夢の国で働いてる子のグリングリンな腰使い

この体験談は約 4 分で読めます。

社会人になって1年目の時は全然仕事ができなくて、帰りが終電になったり、泊まりになることが多かった。
日々新しい仕事を覚えたり、寝不足も手伝って、毎日が軽いハイ状態だった。

当時、青山で働いていたので、先輩に連れられて(♂、3歳上、182センチ、サラサラのロン毛)、六本木のクラブに遊びに行っていた。
そのクラブはかなりダメな外人が集まってくるクラブで、日本人の女は全員ヤレると思っているダメ外人と、外人と仲良くなりたい女が集まって来る(結局は外人の思うツボ)。
先輩と俺がそんな日本男児にとってアウェーみたいなクラブになぜ遊びに行くのかというと、外人相手に皿を回すので曲がかなり通好み。
しかも日本人の男がほとんどいないので、意外に女の子達が俺らの顔を覚えてくれるため、すぐ仲良くなれるから。

ある時、超ストレスが溜まってきたので1人でクラブに飲みに行った。
壁に寄りかかって飲んでいると、いつも見かけるYちゃんが1人でいた。
左手にラベルの付いていない500mlのミネラルウォーターを持って曲に合わせて踊っていた。
酒の入ったプラスチックのコップを持ちながら俺は近づいていき・・・。

俺「オス!何ミネラルウォーターなんか飲んでんの?らしくないね~、これ飲む?」

そう言って酒を渡した。
Yちゃんは、「ありがと~」と言いつつ一口飲んでから俺にミネラルウォーターをくれた。
キャップを外して一口飲むと・・・。

俺「うわっ!!!」

思わずデカい声が出てむせた。

俺「中身がジン!マジかよ!」

Y「お金が勿体無いから家から入れて持って来たの~」

俺「マジで?お前はアル中か!」

軽く突っ込むと、「そーなんだよね・・・エヘヘ」と少し照れていた。

で、1時間ぐらい一緒に踊っていたらジンが無くなってきた。
俺は、「しょうがないな~」と言いつつカウンターに行って酒を買い、近づいていくと、「嬉しい!良い人だね」と抱きついて、軽くキスをしてきた!

(酒を1杯奢ったくらいでキスか!)

とりあえず、かなりYちゃんが壊れていることがわかった。
Yちゃんの容姿は松雪泰子を小さくした感じの美人。
超スレンダーで、このウェストの中に内臓がちゃんと収まっているのかと疑うほど。
髪は黒くて、編んだ髪をまとめてアップにし、瞼と眉毛の間にピアスをしている。

(店に来る前から出来上がっているんじゃないか?)と思うくらい酔っていて、結構ノリのいい曲なのに俺の首に手を回して抱きついてくるというか寄りかかってくる。

トイレに行くと言うのでトイレの前まで腰を抱きながら連れて行く。
(1人で行かせると黒人とかに持って行かれる確率大)
トイレを出てからも酒を飲みながら踊る踊る。
さすがに俺のほうも少し疲れてきたし、かなり酒が回ってきた。

俺「疲れたから落ち着いた場所に行って飲み直さない?」

Y「ん?いいけど明日はバイトだった気がする」

俺「なんのバイトやってるの?」

Y「あんまり言いたくないけど・・・◯ィズニーランドなんだ」

俺「マジで?そんなピアスした店員がいたら子供の夢ぶち壊しじゃん」

Y「さすがにピアスは外すよ、レストランでハンバーガー売ってるから」

そんな話をしながら、六本木通りでタクシーを拾って青山に向かった。

Y「どこに行くの?」

俺「近くに仕事場があるんだけど、見てみない?テレビもシャワーも布団もあるし、始発まで時間を潰せるよ」

Y「何それ~本当に会社?」

俺「俺が青山に家を持っているように見える?」

下らない話をしている間に到着。

「なんか眠くなってきた」とダダをこねるので、仮眠用の布団を敷いてあげた。
しかし、戻ってみるとYちゃんは会議室のデカい机の上で仰向けになっていた。

俺「ほら、布団敷いたぞ」

Yちゃんは「動けない~」と言いながら両手を差し出してきた。

俺「しょうがね~な~」

そう言いながら差し出されている両手を無視して、抱きついてキスした。
俺もかなり酒が入っていたので、Yちゃんの酒臭さも気にならなかった。
キスをしながらテーブルの上で服を脱がしていると耳元でYちゃんが囁いた。

Y「前戯はいいから、そのまま入れて」

俺「もしかしてM?立ちがいまいちだから口でしてくれない?」

Y「いいよ」

Yの頭を掴んで丁寧にしゃぶってもらった。
強めに頭を掴んだのが良かったらしくYちゃんが興奮してきた。
ここでコンドームを装着し、机の上に乗せて正常位っぽい体位で無理やり入れた。

Y「うぅっ」

小さな声が漏れる。
白くて小さい胸を鷲掴みにする。
どうやら少し強めにするのが好きみたいなので、いつもより強く腰を使う。
軽くイキそうになったのでテーブルから下ろし、テーブルに手をつかせて今度はバックで攻めた。
掴む腰が折れそうなくらい細い!

Yちゃんが、「う~っ、う~」と大きな声になり、俺は腰を動かしながら右手でクリを強めに触った。

Y「あっダメ!」

とか言っている割には腰をグリングリン使ってくる。
急にあそこがギュッと締まってきて、Yちゃんと同時ぐらいに俺もイッた。
それからさっき敷いた布団の中で始発の時間までいちゃついてた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!