太ももを割って入った主任さんの膝でアソコを擦られて

この体験談は約 4 分で読めます。

37歳になる主婦ですが、2ヶ月前からパート先のスーパーの主任と不倫関係になってしまいました。
今は夫への復讐を遂げた気持ちと、後ろめたさと、忘れかけていた女の喜びが入り混じった複雑な心理状態ですが、誰にも相談できません。
文章を書くことは下手ですが、心の整理ができるかもしれないと思って書くことにしました。

1年くらい前から夫がやたらと携帯を弄るようになったので、(もしかして浮気?)と疑うようになりました。
ある日、夫がお風呂に入っているときに携帯のイルミネーションがチカチカしているのを見て気になって、悪いこととは知りながらドキドキしながら携帯を開いて開封済みのメールをチェックしてみたら・・・やはりそうでした。
どうやら相手は同じ職場の女性で、かなり頻繁に逢っているようでした。
浮気を予想していたとは言え、それが現実となると、あまりのショックで放心状態になってしまいました。
でも家庭が壊れることを考えると、すぐに夫に問い質すこともできませんでした。

私は子どもが生まれてからは、育児疲れの影響か夫との夜の生活を断ることも多かったので、回数が少なくなりました。
その後、ほとんどレス状態になっていましたが、別に夫とのセックスが嫌いなわけでもなく、子どもも中学生になって生活面での手があまりかからなくなってからは、夫から求められれば応じていましたが、最近は求められることもなくなって完全にレス状態になっていました。
それでも私は夫を尊敬していましたし、子どもも父親を慕う気持ちを持っていたので、このまま目を瞑ろうか、離婚覚悟で問い詰めようか、しばらく悩みました。

夫が残業や出張と言うたびに、相手の女性と関係を持っているのではないかと想像して頭が変になりそうでした。
でも子どもの手前、何とか平常心を装っていました。
誰にも相談することができず、しばらく月日が経ちました。

私はスーパーのパートとして働いていますが、働いているときは気が紛れて夫の浮気を忘れることができたので、一生懸命に働いていました。
1ヶ月前に職場で慰労会がありました。
私はあまりお酒が飲めないので滅多に飲み会には参加しないのですが、その日は気晴らしになるかと思って珍しく参加しました。

一次会は居酒屋で、主任の佐藤さんに仕事ぶりを褒められたせいかお酒が美味しく感じて、二次会のカラオケにもみんなと一緒に行きました。
珍しくお酒をたくさん飲んで酔っ払ってしまい、気が付いたら佐藤さんと2人でスナックのカウンターに座っていました。
職場の話など他愛もない話をしていたのですが、つい気を許して、夫の浮気話までしていました。
たぶん誰かに聞いてもらいたかったんだと思います。
話すと気持ちがすっとして、スナックを出て家に帰るつもりで2人でタクシーに乗りました。
でもそれが間違いのはじまりでした。
なんだか安心してしまった私はタクシーで寝てしまったんです。

「大丈夫?歩ける?」

そう言われて佐藤さんに抱きかかえられるようにしながらタクシーを降りると、そこは家ではなくてラブホテルでした。

「え、家じゃないんですか?」

まともに歩けないくらい酔っ払っていたので、佐藤さんに肩を抱かれて部屋へ導かれました。

「少し休んだ方がいいよ」とベッドに寝かされました。
佐藤さんはそのまま私に覆いかぶさってキスをしてきました。

「何するんですか。やめてください」

跳ねのけようとしましたが、無駄な抵抗で逃れることもできず、両脚の間に太ももをこじ入れられて股間を膝で擦られると身体の力が抜けていくのがわかりました。
差し入れられた彼の舌に舌を絡ませてしまいました。
衣類を脱がせられるときに、「ダメ・・・」と形だけ抵抗しましたが、もうどうにもならないことはわかっていました。

「旦那さんも浮気しているんだからいいじゃない・・・」

そう言いながら衣類を次々と脱がされてしまいました。
シャワーもしていない私の股間に顔を埋めて舐め回され、頭の中では屈辱感と自己嫌悪でいっぱいになりました。
でも、皮肉なことに心と体は裏腹で、クリトリスを舐められると私の身体は反り返ってしまい、大声を出して感じまくってしまいました。
佐藤さんが入ってきたときには、久しぶりに膣を押し広げられる感触に頭が真っ白になって、後は彼の動きに合わせて腰が勝手に動いてしまいました。
私の中から溢れ出した液体が彼の動きによって発する卑猥な音と佐藤さんの熱い吐息が五感を刺激して、私の身体を一層敏感にさせました。
膣の奥に温かいモノを感じ、佐藤さんの脈動に私の膣が収縮するのを感じながら、私はあろうことかイッてしまいました。

これが私にとって初めての夫以外の男性との経験です。

結局、その日の帰宅は午前1時半。
朝食のときに夫が、「飲み会に参加するのも珍しいけど、あんなに遅くなるのも珍しいな」と言いましたが、私を責めることはありませんでした。
私は動揺のあまり、ご飯をお茶碗によそおう手が震えていました。

それ以後、佐藤さんから誘われていますが断り続けています。
でも、ふとしたときに佐藤さんに抱かれたときのことを思い出してしまって・・・。
そのうち佐藤さんの誘いに応じてしまいそうで、怖い反面、心の底で期待している自分がいます。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!