新着情報

本屋で万引きした女子の後を追って

この体験談は約 9 分で読めます。

中3の夏休みに自転車で遠出してて、疲れたので途中でアイス買って本屋の駐車場で休んでた。
蒸し暑くて夕立が来そうな天気だった。

何気なく本屋の入り口を見ると、同じ学校のY美が店の前に自転車を停めた。

(あ、Y美だ・・・)

声を掛けたが、聞こえないのかそのまま店に入って行った。
帰るつもりだったが、薄いピンクのブラウスを着たY美の私服が可愛くて(普段の制服姿以外見てない事もあり)、気が付くと俺も店に入っていた。

で、Y美はかなり話し難いタイプ。
背が高くて、男からかなり人気があった。
俺はたまたまこの夏の公開模試でY美の隣になり、中3になって初めて会話した程度の仲でした。

店に入ってざっと見渡す。
客はあまり居なかったので、すぐY美が見つかった。
女性ファッション誌の通路をY美が物色している。
俺は対面側の通路を通り、Y美が止まった辺りで本を探すふりをしていた。
実際、最初のタイミングを外すと、俺から話し掛けるのはかなり難易度が高くて、会話を続ける自信が無かった。

Y美に見つけてもらって、向こうから声かけてくれないかな?
そんなこと考えてたら、Y美は俺の横をすっと通り過ぎ、CDコーナーの方へ移動して行った。
俺は、店の隅にある鏡でY美を追っていた。
Y美は、DVDを取ってそのまま移動し始めた。

Y美はそのDVDをトートバッグに入れると店の出口の方へ向かって歩いている。

俺もY美が通った後をトレースするように移動した。
Y美が盗ったのは洋画のエロいDVDで、棚に空白があったので見間違いじゃなかった。
出口を見るとY美は店を出て自転車に乗ろうとしていた。
俺も慌てて店を出た。

(店員から声掛けられるんじゃないか?)

自分が万引きしたみたいにドキドキしてた。
実際Y美が万引きするなんて信じられなかった。

Y美の後を全速力で追いかけた。
300mぐらいは離れていたけど、一本道なので見失うことは無かった。
前の信号が黄色になってY美が止まった。
万引きのこと、どう言おうかとも思ったが、その時は正義感が勝ってたのか、僕はY美の横に自転車を停めて、冷静を装うように声を掛けた。
Y美は、「あ・・・」と声を漏らしたが、至って普通だった。

「秋山君、家こっちなん?」

「いや、ちょっと遠出」

そんな言葉を交わしたが続かない。

俺から出てきた言葉は、「今、俺、本屋で見かけて・・・追いかけたん・・・」だった。

「あ、雨きそう」

Y美がぼそっと言ったそばから、雨が降り出した。

近くにある、かなり大きな神社の境内に僕達は自転車を停めた。
人は疎らで、バスの待合室に入り雨宿りを始めた。
待合室の扇風機をつけたが凄く蒸し暑かった。

外は土砂降りで会話もままならなかった。
Y美は、バッグからティッシュとハンカチを出すと俺にティッシュを渡してくれた。

実際、かなり緊張してた。

『万引き』って直接言ってないけど、言ったことを少し後悔してた。

Y美も俺もずぶ濡れで、ピンクのブラウスも白のスカートも肌にぴったりくっついていて流石に直視出来なかった。

「ね、・・・さっき店にいたん・・・だ」

脚を拭きながら、少し俯いてY美から話し始めた。
ハンカチを絞っては、つま先の方を拭いている。
ミュールっていうかちょっと大人っぽいサンダル、足の爪も淡いピンクで塗られていた。
背中側も濡れていて、ブラがはっきり透けていて凄く年上の女性に感じた。

Y美のバッグに目をやる。
DVDが少し見える。

「うん。入ってくところからいた」

万引きを見たと遠回しに言ってる俺。
ちょっと間が開いて、Y美が俺の膝に手を当て、こっちを向いた。

「ね、秋山君おねがい、黙ってて」

すがるような真剣な顔。
その表情を見た瞬間、さっきまで遠慮してた俺とは別のスイッチが入って、自分でも意外な言葉が出た。

「うん、万引きのこと、絶対言わないよ。松下がAV盗んだって言わないから」

そう言って、俺はY美の脚に手を当てた。
自分でもびっくりする大胆な俺。
Y美もびくっとした表情を見せたが、すぐに俯いて大人しくなった。

「俺、前から、松下のこといいなって思ってたんだ、だから今日、本当にびっくりしちゃったよ」

そう言いながら、たぶん、脚を触ってたんだと思う。

Y美の両手は、きつくスカートを押さえていた。
僕は少し力を入れてその手を払おうとしたけど、逆にY美が両手で俺の手を掴んだから、イラっとして思わず、「言うこと聞かないと学校中にばらすぞ」って言ってしまった。

『学校にばらす』

・・・言ってしまったその言葉は、卑怯で惨めな気持ちになる。

「松下は、美人でみんなから、ちやほやされて、俺とは別の世界の人ぐらい違うって思ってて、今日だってなんだよ、そんな格好してナンパでもされてぇんじゃない」
「共犯で俺が捕まってたかも知れねえ」

・・・とか、そんな意味不明なことを言って、Y美が掴んだ手を振りほどいた。

それからしばらく、互い何もしゃべらなくなった。
俺は冷静になる事が出来ず、息を荒げたまま時間が過ぎたと思う。
Y美の方を見る。
さっきからY美は俯いたままだ。
俺とは目も合わせない。

「ごめん・・・俺、帰る」

やっと落ち着いてそう言ったら、Y美はゆっくりこっちを向いて・・・。

「盗ったの厭らしいんじゃないから」

そう言ってバッグから浜崎あゆみのDVDを見せた。

「あそこ警報鳴らないから、結構穴場で、バレー部の子とかみんな知ってるん・・・。でもごめん」

「俺の中で思ってた松下は居なくなった・・・」

そう言って扉を開けた。
開けた途端にすぐ近くで雷の凄い音が響いた。

「今出ちゃ危ないよ!」

Y美以上に俺の方がびびってしまった。

「うん、そうする。マジびびったw」

笑ってそう言った。
Y美も笑ってくれたらこの雰囲気も変わるのに・・・。
相変わらず無表情で気まずい。

「雨止まないね?」
「・・・うん」

「松下、家近いの?」
「・・・うん、でも少しある」

気まずい。

「さっきは・・あの、ごめん。俺、卑怯で・・・」
「ううん。・・・男子だから・・たぶん普通・・・と思う」

雷が頭の真上で鳴りだし、狭い部屋全体が震え怖かった。
しゃべるネタもなくて二人とも恐怖から静かになって、時たま「今の落ちた」とか、ポツリ俺が言う程度だった。

一際大きな、雷鳴が響いて、部屋の電気が落ちた。

「停電しちゃった、恐いね・・」
「うん・・・」

「今のも近かったね。さっき出てたらマジ危なかったね・・・」
「うん」

Y美の方から話してくる。
薄暗く湿気で蒸せる部屋、この息苦しさ、間の悪さから早く開放されたい。

「窓開けたら、雨入って来るかな?」

そう言ってY美が窓を開けようとするが、開かない。
手伝うが、開かない造りなのが分かって残念そうに、また座り直す。

Y美は僕との間に置いてあったバッグを端に除け、その濡れてない所にちょこんと座った。
僕の脚とY美の脚が触れそうな距離。
それだけの事が凄くドキドキする。

Y美を見る。
やっぱり可愛い。
私服もセンス良くって、東京の渋谷とか歩いても絶対注目されるんだろう。

「ん?」

そう言ってY美がこっちを向く。
きょとんとした表情。
目が大きくてなんかキラキラして、色白くってかわいすぎだろwwwって思ったら思わず顔がほころんだ。

「??・・・今、笑ったでしょ?」

ちょっと訝しそうな表情を見せて、手をお尻の下にして座り直す。
いや、その表情も可愛いよ、とかそんな冗談は言えない。

急にY美が「あーーっ!」って言ったので、「ど、どしたの?」って聞いたら、体を傾けてスカートのお尻の方を見てる。

「ま、まっくろ~うそー!!」

そう言って今度は僕に見えるように(見えないが)片手で太ももを持って覗きこんでいる。
白のフレアスカートは、濡れてぴったりとY美の脚にくっついて、透けた脚が艶かしい。
脚だけじゃなく、上半身も薄いサーモンピンクのブラウスを纏ったように濡れ、水色のブラがY美の形の良いバストをはっきり映して見えた。

「あーあ、これ落ちるかなぁ・・・」

Y美は背中を僕に向けて立ち、スカートを引っ張り、汚れを払う動きをする。

(あ、パンティーも水色なんだ)

見ているのがバレないように遠慮がちにチラ見する。

「あ、松下って脚長いよね・・・」

目のやり場に困って、そんな台詞言ってみる。

「え?そう?ありがとー!!でも太いから・・・」って、ちらって一瞬スカートを上げる。

(や、やべええwwマジやべええwww)

内心、かなり焦りまくり。
そしたらまた、雷がピカっと光った。
遅れてゴロゴロと音が響く。

「あっーー!!恐いぃー!!」

慌てて俺の隣に飛び込むように座ってくるY美。
その勢いに思わず腕を広げたら、俺の胸に顔をうずめ、本当に飛び付いて来た。
温かくって、想像してるより実際の女の子って華奢じゃないんだって、もたれて来る重さで実感した。
でも背中に廻した指の感触はとても脆いものに思えて、急に全てが愛おしくなってぎゅっと抱き締めたら、Y美もぎゅって僕を抱き締めた。
温かくって柔らかくって、何とも言えない甘い匂いが髪から漂う。

「さっきの一言、凄く響いた。ありがとう」

僕には意味が良くわからず聞き返す。

「んー、俺の松下はそんな人じゃない、みたいなこと、言ったでしょ?止めなきゃって思ってたけど、いつかばれて捕まるまで続くのかなって・・・」

やっと理解した俺。

「うん・・・でも俺も卑怯だったし・・・学校でばらすって・・・」

そう言いかけたら、Y美が頭を上げて顔を近づけてくる。

「叱ってくれて嬉しかったよ」

そう言ってまた僕をぎゅうっと抱き締める。
僕も抱き締めたら・・・。

「あ、い、痛いよ」

「あ、ご、ごめん、ごめんよ」

一瞬二人の距離が離れて、(あ゛ーー俺ってバカだぁwww)と思ったら、「斜めだから・・・」って俺の肩に手を置き、自転車に乗るみたいに、俺の片方のももに乗ってきたぁ。

(ああああwwwwもうだめだ)

理性も何もかも吹っ飛んで、間近に見えるY美の口唇に思いっきし俺の口を押し当てた。
かなりキメえキス。
だけど嫌がる素振りは全くなく、Y美も俺の口に押し付けてくる。
もちろん、キスしたまま。
腰に手を当てて思った。

やっぱり、女の子は、華奢なんだな。
心と身体の距離が無くなりひとつになりたい。
一つに溶けて混ざりたい、そんな感覚。

(Y美も同じこと思ってるのかな?)

キスしながらもっと距離を縮めたくて、思わずY美の脚を掴んで軽く上に持ち上げようとする。
口が離れて、頬を赤くしたY美がこっちを見て、優しく微笑む。
『ん??何』って表情を見せるので、足首を掴んで上に上げようとすると、また俺の肩に手を置き、顔をぐっと近づけて触れるような軽いキスをする。

その瞬間、俺の硬くなったあそこに柔らかいものが当たる。

(これならイケる!!大丈夫だwww根拠とかそんなもん知らねえええwww)

今、憧れのY美が俺の前で股を開いて座ってて俺とキスして・・・。
欲しがってんだあああ。

もう夢中、無我夢中。
頭の中真っ白になってY美の口唇を吸った。

Y美もまたぎゅうって抱き締めてきたから同じように抱き締めて、舌をY美の口の奥へ押し込んでいく。
Y美の舌が触れて、ちょっと躊躇したように思ったが、「はぁ」って軽く息を吸って、もう一度舌を入れたらY美の方も舌を同じように動かして、俺の舌と絡み合う。
もうあそこは、ギンギンに大きくなって俺はY美の腰を掴みぐっと抱き寄せる。
柔らかい白くてすらっと長いY美の脚。
太ももに両手を添えて、スカートの中、お尻へと滑らせ、ぐっと引き寄せまた強くキスをした。

(女の子もエッチなんだな・・)

大胆にも硬くなった俺のあそこをぐいぐいと押し当てた。
それにしても暑い。
額から汗が流れて落ちていく。
Y美の顔も薄っすらと汗で光っていた。
何度も何度も強く舌を絡めるキスもかなりいい。
でも、もっともっとY美のこと知りたい。

俺はY美のブラウスに手をかけ、ボタンを外す。
脱がすのって難しいんだな。
濡れたブラウスのボタンは固くて、ぎこちなく指が動く。
肩を掴んでたY美が俺の手を取って、「持ってて」と自分で脱ぎ始めた。
見てるのも悪くないけど、実は脱がして恥ずかしそうな表情するY美を期待してたんだけど・・・。

水色のブラはかなり大人っぽいデザインで、上の部分に沢山のレースが付いてて、倖田來未のバタフライとかそんな感じで・・・。
思わずビビッて「大人っぽい」って言ったら、「これお姉ちゃんの・・・黙って初めて着けちゃった」って。
今日で良かったよwwマジ感謝した。

で、そんな色っぽい下着、CMぐらいでしか見たこと無かったんで、ブラの上から触ってみた。
カップって想像してたより結構堅くて、ちょっと大きく胸が見えるんだ。

もう調子に乗って、「ねぇどうやって外すの?」って興味ありありの素振りを見せたら、背中に俺の手を持ってって「はずせる?」って小悪魔っぽく俺を挑発する。

(Y美wwwぐっぢょぶだwwww)

ん、ん?結構難しい・・・あ、とれた。
Y美も肩ひもを腕の方へずらす。

「恥ずかしいな、ちっちゃくてごめんね」

初めて見る女の子の胸、おっぱい。
ブラでこんなに見た目が変わるんだとも思ったが、すらっとしたイメージしかなかったので、むしろ自然で良かった。

白いんだ、胸って。
スクール水着の後がくっきりして、隠れてたおっぱいが白くて、先がピンク色で完璧な美乳。
ゆっくりと揉んでみる。
見た目ほど柔らかくなかったけど、初めてのおっぱい。
しかもY美だwww
Y美は、目を閉じ、すぅって軽く息をする。
甘い吐息が俺の顔にあたる。
かわええ、まじ綺麗。

遠くの方で雷が鳴っている。
雨も小降りになってしーんとした部屋でY美の胸を揉む。
そして、またぎゅうって抱き締めて、俺の顔におっぱいを押し付ける。
もう夢中でY美の胸を吸い、舌で舐め回した。

(も、もう限界だww出したい、中に入れたい、SEXしたい)

息遣いだけが聞こえる夢みたいな空間。

(やれる。今ならやれる!!)

またキスをしながら、ベルトを外す。

「ん、んんっ」

また激しく舌がY美の口で動く。
濡れて固くなったデニムを膝まで下ろし、乱暴に腰を引き寄せ、ペニスをY美の股間に押し当てる。
スカートを捲くる。
水色のパンティの付け根が濡れて黒く透けてる。
ヌルヌルした白い泡になって俺の股間からもいやらしい糸を引いてる。
それを見たら、もうぐうってなって、おしっこしたいそんな感じ。

(あ、や、やば。い、イッちゃうよ。SEXしたいのに。中に入れて『おらぁ』って突いて、あんあん喘ぐ声を聴きたいのに・・・)

「松下・・・?」

「で、出そう」

そう言うと、Y美も軽く頷く。
ぎゅって抱き締めて、俺の口の中をちっちゃい柔らかい舌が絡んでくる。

(うはああwwwもう駄目だあああ)

もう乱暴に腰を振り、股間を押し付ける。
Y美も腰を振り押し付けてくる。
ねちゃねちゃと滑る感触。
頭の中が本当に真っ白で炭酸のようにしゅわって頭の奥が痺れる。

「あ、出る、い、行くよww」

「うん、私もイキそう」

・・・って台詞を聞いた瞬間、俺は凄い速さでパンツを下ろした。

真っ赤になった先から大量の白い体液がびゅっと塊のようになって、Y美のスカートを汚す。
続けてびゅっびゅっとパンティ、お腹辺りへ飛び、Y美を汚す。
その後は、しばらく二人抱き合ってまた何度もキスした。

雨は上がって、二人外へ出る。
外は綺麗な夕焼けだった。
井戸の手押しポンプの前で、Y美は足を止め、僕に汲んでくれと頼んだ。
水を出すとY美は、脚の汚れを落とし、「あっち向いて」と言った。
意地悪して見ると、恥ずかしそうにパンティを脱いで洗っていた。

「頂戴」って言ったけど、さすがにそれは無理でした。

それから、何度かこの場所に来たけど結局、この日以上の出来事はなく・・・。
高校になって僕はフラれてしまいました。

【iコミックらんど】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

PLATINA SEX
最強媚薬エロティカセブン