。
顔も普通だし。
男の子と接点があまりなかったからか、『好きな人』っていうのもいなくて、別にそれほど話したいとは思ってなかった。
ただ、気軽に話してくれる男の子がいるとすごく嬉しかった。

中3になった頃、Mくんという男の子となぜか仲良くなった。
なぜかMくんは陰気臭い私に結構しゃべりかけてくれた。
どうしてか分からなかったけど、Mくんの前では素直な自分がいた。
Mくんの前では素直に大きな声で笑えたり、本音を言えたりした。

Mくんはどちらかというとポッチャリ系で、かっこいい方ではなかったと思う。
でも性格の良さがみんなから好かれていて、女子からも男子からも結構人気だった。

Mくんと仲良くなるうちに、好きで好きでたまらなくなった。
だけど私は告白なんてもちろん初めてだったし、振られるかもしれないという不安で、なかなかできなかった。
私としゃべってくれるのは単に気が楽なだけなのかも・・・。

だけど、なんだかんだ言ってるうちに卒業が近づいてきて、なんだかんだ言ってるうちにMくんに告白してた。
私は体育館の裏のベランダみたいなところにMくんを呼び出した。
そこは告り場として有名な所だったから、Mくんも多少は気づいていたと思う。
私は緊張でお腹が痛くて、手は氷のように冷たくなって、頭は痛くて倒れそうになってた。
友達が「ついてってあげようか?」と聞いてくれたのに断ったのをちょっと後悔した。

そうこうしてるうちにMくんが来た。
分かってるくせにちょっと赤い顔をして、「何?」と言ってきた。
私は汗びっしょりだったと思う。
だけど、(ここでやらなきゃダメじゃん!)と自分に活を入れて、一気に自分の気持ちを伝えた。
確か、「私、Mくんのことが好きです」とかいう古臭い文句だったような気がする。

Mくんは少し間を置いてから、「ありがとう」と言った。
それから、「俺もずっと◯◯(私)のこと好きだった」と言って一歩近づいてきた。
私の心臓の音は急激に速くなった。
そして、少ししかなかった私の口とMくんの口との距離がなくなった。
Mくんは私の背中に腕をまわして抱き締めてきた。
舌を入れようとしてきた。
私はMくんがこんなことをしてくるなんて思わなかったから、一瞬ビックリして抵抗する力を緩めてしまった。
するとその瞬間、Mくんの舌が入り込んで私の舌に絡みついてきた。
私も自分が濡れてきているのが分かってたし、興奮が後押ししてMくんの舌に自分の舌を絡めた。
ディープは初めてだったから、たぶん下手だったと思う。
でもMくんのマネをして頑張った。

クチュッ・・・クチュクチュ・・・チュパッ・・・。

変な音がしてきた。
ビックリして、ゾクゾクして、嬉しくて涙が止まらなかった。
その涙をMくんが優しく拭ってくれた。
そうしたら余計嬉しくて、涙が溢れた。
その間も絶えず私たちは必死になって、クチュチュ・・・チュ・・・クチュ・・・と言わせていた。

5分ぐらい経った頃(私にはもっと長く感じたけど)、Mくんが私を押し倒した。
私はふいをつかれ、「んっ・・・」と声にならない声を発した。
さすがに私もヤバイと思った。

Mくんは優しく、「・・・ゴメン・・・怖い?」と聞いてきた。

私は、「ううん」と答えた。

本当に恐くはなかった。

(Mくんに任せよう・・・)と思った。

「俺、◯◯が俺のこと好きだってこと知っててん。俺も◯◯が好きやから」

Mくんは呟くように言った。
私は涙でグショグショの顔を上げて、「うん」と答えた。
そのときの私の精一杯の返事だったような気がする。

Mくんはにっこり笑って、ブラウスの上から私の胸を揉み始めた。
乳首がピクピクするのが自分でも分かった。
Mくんは優しく揉みながら、ブラウスのボタンを外してブラウスを脱がした。
ブラは薄ピンクのチェックのやつだった。

(もっと大人っぽいのをつければ良かった・・・)と、心のどこかで思った。

「めっちゃ興奮する」

Mくんがちょっと笑って言った。
それから私と目が合って、また2人で笑った。
Mくんの腕が直接に私の肌に擦れるので、ちょっとこそばかった。
そしてMくんはブラのホックをとり、乳首を爪でちょっと押さえられると、「ぅっ・・・ぅん・・・ぅ」と小さな声が出てしまった。
声を出さないように我慢してたのに・・・。
声が出てしまったことで、とても恥ずかしくなってきた。

Mくんはスカートを脱がしてきた。
さすがにちょっと抵抗したけど、Mくんが優しく笑ったのでMくんに任せた。
パンツも脱がされて、(誰か来たらどうしよう・・・)と心配になってきた。

Mくんが私のおまんこを舐めてきた。
さすがに我慢できなくなって、「ぁっ・・・ぁぁ・・・ぁ・・・ぁん・・・」という声が漏れてしまった。
もうおまんこはヌレヌレだったと思う。
Mくんはさらに舐め続けた。
そしてしばらくするとクリを触ってきた。
ちょんとつつかれるとビクッとした。
それだけでイキそうになった。
Mくんがクリを触る速度がだんだん速くなり、私は気持ちよすぎて恥ずかしさも忘れて・・・。

「ぁんっあ・・・あ・・・あああんっあんっあああ!イク!あんあんっ!イク、イク!!・・・ああんっぁぁあああああぁああああ!!!」

私はイッてしまった。
それと同時に大量のお汁を出して、痙攣して、失神までしてしまった。
後でMくんに聞くと、おしっこもちょっと出したらしい・・・。

今、私はMくんの奥さんです。
子供は2人いて、とても楽しい家庭です。
今でもMくんとは週に1回ぐらいでやってますw

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!