友達の妹の締りが良すぎる件

この体験談は約 4 分で読めます。

友達の妹の『S』は、オレより3つ下の高校生だった。
オレは専門学校3年で、あとは遊ぶだけだったので、毎週飲み会を開いて遊び呆けていた。

Sはバレー部で身長も高く、ショートカットの似合う可愛い子だった。
性格は内気で初対面の人と話すのは苦手のようだった。
そんなSがオレにだけは懐いてくれていたので悪い気はしなかったが、友達の妹ということもあり、あまり手を出す気にはならなかった。

ある日、その友達の家で宅飲みをする機会があった。
オレはSと会えるという期待を胸に、そいつの家に行った。
飲みのメンバーは3人で、オレの女友達と、友達で飲んでいた。
ちなみに、友達とオレの女友達は初代面だった。

結構お酒が入っていき、みんな酔っている時に友達が、「お前の連れてきたあいつ、可愛いなぁ」と言い出したので、「そうか、狙ったら?」と話した。
正直、オレはSがまったく顔を見せないことが不思議で、それどころではなかった。

オレ「あのさ、お前の妹どうしたん?」

友達「人見知りやから、自分の部屋におるで」

残念だったが、人見知りなら仕方ないとオレは諦めた。
さらにお酒が入り、俺の女友達が、「めっちゃ酔ってきた~、ちょっと眠いわ~」みたいな感じでオレの友達にべったりし始めた。
そうすると友達が、「俺のベッドで寝るか~?」と冗談半分で言い、女友達も満更ではなかったようなので、「行って来いよ(笑)」と返した。

友達がオレの耳元で、「あの女、やっていい?」と囁いてきて、オレはチャンスだと思い、「オレ一人になるやん」と話すと、「妹を呼んでくるから遊んどけや~、お前が来るの楽しみにしてたみたいやし」と言われ、「仕方ないな(笑)」と返しながらも内心ガッツポーズをした。

邪魔者2人は闇に消えていき、Sが来た。

「久しぶり!!オレくん元気?!」

Sは嬉しそうに出てきた。
オレは、「会いたかったわ~」と嬉しさ全開で応じた。
そして結構酔ったふりをしてSに抱きついた。

「うわっ、オレくん結構飲んだの?大丈夫?」

嫌がる様子は全然なく、むしろ喜んでいる表情だっだので、Sにベタベタした。
その状態で少し時間が経つと、隣の部屋から、「あっん・・・」と妙な声が聞こえてきた。
ついに始めたか・・・と思った。
友達の部屋は隣にあり、声が丸聞こえ。

「ちょっ・・・あっ、だめ・・・」

次々にエロい声が聞こえてきた。
そうするとSは不思議そうに、「お兄ちゃん、何してるん?」と聞いてきた。
オレは、「こんなことしてるんやろ」と、Sの胸を軽く揉んでみた。
Sは、「んっ・・・」と小さい声を漏らすだけで、嫌そうな感じはなかった。

「Sは可愛いなぁ」

オレがそう言うと、Sの顔がすごく赤くなり、「私なんかモテないし、可愛くないよぉ~」と言ってきた。
オレは、「でも彼氏おるんやろ?」と勢いで聞いた。
すると、「私、お兄ちゃんとオレくんしか、まともに異性で話せへんからぁ」と言う。
可愛い奴めと思い、Sにキスをした。

そしてオレはズボンからアレを出し、「触って」と言った。
Sは黙ったままオレのアレに触った。
少し冷たくて柔らかい手が気持ちよかった。

Sは戸惑った様子で、「どうしたらええん?」と言ったので、その手を掴んで、「こんな感じで上下にしたらいいねんで」と教えた。

意外に手でしてもらうのが気持ちよく、すぐイキそうになったので、「ちょっと待って!イッてまいそうやから!」とSの手を掴んだが、余計に速くSは動かした。

「オレくんのイクところが見たい!」

すぐにオレはティッシュに射精した。

Sは、「オレくんのイクとこ見れた!」と喜んでいた。

オレは悔しい気持ちもあり、Sのズボンを脱がしてアソコを触りまくった。
Sは、「ちょっと待って!着替えてくるから!」と言うも、無理やり後ろから抱き締めた状態で捕まえてるのでSは動けない状態にあった。
Sのアソコはすごく濡れていて、どうやら濡れているのをバレたくなかったらしい。

オレはパンツも脱がして、挿入しようとした。
でもSは、「実は私処女やから血が出るかも・・・、タオル敷いてもいい?」と言い、タオルを敷いた。

オレ「もう入れていい?」

S「来て」

そう言ってSは足を広げた。
入れてみると意外に入り口はすんなり入り、ヌメヌメしていて感触が気持ちよかった。
Sはちょっと痛そうにしてオレの手を握っていた。
あまり奥まで入れると痛いだろうと思い、入り口付近を行ったり来たりしていた。

S「あっ、ん・・・」

さっきまで痛そうだったのが、だんだん甘い声になっていった。

Sが、「ちょっと気持ちよくなってきたかも」と言ったので、入口付近をさらに擦っていた。

そうするとSは急に、「あっ!」と少し大きめの声を漏らし、イッてしまった。
オレは、(Sもイッたし、奥まで入れていいかな?)と思って奥まで挿入したら、すごく締まっていてめちゃくちゃ気持ちよかった。
今までの他の女とは比べ物にならないくらい締まって、中でウネウネ動いているようだった。
Sは運動部だったのでこんなに締まるのかと感心した。

予想以上に気持ちよくてすぐにイキそうになったので、オレは少し動くのを緩めた。
Sは、「やめんといて!」と言って腰を激しく動かしてきて、入口付近から奥まで何回もSから突いてきた。

「私イカされたから、オレくんもイカせたい!」

気持ちよさのあまり、オレはSの中でイッてしまった。
その後、Sの中はまだ締め付けてきて、また勃起しそうだったので、オレは抜こうとした。
するとSは、「もっとしよ!!」と腰をギュと寄せて奥まで入れてきた。
JKって性欲が強いんだなと思った。
オレはちょっと疲れていたが、Sはずっと腰を振っていた。
Sのアソコはどんどん締め付けが強くなっていき、まるでオレの手で思いっきり握っているような感覚にもなった。
入口はフワッと入り、奥はギチギチと音を立てているようで、3、4回イクまでSはやめなかった。
Sは、「さすがに疲れた」と言っていた。

オレは、(こいつ、本当に処女か?)と疑った。
でも他の女では味わえない感覚を体験できたので満足だった。
その後だけど、他の女としてもアソコがゆるゆるに感じて、Sでしかイケない体になってしまった。
そんなこんなで、友達には内緒でいまだにSとヤリまくってます。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!