風邪を引いて熱を出した彼に氷フェラ

この体験談は約 2 分で読めます。

先日のエッチ体験をちょっぴり。

彼が風邪を引いて熱を出していたので大人しく横に寝ていたのですが、あまりにもその様が可愛かったので、ちょっと悪戯しちゃいました。
キスをしようとした彼に、「風邪がうつっちゃうからおあずけだよ~」って言ったら、「おあずけ」という言葉に敏感な彼はもうおっきくなってました。

「まだ何にもしてないのにこんなになっちゃってイヤラシー」
「◯◯(彼の名前)ってすっごいイヤラシイよね、◯◯のおちんちんもすっごくイヤラシイよねー」

とか言いながら彼の上半身を丁寧に舐め回してあげました。
乳首やわき腹は超敏感なので、触れるか触れないかギリギリ程度の、でも執拗な攻撃をして声をあげさせちゃいました。
熱があるので彼の身体は熱くて少し汗ばんでて、その熱い身体と彼のほのかな体臭が私のプチS魂を増長させました。

その後、さっき飲んでいたコーヒーのグラスに氷がまだ沢山残っていたので、その氷を一つ口に含み、氷と舌の同時愛撫を彼の全身に。
でも、身体が熱いからすぐ溶けちゃって困りました。
手で氷を持って体の色んな部分にくっつけて刺激したあと、舌で溶けた水分を丁寧に舐め取ります。
彼も腰が自然に動き始めて、おちんちんからはもうお汁が出てきてパンツが濡れてます。

「今度はどうして欲しいの?」
「舐めて」

「どこを?」
「おちんちん」

「誰の?」
「俺の」

「どんな?」
「いやらしい」

質問攻撃でいじめます。

「どうして欲しいの?」

「おちんちん舐めて」

「おちんちんじゃないでしょ。ちゃんと言わないとやめちゃうよ」

もうこの辺で泣きそうな顔の彼。
すっごく可愛いです。

でも、「俺のイヤラシイおちんちんを舐めて」と言うまでは、絶対に触ってもあげません。

ちゃんと言えたら、「いい子だねー、いっぱい可愛がってあげようねー」と言って、口に氷を含んでそのままフェラチオです。
彼がイキそうになったら、口を上半身に移しての繰り返しで、最後はイッちゃいました。
この日は私も生理中だったので、セックスできなかったからちょっと寂しかったです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド