新着情報

夫婦円満の秘訣はカップル喫茶

この体験談は約 3 分で読めます。

最近、私は夫とカップル喫茶に行くのが楽しみでしょうがありません。
最初は夫の誘いからでした。
私も興味がなかったわけではなかったので、一緒について行き、最初は相互鑑賞で満足していた私も、今ではスワッピングがないと満足できない身体になっています。

今回は若いカップルがお相手でした。
私たちより10歳も若い20代のカップルで、今回が2回目のようです。

「私たちみたいなおじさんおばさんでいいの?」と聞くと、彼女さんは「ご夫婦の方が安心します」と言ってくれました。

そうして最初はお互いのセックスを見せあいっこすることにしました。
それも個室同士ではなく、1つの個室に4人が集まって・・・。
私たちの静かなセックスとは違い2人はどんどん盛り上がって彼女さんは可愛い喘ぎ声を出しています。
夫は彼女を見て、私に同じような喘ぎ声を求めて、いつもより激しいセックスを求めてきました。
夫の興奮した姿と、いつも以上に激しいセックスに、新しい発見をしました。
私も彼女さんに負けないくらい大きな喘ぎ声を出し、最後は言葉にならない声で叫びながら絶頂に達しました。
夫も勢いよく発射して、私の顔にたっぷりと掛けてくれました。
そんなところを2人に見られて恥ずかしい思いもしましたが、彼らに「夫婦でそんなにすごいセックスしちゃうなんて羨ましいです」と言われた時は、私も夫も嬉しくなってしまいました。

そして次は、お互いに交換して始めます。
彼氏さんは私に「お願いします」と礼儀正しく、優しく抱き締めてくれて、優しい前戯をしてくれました。
夫も彼女さんの大きな胸に愛撫をして興奮しているのがわかりました。
私と目が合うと、少し恥ずかしがりながらも私が感じているところを見て興奮してくれているようです。

夫に感じさせてもらっている彼女さんが喘ぎ声を出し始めると、それを見た彼氏さんは興奮して私の身体を激しく求めてきました。
そんなお互いのカップルが視線を合わせながらするセックスは、これまでとは違う身体の交わりで、夫の視線を感じながらどんどん私の身体は感度を増していきました。
彼氏さんもいつの間にか彼女さんと目を合わせるのをやめ、私の胸やアソコをどんどんいやらしく愛撫し、とうとう彼氏さんのギンギンになった肉棒を私の奥まで挿入しました。
夫とは少し違う熱くなっている肉棒に私も感じてしまい、喘ぎ声が止まらなくなってしまいました。

夫は私の大きな喘ぎ声に気付き、こっちを見ています。
そして彼女さんに挿入して激しく腰を振って、彼女さんも大きな喘ぎ声を出して感じていました。
それからはもうお互いの視線が交差し、激しいセックスは止まりませんでした。
いつもはお相手の男性にイカされたことがない私も、10歳も離れた若々しい肉棒には勝てず、大声を叫んで絶頂に達しました。
夫もそんな私を待っていたかのように彼女さんに突き続け、彼女さんはビクンビクンとしながらイッてしまったのがわかりました。

彼女さん「めちゃくちゃ興奮しちゃいました」

彼氏さん「ご夫婦の激しいセックスが僕たちカップルをめちゃくちゃ興奮させてくれました」

私「こんな年になって、あんなはしたない声を出しちゃうなんて恥ずかしい。でも最高に感じました。ありがとう」

夫も私に、「久しぶりに新婚の時の激しいセックスを思い出しちゃったね」と言い、2人に「ありがとう」と言うと大満足しているようでした。

その夜、家に帰り、興奮が収まらない私たちは、さらに何度も何度も交わり、一晩中抱き合いました。

これだからカップル喫茶はやめられません。
夫婦円満の秘訣はカップル喫茶です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

即愛KING