中出しスローセックスでイキっぱなしに

この体験談は約 4 分で読めます。

興奮してしまって、誰かに聞いて欲しくて投稿しました。

昨日の夜、彼氏とスローセックスしました。
ゆっくりエッチしたら、たまたまスローセックスになっただけなんですけど(笑)

私は23歳、彼は24歳、同棲しています。
昨夜もいつも通り彼とベッドに入って、抱き合ってキス。
2人とももう興奮していて、いつもならそのまますぐに挿入なのですが、彼が頬や首にもキスしてきて、体がビクン!と反応してしまいました。

「ん?全身気持ちいいの?」

そう言われるとゾクゾクしてしまいます。
指先で首筋や背中をサワサワされて、どんどん興奮して声も漏れてしまいます。
そしてやっと彼の指があそこに・・・という時に、彼のスマホに着信!
職場からの連絡で、なんだかんだで30分くらい放置プレイ(笑)
ようやく彼氏が帰って来たのですが、意地悪な彼はまたキスからやり直し。
もうキスの時点であそこがびちょびちょでした。
おっぱいも乳首を避けて触れるばかりで、もどかしくて仕方ありませんでした。

「おっぱい触ってよぉ・・・」

「触ってるよ?」

「違ぅ・・・ここ・・・乳首触って・・・」

そうおねだりした瞬間に舌で激しく乳首を攻められて、イッてしまいました。

「じゃあこっちも触ろうか・・・」

そう言って、やっと指が私のワレメに触れました。
にゅるっ!っと指が愛液に包まれた感覚がありました。

「はぁっ!!」

「うわ・・・、もうトロトロだよ」

「ぅん・・・早く触って・・・!」

そのまま激しく手マンされて、あっという間にイッてしまいました。

「挿れていい?」

「挿れて・・・!」

「じゃあ、めちゃめちゃ気持ちよくしてあげるね」

彼は私をうつ伏せにさせました。
私はポルチオが一番感じるので、一番深く入るバックが一番感じるんです。
寝バックでゆっくりと彼の硬いモノが入ってきます。
あそこの壁にがゆっくりと開かれて、その快感で中がヒクヒクします。
奥まで入りきる前にイッてしまいました。
あそこがキュ~ンと締まって、イク感覚が昇りつめて、(イクッ!!)と思った瞬間、腰がビクン!として頭がふわ~っとして、あそこが勝手にヒクン!ヒクン!ヒクン!と痙攣します。
痙攣が終わるまで快感の波がヒクンヒクンに合わせてあそこから頭に流れ込んできます。
何度かピストンされて、その間にまたイッてしまいました。

「ぁあっ・・・!!もうダメ・・・気持ちいぃよぉ・・・」

「今日すごいね、気持ちいい?」

「気持ちいぃ・・・頭おかしくなっちゃう・・・!」

「じゃあ今日はおかしくなっちゃおうか」

彼は私を四つん這いにさせて、後ろから激しく突いてきました。

「あっ!あっ!あっ!あっ!だめっ!イクぅっ!!」

大きな声が勝手に出てしまうし、すぐにイッてしまうし、もう(気持ちいい)しか頭の中にありませんでした。
そのとき彼が電マをクリトリスに当ててきました。

「ぁああ~~!!!!だめぇ!!だめだめ死んじゃうっ・・・!!」

「ほら、自分で持って」

「やだ」と言いながらも右手で電マを持って、クリトリスに自分から当ててしまいます。
ポルチオをガンガン突かれている快感でクリトリスでもすぐにイッてしまいます。

「だめぇっ、イッたのぉ、イッたのに気持ちいぃっ・・・」

イッた後もクリトリスに電マを当て続けてしまいます。
(もうイッたのに・・・)と頭のどこかでは思っているのですが、もう頭の中がおかしくなってしまって、(気持ちいい気持ちいい!またイキたい!イクの気持ちいい!)ということしか考えられなくなっていました。
そのままクリトリスで2回連続でイキました。
そして3回目にもうすぐイッちゃいそうなとき、本能的に(すごく気持ちいいのが来る!)と思いました。

「あぁっ、イクっ、イクっ!クリトリスでまたイクッ・・・!!」

クリトリスで3回目の絶頂を迎えた瞬間、中が急に熱くなった感じがしました。
それからはピストンされるたびに中にもイッたときの快感が溢れるようになってしまいました。
彼に奥を突かれてるたび、イッたときの気持ち良さがあそこから頭まで襲ってきます。
ずっと彼が動いているせいで、イッた瞬間が終わらなかったのです。

「ぁあ~だめ、イッてる、イッてるのが止まんないよぉぉ~」

「イッてるの?」

「イッてる・・・!イクのが終わんないの。私、死んじゃう、どうしよぉ~・・・気持ちいぃよぉ~!!」

初めての感覚で、あまりにも気持ちよすぎて情けない声で喘ぎ続けることしか出来ませんでした。
そのあとの記憶は少しありません。
気がついたら正常位になって、彼も気持ちよさそうに腰を振りながら喘ぎ声を漏らしていました。

「はぁ・・・イキそう・・・」

「イッて!私もイク・・・!」

「どうしたらいい?」

いつも中出ししているのに、意地悪に彼が聞いてきます。

「せーえき欲しいっ!」

「どこに出したらいい?もう出ちゃう・・・」

「中、中に出してっ!」

「子宮にぶっかけるよ!全部一番奥に出すよ!」

「出してっ!せーえき出してっ!イッちゃう・・・!イクッ!!!」

彼と同時に最後は果てて、あそことベッドはぐちゃぐちゃでした。
今回のエッチは、体感で30秒ぐらいずっとイッてて、それが死ぬほど気持ちよくて本当に最高でした。
一生忘れられないと思います。
また体験したいなぁ・・・。
そう思っていたらあそこがジンジンして興奮してきちゃったので、彼のを舐めておねだりしてきますね(笑)

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!