テニス部帰りの美少女に襲いかかった何本もの指たち

この体験談は約 4 分で読めます。

今年の夏のことだった。
駅にすごくきれいな子がいた。
年はよく分からないが、まだ10代だろう。
何かの大会の帰りらしく、ジャージ姿でラケットを抱えて友達と談笑している。
そばに寄ってみると話の中身まで聞こえてきた。
2人とも可愛い声でよく笑う子達だ。
2人とも“女の子”というイメージがぴったりする。
コギャルとは違う、いい子ちゃんみたいだった。

友達の方も結構可愛いとは思ったが、彼女は別格だ。
こんな言葉は最近頭に浮かんだことはなかったが、“可憐”な感じがする。
ほっそりした美形だが、顔の表情は柔らかくて優しそうな子だ。
アイドル系ともちょっと違う。
髪はあごくらいまでの長さで、首が見えているのも新鮮な感じがした。
最近の子はみんな髪を長くしているからね。
顔を覗き見しているうちにどす黒いものが沸き起こってきた。

(この子を痴漢してやりたい)

そう思っていると、その子は友達と別れて改札に入っていくではないか。

(やった!)

思惑通りで下半身が高ぶってくる。
こんな格好で電車に乗るくらいだ。
きっと今まで痴漢されたことがないんだろう。
こんな格好で乗れば普通は餌食だ。
さっきまではしゃいでいた、このあどけないきれいな子が、俺の指で快楽を味わって感じまくるのかと思うとギンギンになってくる。

電車に乗るとき、ちょっと戸惑っていたみたいだが、後ろから押し込んで無理やり乗せてしまった。
さあ!と思っていると、何人もこの子にくっつこうとしていた。
この子、目立つからなあ。
まあ無理もないが、ここで外されてはたまらないので必死に横の位置をキープした。

彼女の身体に密着する。
間近で見ると本当にきれいな子で優しそうな顔をしている。
きれいすぎて息苦しい。
まつげが長い目にゾクゾクする。
白いうなじに口を付けたくなる衝動を抑えて、その先にある胸の膨らみを想像する。
俺は鬼だな。

すると彼女は見る見るうちに顔を赤くして下を向いてしまった。
どうやら他の男たちに先を越されたらしい。
手をジャージに潜入させると、予想していたがビックリした。
もう何本もの手が彼女のパンティを這っていたのだ。
周りを見ると5~6人くらいが俺と一緒に彼女を取り囲んでいた。
これは周りに怪しまれるかとは思ったが、こんな可愛い子は逃したくない。
結局、一緒になって彼女を触ることにした。

彼女の足が震えている。
やっぱり可愛いぞ。
顔を見たかったが、下を向いてしまってよく見えない。
色白の顔どころか首まで真っ赤にしている。

(そうかそうか、恥ずかしいのか。それじゃあ気持ちよくしてやるからな)

俺はパンティの横から指を入れて割れ目を触ると、前と後ろの男はパンティの上から手を入れて触っている。
俺と同じようにパンティの脇から指を入れている奴もいる。
思ったより手が彼女の股間に密集してきたところをみると、両手で触っている奴もいるようだ。
俺はそこまではできなかった。

ジャージは何ともないのに、パンティは揉みくちゃになった。
何人もの指が割れ目を可愛がってるんだ。
これで感じないわけがない。
見る見るうちに濡れてきた。
指を優しくくねらせてやると足にキュッと力が入って、唇をギュッと結んだ。
時々彼女がピクッとしているのは、誰かにクリトリスを責められているんだろう。
彼女の割れ目は他の男たちと俺に甚振られて、すっかりトロトロになってきた。

俺の手だけでこうしてやりたかったんだが、まあいい。
こんな子の割れ目を苛めているだけで満足だ。
たくさんの手が彼女の身体を這っているのが俺の身体にも伝わってきてよく分かる。
逃げることができない状況だから、たっぷりと触ることができるし、たっぷりと感じさせることができる。

痴漢って興奮するよなあ。
この状況をビデオにしたら凄く売れるんだろうなあ。
ほんと、その辺のビデオがカスに思えるよね。

俺たちの指の攻撃に彼女はラケットを胸にしっかり抱いて耐えている。
どんな快楽を味わっているんだ?
今まで経験ないだろ?
結構濡れているぜ。
気持ちいいんだろ?
もっともっと感じさせてやろうか。
ほらほら、痴漢されて感じるってどんな気分だ。
こうするともっといいだろ。

心の中で話しかけながら、トロトロの割れ目を激しくならない程度に掻き回して、心ゆくまで嬲ってやった。
彼女は一瞬ラケットに顔を伏せようとしたが、できなかったようだ。
彼女の反応を見ているうちに、ベッドの上での反応に見えてきて俺の妄想も膨らんできた。

(この割れ目を目の前で見てみたい)

押さえつけて、足を無理やり開かせて、舌を中に入れてかき混ぜたら、どんな反応をするんだろう?
それでも、こんなふうに唇をギュッと結んで耐えるのか?
その方がいいな。
それだったら何時間も舌で責め続けて、最初の一声を漏らさせてやる。
彼女は自分の声に恥ずかしがるだろうが、もっともっと声が出て乱れまくるまで舐め続けてやる。
全身を舐めて舐めて舐めまくってイカせてやる。
そうだな、服は着たままがいいな。

そのとき、横顔だが表情が見えた。
目に涙を溜めているのか、ただ潤んでいるのか分からないが、すごく色っぽい顔になっている。
『女』の顔だ。
この表情を見ているうちに、さっきのあどけない様子とのギャップにたまらなくなってきて暴発してしまった。
コンドームはつけていなかったのでズボンの中は気持ち悪かったが、すごく満足した。
きれいなものを汚した満足感に酔ったような。

彼女はフラフラしながら電車を降りていった。
後になって追いかければ良かったと思うが、まあいい。
降りた駅は分かっている。
ときどき張ってみようか。
次に会ったら俺のもの。

そう思ってしばらく張ってみたが、彼女に会うことはできなかった。
やっぱり追いかけておけばよかった。
電車に乗ったのはあの日だけだったのか。
日増しに彼女のことが気になる。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!