テレクラで会ったスタイル抜群の20歳の女に中出し

この体験談は約 3 分で読めます。

今から5年ほど前のとある地方都市での経験。
当時住んでいたアパートから徒歩で数分のところにテレクラがあり、週に1回は利用していた。
援で会った女もいれば、非援で会って美味しい思いをしたこともたくさんあった。
中にはタダで処女をいただいたことも。
あの頃はホントに良かった。
で、今回はそんな中での一コマ。

あれは確かちょっとばかり寒い冬の日のこと。
いつも通り待機していると、20歳の援希望の女の子からのコール。
相手が言うには、「スタイルも抜群でテクニックもある」と「顔は普通かな」って。
結局、会ってみることにした。
実際に会ってみると、背格好は普通くらいで、コートを羽織っていたからスタイルはよく判らなかったけど、顔もまぁまぁだしそのままホテルへ。
その女、なぜかホテルにこだわっており、「◯◯にある△△△じゃなきゃ嫌!」と言う。
まぁこっちはエッチできればどこでも良かったので、女の希望するホテルへ。

いざホテルに入り、服を脱がしてみると、これがまた本人が自慢するだけのことはある、いいスタイル。
胸はEカップくらいで、ツンと上を向いた乳首はピンク色。
腰のくびれも良く、ヒップもこれまたプリっとしてて良かった。

一緒にお風呂に入り洗いっこ。
そしていつも通りの流れでエッチへ。
なかなかスタイルのいい女だったので(多少おしゃべりが過ぎたが)普通にエッチを終了。
生でしたけど、最後はお腹の上へ。

しかし!
エッチが終わった瞬間、「私、あんまり寝てないから眠いんだよね~」と女が言いだした。
ちょっと一服しようかなと思っていると、隣から静かな寝息が・・・。
こっちも出したばっかりではあったが、なんとなく寝ているその子を見ていると、無性に2回戦をしたくなってしまい・・・。

「寝てもいいけど入れちゃうぞ?」

すると寝ぼけながら、「こっちが動かなくてもいいなら良いよ」とのお返事。

それではと早速、さっき出したばかりではあるが、復活している愚息を女の子の穴の中へ。
2回目だからか、すんなり入る。
奥まで入れても女の子に反応なし。
奥深くまで入れて、「動かすよ」と声をかけるも反応なし。
なんとなく寂しい感じがしたものの、目の前にある光景を見ていると・・さっき出したばかりなのに射精感が。
しかも、入れただけで腰などもまったく振っていないのに。
その瞬間、頭の中に悪魔の囁きが。

(終わってすぐに寝るなんて、なんて女だ!どうせ寝てるし、気づかねえよな!)

この間、ほんの1、2秒。
まったく腰を動かしていないのに、目の前の光景だけで興奮してしまい、寝ている女の中で放出!
さっきの2倍くらいの量が出ている感覚があった。
一瞬やばいかな?と思い、すぐに愚息を抜いてみるものの、精子が中から出てくる気配はなし。
しばらくそのまま寝かせてあげて、自分は備え付けのコーヒーを飲みながらタバコを一服。
しばらくして穴の様子を見てみるも、ホントに出てくる様子がない。

休憩時間も終わりに近づいていたこともあり女の子を起こすと・・・。

「私、どのくらい寝た?起こしてくれれば良かったのに~」

寝ぼけた顔でシャワーを浴びに行った。
どうやら、その日は俺で3人目の援だったらしい。
結局、その子は中出しされたことにまったく気づかないまま、俺と別れた。
かなりお金に困っていたようで、俺と別れるとすぐに次を物色していた。
長文になって申し訳ないです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!