20年前に撮ったセーラー美少女とのハメ撮り写真

この体験談は約 3 分で読めます。

先日、兄貴夫婦が実家に入ることになり、俺が使ってた部屋を兄貴の息子に明け渡すことになったので片付けに行った。
その時、俺が大学生だった20年近く前のCD-Rが出てきた。
すぐに昔のハメ撮りデータだと気づき、持ち帰った。
当時はまだテレクラ全盛で、簡単に女子高生が釣れた。
ブロードバンドなどなかった時代で、当然ネット流出なんか考えもしなかった。
ちょうど世に出始めたデジカメで簡単にハメ撮りが出来たのを思い出した。

CD-Rを開けると、ハメ撮りした女の子の名前(本名じゃない)がついたフォルダが並んでいた。
その中に、思い出に残る名前があった。

『麻衣子16歳』

そう書かれたフォルダは、伊藤麻衣子に似た上玉の女子高生のハメ撮りだ。
紺色のセーラー服がやけに似合う自称高校2年生の麻衣子とセックスしたときのものだ。
シャワーを浴びた後、もう一度セーラー服を着てもらって、制服姿でフェラをさせて撮影した。
時々歯が当たってイマイチだった。
性体験を尋ねると、先輩だった元彼と十数回しか経験していなかった。
清純そうな美少女女子高生との現役セーラー服プレイに期待が高まった。
経験が少ない、まだ16歳の少女の超美麗マンコをクンニしたら・・・。

「そんなところ舐められたらハズいよ~」

麻衣子は初めてのクンニにかなり感じて、すぐにずぶ濡れになった。
スカートを汚すと申し訳ないので、セーラー服は上半身だけにしてスカートは脱いでもらった。
仰向けで濡れたマンコ丸出しのセーラー服少女の写真を見て、思わずチンポが爆発しそうなくらい脈打った。
生のまま亀頭をウブマンに添えても何も言わないので、そのまま生でゆっくりと入れた。
連続写真で生挿入が何枚か写っていた。
麻衣子の中はかなり窮屈で、侵入を阻むようにキツキツと行く先を閉ざしていたのを思い出す。
力を入れてメリメリと突貫すると、ニュルっとした感触とともに奥まで届いた。
ゆっくりピストンすると、引くときにかなり感じてる場所があるので、そこを重点的に擦り上げた。
セーラー服の美少女が目を閉じて喘ぎ始めた。
その写真がなんとも幼顔に写っていた。
ヌチャヌチャと粘っこい感触に結合部を見ると、なんと生理が始まっていた。

「あっ!始まっちゃった」

「そのようだね、腰を浮かせて」

バスタオルを腰の下に敷きながら・・・。

「始まったから、このまま中に出してもいいよね?」

麻衣子がコクリと頷いたので、再び突き上げていくと・・・。

「アァァァン、アァン、アァァン・・・」

セーラー服の美少女が可愛く鳴いてで仰け反った。
そのあまりに高貴な淫らさに興奮して、マンコの奥に射精した。
血だらけのチンポと、イチゴミルクのような愛液と精液と経血の混じった液体を流れ出させた女子高生のマンコ写真はなかなかエグかった。

その後、もう一度シャワーを浴びて、浴室で素っ裸のまま、歯を当てないバキュームフェラを教え、再勃起したところでベッドに戻って再び生挿入した。
麻衣子の裸は乳房も小さく、高校の制服を着ていないと中学生のようだった。
今度は素っ裸で抱き合い、恋人同士のようにキスをしながらハメた。
一突きするたび、可愛い声で、「アァ~ン、アァ~ン、アァ~ン」と啜り泣くように喘いだ。
一度射精しているので長持ちしたから、中学生のような華奢なボディを揺さぶるように、徹底的にケチャマンの天井を擦り上げた。

「ア、ア、ア、ア、アァアァァ~~~」

麻衣子はガクガクと激しく痙攣しながら、シーツを握り締めて仰け反った。
最後はズンズンと打ち付けるようにして、一滴残らず麻衣子の膣に射精した。
ボ~としたまま宙を見つめる麻衣子・・・。
おそらく、完全ではないものの、イキかけたのだろう。
その表情は、華奢なボディとアンバランスでエロかった。

かなり久しぶりに麻衣子のハメ撮り写真を見て、もしかして麻衣子は16歳じゃなかったのではないかと思った。
セーラー服姿のときは、女子高生っぽく写っているが、素っ裸の麻衣子の写真は・・・どう見ても中学生・・・。
それも、1年生か2年生のように見えた。

今や小5の娘の父親になった自分には、麻衣子の写真がなんだか痛々しく見えて、他のフォルダを開くことなくCD-Rをシュレッダーにかけた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!