新着情報

サークル内で憧れの女の子が喰われた[前編]

この体験談は約 6 分で読めます。

俺は一浪して都内某私立大に入った。

俺の通った大学は結構お嬢様が多くて、田舎もん丸出しの俺は通うだけで気が引ける感じ。
たまたま同郷で同じ学科の1個上の先輩と知り合い、誘われるがまま合唱サークルに入った。
合唱なんて中学の音楽の授業でしかしたことなかったけどさ。

そこで、あの子に会った。

大学での授業が始まったある日、新しい友人もできていない俺は一人でぽつーんと教室に座っていた。

「あれ、加藤くん(俺の仮名)?」と突然話し掛けられた。

それまでほとんど異性と会話すらしたことのない俺、それだけで緊張。
しかも、大学で声を掛けてくる異性がいることにびっくりした。

「え、もしかして私のこと覚えてない?同じサークルの高本(仮名)です」
「ああ、ええと・・・」

「同じ学科で同じサークルだから、よろしくね。隣、座ってもいいかな?」
「あ、ああ・・・ええ、どうぞ・・・」

もう、なんじゃこりゃーという感じでほとんどパニックだった俺。
それだけ異性経験なし。

高本さんは、顔は普通かなw
身長は155cmくらい。
色白でちょっとぽっちゃり目で、おっぱいは爆乳。
隣に座ったとき、「こ、こんなに大きいおっぱいが隣にあるのは初めてだ!」と思った。

明るく、はきはきしていて性格は超いい。
お父さんは誰でも知っている某有名企業の役員。
山手線内の高層マンションに住んでいるお嬢様。
出身校も誰もが知っている某お嬢様女子高。
服装は、お嬢様らしくいつも清楚な感じ。
そんな子。

上京早々そんな子と知り合えて有頂天な俺。
というか、すぐに好きになっていた。
携帯の番号を向こうから教えてきてくれた時は、嬉しくて帰ってからアパートで絶叫した。
しかし、俺はいかにも田舎もん丸出しだし、金はないし、付き合うなんて夢のまた夢。
告白なんか絶対無理だった。
ただ毎日授業やサークルで会えて話せるだけで幸せだった。
2年の春がやってくるまでは。

胸はFはあったんじゃないかなあ。
とにかく、サークルの男は高本さんが居ないところではしょっちゅう高本さんのおっぱいの話してた。
かくいう俺も、授業で隣に座ったときに垣間見えるブラの色やローライズジーンズからのぞくパンツの色をチェックしていて、陰でその話をして盛り上がっていたが。

サークルの中では結構人気があって「おまえ、高本さんのおっぱい間近にじっく見られて羨ましいな」なんてよく言われてた。

夏にキャミにカーディガンを羽織って来たときなんか、カーディガンを前で留めても隠しきれなくて、白い谷間がかなり露出していた。
悪い!とは思いつつ、家でヌキました。

1年の終わり頃から、高本さんは“福田(仮名)”と言うサークルの同級生と急速に仲良くなっていった。

福田は、イケメン長身で性格はクール。
女にモテて当然という男だった。
サークルに入って早々、同級生と付き合ったが夏休みにはサークルの先輩に乗り換え、その先輩とも冬の終わりぐらいに別れたという話だった。
福田を巡って、その後輩と先輩とで修羅場があったらしいが、そういうのに疎い俺は当時あまりそれが分からなかった。
後で聞いて「そりゃ、すげえ!!」と思った。

2年生になったある日の授業、いつものように高本さんは俺の隣に座った。
なんかもじもじしている高本さんは、やおら話し出した。

「あのね、私ね、福田君と付き合い始めたんだ・・・」

「ああ、そ、そう?なんとなくそうかなーって」
「あ?やっぱり?わかっちゃってた?恥ずかしいなあ・・・」

「福田はねー、イケメンでクールで頭もいいし、最高だよね!」
「え、え、そんな、全然!!」

「それは福田に失礼だよー」
「そうだね、あはははは・・・みんなに冷やかされる前に言っておこうと思って」

「自分から言っても冷やかされると思うよ」
「そうだよねーあははははは」

1年が経ち、俺は普通に高本さんと話せるようになってはいた。
それで俺は内心の動揺を抑え、平然を装うことができた。
しかし俺はその日、アパートに帰って記憶がなくなるまで泣きながら酒を飲んだ。

次の日から授業やサークルに出るのが本当にきつかった。
高本さんの笑顔は全く変わらないのに、笑顔が俺に刺さるんだよ。

ゴールデンウィークが過ぎた頃、サークルの親しい仲間内で飲み会があった。
男ばかりで高本さんは当然居ないし、福田はこのモサイ集いには来ないw
同級生の中で福田と仲がいい“時田(仮名)”が、ホロ酔いになって話し始めた。

「そういや、福田の奴さあ、高本さんとやったらしいぜ!!」

この時が来るのは分かっていた。

しかし、聞いた瞬間、胃の中の物が逆流してトイレに駆け込んだ。
トイレで吐きながら考えた。
俺は話の続きが聞きたいのか、聞きたくないのか?

わからん!

だったら、もう流れに委ねよう。
俺は腹の中の物を全て便器にぶちまけると、腹をくくって席に戻った。
主席は高本さん話で盛り上がっているらしく、誰も俺のことには気づいてなかったようだった。

時田は「福田から色々聞きだすの大変だったんスよ~」とか言っていた。

確かに、福田はクールであまり人前で武勇伝を語るような奴ではない。
ここから先は、時田とその他の連中のやり取りになるのだが、冗長になるので俺の語りということで許して欲しい。

高本さんと福田は2月の末くらいから付き合い始めたらしい。
お嬢様女子高出身の高本さんは当然初めての彼氏だった。
キスまで行くのすら、一ヶ月かかったらしい。
そこまで我慢できるのが、まあクールなイケメンというか・・・。

高本さんは料理が趣味なので、福田はよく手料理が食べたいと言っていたのだそうだ。
しかし、高本さんは家にはお母さんと妹がいるから無理、と言っていた。

だが、4月の終わりのある日、高本さんは「明日は家に誰もいないから、ご飯作ってあげるね」と福田に言ったらしい。

ま、食うのはご飯だけじゃなくなるわけだが。

この時、福田は当然、あわよくばご飯だけではなく、ということでゴムもしっかり準備して行ったらしい。
人聞きなので詳しくはわからないが、その日、福田は焦らず、じっくり高本さんを落としたらしい。
ちょっとぽっちゃりの高本さんの肌はふにふにで、全身マシュマロみたいだったらしい。
しかも、白人のように肌が白く、きめ細やかだったそうだ。
その辺は、いつも見ていたし(と言っても一部)、ちょっと手が肌に触れた時にも「うっわ~、すんげーふにふに・・・」と俺も感じたことはちょっとだけある。

ああ、そうそう。
高本さんの部屋にはでっかいベッドがあって、さすがのクールな福田も「絶対ここで今日、高本さんの処女を奪う!」と内心意気込んだらしい。

やはり、高本さんのおっぱいはすごかったらしく「腕をパイずりできる」くらいだったらしい。

おっぱいは垂れてなくて張りがあり、乳輪は巨乳だけあって大きく、色は薄いグレー。
とにかく、福田は揉んで揉んで吸いに吸った、らしい。
福田は、フェラをさせたり、クンニしたりもしたかったらしいが、高本さんはかなり強く拒んだため、初エッチでは断念。
しかし、指は中に入れさせてくれた。

「濡れてるかチェックしないと。濡れてないと痛いよ?」とか言って。

中に指を入れてかき回すと初めて「あぁぁ・・」とアエギ声を高本さんはあげた。

高本さんの陰毛はもじゃもじゃで、逆三角形の陰毛がまるでビキニパンツみたいだったらしい。
色白の人って陰毛濃いよね。

福田が高本さんの腕を股間に誘導して、そそり立ったアレを握らせると、「こんなの入らない・・・」と高本さんは言った。
パンツを脱いでアレを高本さんに見せると、「絶対に無理・・・」と言って、かなり怯えた風だったという。

福田は「みんな入るんだから大丈夫」みたいなことを言って安心させ、いざ挿入。

やはり処女の高本さんは最初かなり痛がって泣いたらしい。
福田はDQNではないので「痛いなら今回はやめようか?」と言ったところ、高本さんは「もうちょっと頑張ってみる」ということでリトライ。

正常位からバックに体位を変えて挿入。
しかし、これでは高本さんの苦悶の表情は見えない。
そこで、わざわざ高本さんを化粧台の方に向かせたらしい。
バックから挿入すると案外すんなり入ったらしい。
この時、福田は高本さんの肛門と、処女を失う苦悶の表情を拝んだわけだ。

挿入が完了すると高本さんは「ちょっと痛い。この体勢は福田君が見えなくて怖い。くっついていて欲しい」と言うので、体位を正常位に戻して密着して、福田はゆっくりピストンを開始した。

結局、高本さんの痛みが最後まで引けなかったので、福田は中でいくことが出来ず、自分でしごいて高本さんの腹の上に射精。

精子を腹の上に出され、高本さんは非常に驚いた様子だったらしい。
精子の生物学的な役割は理解しているが、男の勃起したアレから勢いよく白いネバネバしたものが飛び出るのは想像もつかなかったらしい。
福田は、中でいくより精子が飛び出るのを見て驚く高本さんが見れてよかったらしい。

こうして高本さんは処女を失った。

俺は、とても陰鬱な気分になりながらも、福田に処女を奪われる高本さんの姿をその場で覗きをしている妄想をすると、アレが硬直したのだった。
陰鬱な気分になりながら俺は毎日それを妄想して、こいた。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

熟愛
最強媚薬エロティカセブン