新着情報

グラマラスな体に不釣り合いなロリ顔がそそる親友の嫁と

この体験談は約 3 分で読めます。

先々月の中程の土曜、酒の飲めない俺が運転して親友夫婦と食事に行ってきた。
親友は夫婦揃って酒好きで、かなりの量を飲んでいた。
そろそろ帰るか・・・と、まだ飲み足らなそうな親友を促して店を出た。
帰りの車の中でも、「もう少し飲みたかった」と言うので、親友宅で飲み直すことにした。
コンビニでビールと日本酒とツマミを買い込んで親友宅へ。

飲み始めて1時間程経ったら親友轟沈。
リビングのソファーで爆睡しやがった。
奥さんが毛布を旦那に掛け、俺もそろそろ帰ろうかと思ったら、奥さんに泊まって行くよう言われた。
正直帰るの面倒臭かったから素直に泊めてもらった。

改めて奥さんと飲み直し。
と言っても俺は飲めないからお茶オンリー。
10分程したら奥さんが俺の横に座ってきた。
グラマラスな身体に似合わない程のロリ顔で、少しずつ旦那の愚痴をこぼし始めた。
そうこうしてるうちに奥さんがしな垂れかかってきて、何か妖しい雰囲気になった。

(可愛いとは言え、親友の嫁だからな・・・)

なんて思いで葛藤してたら、奥さんからキスしてきた。
もう親友の嫁なんて言ってられる精神状態じゃなくなって、思い切り舌を絡ませた。

「ここじゃ何だからベッドに行きませんか?」って言ったんだが、お構いなしにキスしてきて、もう奥さんは止められない状態だった。

旦那が寝てるソファーの向かいのソファーでキスしたまま、お互いに上着を脱がせ、一旦離れて全裸になった。
親友が目を覚ましたら大修羅場だというシチュエーションが、一層興奮度を高めてくれる。
お互いのアソコを弄りながら、ねっとり絡みつくような激しいキスを繰り返してからシックスナインの体勢になった。
少しビラビラが大きいけど綺麗なマンコに吸い付き、奥さんも俺のチンポにむしゃぶりついてきた。
奥さんの舌使いとバキュームが凄くてすぐにイキそうになっちまった。

フェラを止めてもらって騎乗位で入れてもらったが、ここでも奥さんの腰使いが炸裂してかなり焦った。
せっかくのエッチだからもっと楽しみたいからね。

奥さん曰く、親友はかなり淡白で毎日欲求不満らしい。
溜まり過ぎておかしくなりそうな時に俺とのチャンスが来たと・・・。
以前から俺をちょっと気になっていたのと、俺も奥さんのことを気に入ってるのが分かってて誘ってきたんだと・・・。

奥さんに主導権を握らせたらヤバいと思って、今度は俺が動くことにした。
旦那のすぐ横に連れて行き、立ちバックで挿入。
旦那の顔の前には俺のチンポで突かれて喘ぐ嫁・・・。
異常なシチュエーションに奥さんは更に興奮してマンコはビシャビシャ。

次は片足を抱えて横から挿入して突きまくったら、奥さん立っていられなくなったんで駅弁に移行。
突くたびにビチャビチャと音を立てるくらいマンコは大洪水。
今にも意識飛びそうな感じのアヘ顔で喘いでるから、ディープキスで口を塞いだ。
奥さんはもう自分から舌を絡める余裕もない程で、まさに生きてるダッチワイフだった。
面白いから動きを止めてみたらビクビクしてるんで、聞いたらもう4回程イッてたらしい。

ちょっとしゃがんで旦那の顔に結合部を近づけた。
旦那の息が結合部にかかる位の距離まで持っていき、奥さんを言葉責めしたら焦りながらもまたイッた。
駅弁も疲れたから旦那ソファーの横の床に寝かせ、正常位でガンガン突いた。
で、問答無用で中出し決めたらまた奥さんイッた。

腰がガクガクになった奥さんをお姫様抱っこして浴室へ。
服とかリビングに散乱させたままだったから、入浴中に親友が起きたら大変だっただろうな・・・大丈夫だったけど。
俺と親友のどっちが旦那か分からないくらい、風呂でもイチャイチャした。

俺という相手が出来た事で奥さんの欲求不満は解消されたみたいで、「また抱いて下さい」と言われた。
俺もこんな可愛い奥さんとなら是非って事で二つ返事で了承。
週に3回、夕方こっそり会ってセックスしてる。

そろそろ本気で孕ませようかと思ってたら、先週会った時に奥さんからも、「赤ちゃんが欲しい」と言われた。
なので危険日前の1週間は会わずに我慢し、その時に特濃精子を中出しすると約束した。
上手くいけば奥さんは来年、俺の子供を産む予定。

【コミックシーモアBL】好きなだけ感じてごらん?(1巻無料)
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

出会いプレステージ
最強媚薬エロティカセブン