たぶんM。でも・・・[前編]

この体験談は約 10 分で読めます。

仕事が退けたあと、食事に誘われて、帰りに車で送ってもらう途中の出来事。

生まれて初めて好きな人を裏切りました。
浮気です。

可能な限り思い出して書くつもりなので長いです。

相手は、Kさん。
当時30歳で、私より7つ上。
取引先の担当で、すごく仕事できる人。
独身でした。

以前から、たまに食事に誘われたり、お酒の席に呼ばれたりというのはあったのですが、二人っきりはなかったし、この日もそうでした。
車で送ってもらうのも何度かあったけど、いつも別に何もなく。
こっちに彼氏が居るのは向こうも知ってたので、いつも遅くなる前に帰してくれたし。

そんな感じだったので、少し油断してました。

路肩に車を停めて、自販機でお茶をおごってもらい、そのまま話をして。
恋愛話になり、彼氏の浮気で悩んでることをつい喋ってしまった。
そのうち妙な雰囲気になってきたというか、相談に乗るフリをされて、巧みに雰囲気を作られてしまって。

Kさんに恋愛感情は持ってませんでしたが、仕事では頼れる人として好意は持ってたし、彼のことでヘコんでいた時期だったので、『このまま口説かれたらどうなるんだろ』なんて考えてしまった。
少し投げやりでした。
私は、一人にのめり込むタイプで、今まで遊んだことがなくて。
その反動があったのかも。

「◯◯さんも、カレへの仕返しで浮気してみたら?」と言われ、シートベルト外してたので、あっという間に抱き寄せられて、キスされました。

振り向かせ方、唇を重ねるタイミングが上手で、強引だけど無理やりっぽさを感じないキス。
女性の扱いに慣れているのだと思います。

「やめてください」と抵抗したのですが、迷いがあって、拒みきれなかった。

「抵抗したいならしてもいいけど、絶対に抱くから」って真顔で言われて。

適度に強引なのと目力に弱いので、正直胸がときめくのを感じました。
今考えると、強引というより脅しですけど。
言葉とは裏腹に、抱き寄せる手は乱暴ではなく、触れる指先は優しかった。
逃がさない力加減を心得ているみたいな。
ついばむような軽いキスを何度も繰り返されて、少しずつ私の唇も開いていきました。

それでも理性を保たなきゃと思って、「私まで浮気したら、◯◯君と本当に壊れちゃう」と突き放そうとしたら、「彼を気にかけたままの◯◯さんとしたいな。そのほうが燃えるし」と返されました。

ずっと後で聞いたのですが、彼氏の話を持ち出した時の私の過敏な反応を見て、“煽れば乱れる”と思ったらしいです。
このあと、本当にその通りにされてしまうのですが。

Kさんがソフトタッチしながら、わざと彼のことを思い起こせるようなことを口にしてくると、背徳感が湧き上がってきて、踏み止まらなきゃって気持ちがどんどん薄れてくる。
判ってたことだけど、スキンシップに弱い。

「スイッチどこ?」って、ブラウスの上から胸の先っちょ探り当てられ、声を押し殺せなくなって。

「敏感だね。声、出ちゃうタイプなんだ?」
「感じ始めると目が潤むんだ。すっげーそそる」
「カレとする時もこうなの?」
「ヤられたいって顔してるよ」

えっちぃ言葉を次々に投げかけられて泣きそうになったけど、口では「イヤイヤ」言ってる自分と、心の中で『流されてもいい』と思ってる自分がいました。

体が目当てなのはすごく感じました。
でも、Mっけの強い私は、意地悪言われながら愛撫されるのがツボに入ってしまって。

正直、好きじゃない誰かと・・・と考えたことがないと言ったら嘘。
貞操観念が崩れたら、自分が流されやすい女だということに気づいてしまった。
再び抱き寄せられ、キスされたときに、私からKさんの首に抱きついて応じてしまいました。

もう、トロけそうで。
というか、体も心も完全に溶けてしまった。
オチました。
はっきり、Kさんに抱かれたいって思った。

それから、いいように体を触られて、「そんなにエッチな声で鳴いて・・『イヤ、ダメ』はどこ行ったの?」って煽られた。

スカートの中まで手が伸びて、ストッキング越しでしたが、敏感なところまで侵入を許してしまい。
両手を頭の上に拘束されて、成すがままです。
足を開いて受け入れている自分を、ただジッと見てた。

「見て。カレ以外の人にクリ攻められてるよ?こんなこと許していいの?」

容赦なく指を使われて、腰が跳ねてしまう。
イク寸前まで追い詰められ、ホテルに行くことを承諾させられました。

ホテルに着くまでの間も「意地悪されるの好きでしょ?」「30分後には俺の上で腰振ってるかも」とか、たっぷりいじめられました。

囁かれるように言われると、弱い。
Kさんも、それがわかったみたいです。

「彼女じゃないから手加減しないよ」って台詞が怖かったけど、なにをされるんだろう?ってドキドキした。

部屋に向かうエレベーターの中でも抱き締められて。
わざとかわかんないけど、私の体にアレが当たって、すごく硬くなっているのが判りました。
強く求められてるって判ったし。

“これからKさんとするんだ”って、イヤでも意識してしまった。

部屋に着いてから、Kさんが先にシャワーを浴びて、私は待つように言われました。
帰るチャンスかも、と考えながら、携帯に彼から連絡が来ないか待ってた。
夜勤なので、メール一本来るわけないのですが。

“彼が浮気したときは、どんな気持ちだったんだろう”と考えてた。

私に対する後ろめたさとかあったのかな。
それとも、単純に他の女の子としたかっただけなんだろうか、とか。

腰を上げることはできず、時間だけが過ぎていって。
結局、Kさんに身を任せたい気持ちが勝ってしまった。

ローブを羽織ったKさんがお風呂場から出てました。
立ち上がるように言われ、抱き締められてキスされた。
フレンチから始まって、私の反応を窺うように時間をかけてから舌を絡めてきて。
やっぱり、キス上手いなって。
私も自然に反応してしまった。
すごく長い時間キスしてたと思う。

スキンシップではない本気の愛撫に、全身の力を奪われていく。
支えてもらってないと立っていられないくらい。

「車の中でいい匂いがして、我慢できなかった。どんなふうに乱れるか楽しみ」って言われた。

「私・・Kさんを見る目、変わりそう」

少しだけ湧き上がった軽蔑感を、正直に口にしました。

「お互い様だろ。もっと気の強い子だと思ってたけど。押しに弱いと知ってれば、もっと早く迫ったのに」

「お尻ちっさいよね」って撫でられて、ピシャッて叩かれた。

そっか、なんでもないフリして、そういう目で見てたんだ。
男の人ってわかんないな、って思った。

シャワー浴びさせてくれないっぽいので、ちょっとイヤがったんだけど、「フェチだから、どうしてもスーツ着たままの◯◯さんとしたい」って言われて、そのまま。

ベッドに移ってから、「買ってあげるから」と言われ、ストッキングも破られてしまって。
こんなのいやって言ったけど、ホントは乱暴されてるみたいでちょっと興奮しました。

「彼氏に悪いと思ったら感じちゃダメだよ」

そう言われても、我慢できなくて。
彼の顔は浮かぶけど、『ゴメン』とか全然考えられない。

休みなく体の色んなところを同時に触られて、声を殺せずに身をよじるしかなくて。
Kさんが「弱いところだらけだね」と呟きました。
言葉でも責められて、どんどん淫らな気持ちが増していく。

いきなりストッキングの破れ目から下着をずらされてしまい、「ドロドロになってる」って言われた。
空気に触れたら、自分でも信じられないくらい濡れてるのが判りました。
それと、ライナー使ってるのがバレて、剥がされた。
恥ずかしかった。
脚を少しでも閉じると、力強い手でこじ開けられる。
好きな人以外に大事な部分を見られたことも、おもちゃにされて濡らされたことも悔しかったけど、溢れるのを止められない。

「鏡を見て」

Kさんの腕の中で翻弄される私が映ってた。

後ろから抱えられ、しなだれて、体を預けてる。
たくし上げたスカートの中を弄ぶようにKさんの指が踊っていて、絶え間なく喘いでいる私をジッと観察してるのがわかりました。
ローブを着たKさんと、着乱れた私。
対比がひどくいやらしくて、思わず見入ってしまった。

Kさんの指先が私の顔を撫で、唇を割って指が侵入してくる。
愛する人にするように、Kさんの指を吸い、舌で転がして、甘く噛む。

「本気になってきたね」とKさんが言いました。

膝立ちになるように促され、向かい合いながら、さっきよりも深く唇を求め合いました。

「キス、好き?」
「うん。チュー、弱い」

仕事での関係はすっかり崩れてしまって、いつしかKさんに甘えてる。

キスをしながら、Kさんがローブを脱いで裸に。
逞しくって、正直、カレより色濃いオトコを感じた。

手を導かれ、Kさんの股間に触れました。
もう、すごく硬く、大きくなってた。
熱かった。

“これで貫かれるんだ”って思った。

Kさんも、私のあの部分に指を触れる。
自分ではよく判らなかったけど、パンツがぐっしょり濡れて「冷たくなってる」って言われた。

互いの大事な部分を確認しあいながら、またどちらからともなくキスを交わす。
舌と舌を絡め合う音と、私の蜜の音。
二つの湿った音が交わって、耳を刺激する。
とにかくキスが上手くて、頭の中がぼーっとなる。
もっと欲しくなる。

切なくなってきて、私からKさんの首すじに唇をあてがって、ボディキスをしました。
もう、止まらなくなってた。

「思ってたより、ずっとやらしいんだね」

堕ちた私を見て、Kさんが言いました。

Kさんがゆっくり立ち上がり、気が付くと、前に跪いている自分がいました。
何をさせる気かわかったけど、すごく自然にそういうカタチになってしまって。

今までその人との初エッチでは口でしたことなかったので、そう伝えました。
そしたら、「そんなの関係ない」って、口元に突きつけられて、拒めなかった。

「いつもするようにして」と言われ、観念して、そのとおりに。

優しく髪を撫でられながら、手と口でKさんを愛しました。

最初は目を閉じてしてたんだけど、Kさんが時々切なそうな吐息を漏らすのが気になって、ふいに見上げると、私をじっと見つめてて。

恥ずかしくて顔を背けたら、「ダメ、してる顔みせて」って、頬に押し当ててきた。

無理っぽく口に押し込むようなことはしてこない。
私が自分から唇を開くの待っているみたいで。
仕方なく、またKさんを口に含みました。

「こっち見ながらして」

視線を痛いほど感じながら、時折見上げる。
見下ろされてるのが屈辱的だったけど、逆らえずに従っていると、次第に倒錯感が次第に増していく。

「すっげーやらしい目してる。◯◯さん、フェラするとメスになるんだ」

もう、頭の中がぐちゃぐちゃでした。

とうとう、その瞬間が。
ソファーに連れて行かれ、腰をかけた状態で脚を広げられました。

「入れるよ。覚悟できた?」

問いかけに返事はしなかったと思うけど、どうしようもない切なさに心が支配されていて。
Kさんがゆっくり浸入してきて、奥まで届く。

「やだ」って反射的に口にしてしまったみたい。

「イヤなの?もう根元までいってるよ」

そう言われた瞬間、背中が“ぞわっ”とした。

自分でも、わかる。
いつもと違う感じがする。
彼じゃない人に征服されてる後ろめたさと、満たされた感覚でおかしくなりそうでした。

ゆっくりゆっくり、Kさんが私を味わうように、焦らすように動き始める。
ただ激しくされるより、ずっと好き。

私の髪を両手で撫でながら、じっと見つめてきて、私も見つめ返す。

「キスして」って言わなくても、仕草で判ってくれる。

私、自分から唇を開いて、キスを待ってる。
Kさん、エッチ上手すぎる。

溺れる私を見て「感じてくれて嬉しい」とKさんが言いました。
私はいっぱいいっぱいなのに、どうしてそんなに余裕なんだろう。
不思議で仕方なかった。

『私の中、気持ちよくないのかな』とか、余計なことを考えてしまった。
聞こうかと思ったけど、Kさんにも気持ちよくなって欲しいと思ってる自分に自己嫌悪して、黙ってた。

突然、「今、誰のオンナなの?」って問いただされて、答えずにいたら、一突きされて泣かされた。

「見て。俺が刺さってる」
「Kさん、エロすぎだよ」
「好きでもない男にアソコ楽しまれちゃってるね、ほら」

繋がっている部分を見せつけられて、じっくり何度も掻き回される。
Kさんが埋めるてくるたびに、やらしい音がしてた。
下着をつけたままなのも卑猥で。
わざわざソファーに移動したのは、見せ付けるためだったのかもしれない。
ホントに楽しまれてる、弄ばれてる、って思うと胸が苦しくなった。
視覚でも音でも言葉でも、気が遠くなりそうになるくらい背徳感を煽られました。

「誰のオンナか答えて」

「いや」

また急に深く打ち込まれる。
私を翻弄したいときや質問の答えを言わせたいところで、わざとピッチを上げてくる。
不意打ちされて、私が高い声で乱れる。

「お願い。意地悪しないで」

「彼女じゃないから手加減しないって言っただろ」
「・・・」

「今は、誰のオンナ?」

諦めて、「今はKさんに抱かれてる」って答えました。

Kさんは満足したのか、「ベッドでしよ」と、私をだっこしてくれました。

それから、卑猥なことを言われたり、裏切りの言葉を口にさせられつつ、ゆっくりと互いの体温を確かめるような、今まで無かったくらい密着度の高いSEXに溶かされてしまった。

私がKさんの上になったとき・・・。

「さっき言ったとおり、腰振ってる」

そう言われて、恥ずかしくて死にそうだった。

でも言葉でいじめるけど、強い口調ではなくて、不快ではありませんでした。
もしも、もっとキツい命令調だったら、耐えられなかったと思う。
優しく囁くように意地悪してくるので、たまらない気持ちになる。
言葉でいじめた後も、「頑張って言ってくれたね」とか、フォローしてくれるし。
いじめられっぱなしじゃないから、気が緩んでしまう。

行為も、私を追い詰めるとか、Kさんがイクとき以外はそれほど激しいって感じじゃなかった。
自分本位にするのじゃなくて、私に合わせて雰囲気を作ってくれてるのを感じました。

繋がったままお話して、何度もキスして、無言で長い時間舌を絡め合って、またお話して。
不意に荒々しくされると、ねじ伏せられるような気がして、なおさら溺れてしまう。
体験したことのない時間でした。

私が寸前まで高まっていることが判ったのだと思います。

「後悔してる?しても遅いよ」

急にマジ顔でスパートかけてきて。
罪の意識が一気に膨らんで、はじけてしまった。

怖くなって「やだ」って身をよじったら、強く押さえつけられた。

快感に抗えず、カレとは違う男の人の腕の中で、ついに果ててしまいました。

耳元で「イッた?」と囁くのが聞こえてきました。
答えませんでしたが、ヤバイくらい深く達したことで涙がこぼれてきて。
Kさんはまだイッてなかったんですけど、「落ち着くまでシャワー浴びよう」と言われて、お風呂場へ。

おっぱい隠してたら、「イマドキの女子にしては恥ずかしがりだよね」って手を退かされた。

それから、シャワーで汗を流し、私をなだめるように、仕事のこととか割とフツーのお喋り。
体を洗ってもらうときに、「縦ベソだ」っておヘソをツンツンされました。

私が落ち着きを取り戻したところで、「おいで」って言われて。
抱っこされて、Kさんと再び繋がりました。
愛する人とする一番好きなカタチなので、複雑な気分だったけど。

不意に「さっき、イッたよね?」と聞かれて、認めてしまいました。

「彼氏と比べて、どうなの?」
「・・・」

「答えて」
「どうして彼のことばっかり言うんですか」

「◯◯さんが濡れるから」
「やめて、おかしくなっちゃう」

「おかしくなるくらいイイんだ?」

「ヤバイくらい感じてる」って、言ってしまった。

服を着ていたさっきと違い、濡れたカラダが密着して、ぬるぬるが気持ちいい。

「『Kさん、いいよ』って言って」
「Kさん、いいよ」

「彼氏より?」
「・・・」

「どうなの?教えて」
「・・・◯◯君とするより、いいの。すごく感じる」

「今日は、ゆっくりして大丈夫なんだよね?」
「・・・」

数瞬躊躇ったけど、結局頷いてしまいました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!