新着情報

憧れてたモデルみたいに綺麗な子をハワイでイカせまくった

この体験談は約 7 分で読めます。

大学4年の卒業旅行にハワイへ行った時の話です。
本当は男6人で行く予定でしたが、ゼミやらサークルなんかの関係で18人が行くことになりました。
とは言っても18人が同じ飛行機、同じコンドミニアムではありませんけど。

18人中、女の子は7人いました。
全員見た事はあっても、仲が良い子達ではありません。
中にはカップルで参加しているヤツもいたぐらいでした。
実はその7人の中に、密かに思いを寄せていた女の子がいました。

名前はユカリ。
スラッとした170cm近い身長と、均等の取れたスタイルの子です。
メイク次第では安室奈美恵に似ていて、素人モデルみたいな事もしていると言っていました。
確実にモテない君の俺は眼中にないのも当然で、ただの片想いというか憧れでした。
そんなユカリも来るもんだから、男たちのテンションもヤバかったです。
ハワイ滞在2日目、朝食をとっていると、ユカリと2人の女の子がやってきました。

「坂本って今日ハワイアンジュエリー買いに行くんだよね?」
「うん、そ~だよ」

「じゃアタシ達も連れて行ってくれない?」
「いいよ、午前中に行く予定なんだけど」

ひょんな事で、俺はユカリを含めた女の子3人と行動することになった。
みんなそれぞれマリンスポーツとか予約入れちゃってて、行きたがったけど結局4人で行った。

余談だけど、向かった店は俺が何度か来ているお店。
日系の40代ぐらいのオジサンがやっている店です。
なぜか気に入られて、行けば無理な頼みも聞いてくれる人でした。
例えば2日で名前とか全部を仕上げてくれたりとか。

なぜかオフィスビルの中にあるその店に着き、店長と談笑しながら物色していました。
やっぱり店長も男なので、「なに?全員お前の彼女か?」と興味津々です。
俺の言動でユカリが好きなのは一発で見抜かれました。

「今日の夜、食事に行こう!大丈夫だって、うまくやれるよ」

外国人特有の陽気なノリで、俺とユカリ達は食事に誘われました。
ジュエリーも気に入ってご満悦だったらしく、全員が喜んでOKでした。

その後はユカリ達と別行動になり、夜19時過ぎに店長が迎えに来ました。
歩いてちょっと怪しげな店に連れて行かれましたが、メシも酒も美味い店でした。
店長は会話が上手くて、ユカリ達はいつも以上に飲んでいたと思います。
そろそろ帰ろうか?となってトイレに行ったら、店長が遅れてやってきました。

「あの子達の部屋で飲むよ!一緒に行こう」

簡単に誘って、簡単に部屋にまで上がり込む約束まで・・・さすがでした。

そのまま俺たちはユカリ達が泊まっているホテルの部屋へ行きました。
そこで2時間ぐらい飲んだ時、店長に言われたんです。

「このあと誘っちゃえよ。絶対大丈夫だから。俺を信じろ」

「それは無いでしょ。誘ってもどこに行ったら良いのか分からないし」

「それは俺に任せろって!うまくやれよ?」

なぜかその笑顔は信用できて、どうせ卒業したらユカリとも会わないしと思い、誘ってみることにしました。
それから1時間ぐらいかな、いきなり店長が買出しに行くって言って、ユカリ以外の2人を連れ出していきました。
店長の計らいでユカリと2人っきりになったわけですが、いきなり誘う事もできず世間話をしていました。

しばらく普通に喋っていたけど、ユカリの態度が少し変なことに気が付きました。
なんというか、モジモジソワソワしている感じでした。
でも、ただ酔っ払っているんだろうって思っていたんです。

「ちょっと外に出てるね~」

広めのベランダに出て行ったユカリを尻目に、俺は何もできず無言で酒を飲んでました。
10分ぐらいしても戻って来ないので、ビールを持ってベランダに出てみました。
ユカリは椅子に腰かけていて、なんと寝ている?!
いくらハワイでも夜だと寒いので、俺は起こしました。

「ちょっと、こんなとこで寝たら風邪ひくぞ」

「う・・・ん・・・」

「立てないのか?部屋に入った方がいいって」

グッタリしたまま起きないので、しょうがないから無理やり肩に担いで運びました。
俺に全を任せているので、胸の膨らみがムニュムニュ当たるんです。
それでもほんの数歩でベッドですから、夢はすぐに終わりました。
まずベッドに腰掛け、布団を捲り、腕を外して横にさせようとしました。

もう突然でした。
寝かせて布団を掛けようとした瞬間、いきなり下から抱き付かれたんです。
しかもその抱き付き方がヤバかった。
ユカリは頬を俺の耳辺りに擦りつけてくるんです。
ズリズリズリズリと激しく擦りつけてくるんです。
思わず俺も抱き付いてしまいました。

そこからが信じられない事の起こりまくりでした。
頬を擦りつけてきていたユカリが、問答無用な激しいキスをしてきたんです。
キスっていうか俺の唇にむしゃぶりつくというか。

「はぁぅんっ・・・はぁうぅ・・・っ」

セクシーボイスを発しながら舌をベロベロと入れてくるんです。
大学4年間見てきたユカリは素っ飛び、ケダモノのようになったユカリが目の前にいました。
何が何だか分からず、それでも俺はTシャツを捲り上げて強引にブラをズラして、乳首に吸い付きました。
初めて見るユカリの胸はCカップぐらいで、真っ白で、水着のラインが薄っすらと入っていました。
ショートパンツ姿だったので、パンツの上からクリトリスを手の平で押さえるように圧迫しながら擦りあげました。
もう無我夢中だったんです。

ユカリは「うぅんっ・・うんっんっ・・」と呻きながら、乳首に吸い付く俺の頭を抱き締めていました。

手際悪くショートパンツを脱がせ、パンツを見ると異常なぐらい染みができてグショグショに濡れていました。
それを見て興奮し、一気にパンツを脱がせました。
ユカリも脱ぎたいらしく、お尻をあげて脱がせやすい体勢になってくれました。
激しいキスをしながら指を入れ、キツキツのオマンコを体感。
指を入れてからの悶えっぷりは、ちょい引くぐらいでした。
痛くなるほど俺の舌をしゃぶるし、腰はガクガクブルブル状態でした。
指を2本にしてオマンコに入れてGスポット付近を擦ると・・・。

「いやぁっ!そこ、いいっ!すごいっ!!ああっ、あ、ああっ!だめぇ、おかしくなっちゃうっ!!だって、いいんだもんっ、あぁ、イッちゃう、イッちゃうぅ!」

ビックリするほど簡単にイッてしまったんです。
それがまた激しくて、舌を吸いながらなのに腰を浮かせてエビ反り気味になりながらイッていました。

「んん・・・っ、やぁ・・・ああっ気持ち・・・イイっ・・・、あぁ・・・っ、あっ、熱いっ!熱いいぃーっ!あんっ!ダメッ!またイッちゃう!あっ!あっ!イクッ!イッちゃう~あ~!」

それを皮切りに、ユカリは狂ったように呻きながら何度もイッていました。
5回か6回絶頂を繰り返し、最後はグッタリしてしまいました。
こんなに激しくイク女の子は初めてです。
しかも憧れの子だったから俺の息子もギンギンではち切れんばかり。
ぐったりするユカリの横で、俺は急いで全裸になりました。
どうせみんなが帰ってくる時は、鍵を持っていないからインターホン鳴るしと思って。

放心状態のユカリの顔に息子を近づけると、焦点の合わない虚ろな目をしたまま息子を握り、そしてフェラを開始。
もう死んでもいい!って思いました。
俺の息子を頬を凹ませながら、時々舌でペロペロしながらしゃぶるユカリの姿。
初めのうちはゆっくりでしたが、次第にペースが上がり、本格的にフェラが始まりました。
俺はベッドの横に立ち、ユカリは正座するような姿勢です。
このまま口に出そうか迷いました。
ゴムも持ってないし、いつみんなが帰ってくるかも分からなかったから。

それでもやっぱり入れたいと思い、フェラを中断させてユカリを押し倒しました。
ユカリはまた俺にキスをしてきて、身体を自ら密着させてきます。
しかも腰を動かしていて、自ら入れようとでもしているかのようでした。

「いいの?」

「んっ・・・欲しいっ・・・」

ベチョベチョに濡れまくったオマンコに亀頭を当てると、ユカリの動きで簡単に息子が半分入っていきました。
ユカリは歯を食いしばりながら下で勝手に腰を動かし始めます。
もう近寄りがたかった美人のユカリではありませんでした。
AVとかでよく見る、淫乱丸出しの熟女のような卑猥さでした。
一気に根元まで突き刺し、初めっから激しく突きまくりました。
突き始めてまだ数分も経っていないのに、またユカリは呻きながらエビ反りになり絶頂。
ガチガチに勃起していたので、亀頭が子宮にゴリゴリ当たりまくっていました。

こんなこと言うのもなんですが、俺の息子ってちょっとデカいんです。
よく宝の持ち腐れって言われてるんですが、完全に勃起すると18cmぐらいあります。
太さもあって、歴代の彼女たちには痛がられたりするほどでした。
その息子を根元まで入れ、出し入れするとイキそうだったので、子宮攻撃に切り替えました。
これが良かったらしく、ユカリはまた狂ったようにイキまくりました。
途中からはイッた後ぐったりして、ビックンビクン痙攣し、そしてすぐ覚醒してまた痙攣するんです。
声も出ないらしく、口だけがパクパクと動いていました。

捲り上げたTシャツの下に押し潰されたようなオッパイを舐めまくり、気が付けばユカリは手をバタバタさせていました。
ベッドをバタバタ叩くので思わず動きを止めました。
アレっ?と思って息子を抜いた瞬間、また痙攣して完全に失神してしまいました。
口の端からはヨダレがタラリと流れ、瞼をピクピクさせながら白目だったんです。
マジで怖かったです。

やべっ!と思って肩を揺すったり顔を軽く叩いたりしました。
何度目かの呼びかけにやっと目覚めてくれたのでホッとしました。
このままじゃヤバいかもって思い、また正常位で合体してひたすら腰を振りました。
何度かユカリは痙攣していましたが、俺は自分がイク事に専念したんです。
そのせいもあってすぐにイッてしまいました。
お腹の上に大量にぶちまけてしまいました。
その後ユカリは一応服は着たようですが、布団に入ったまま寝てしまいました。
寝たというか、力尽きたって感じでした。

時計を見るとみんなが出掛けてから1時間以上経っていました。
一向に戻ってこないので携帯に電話をすると、なんと店長が電話に出ました。
しかも、「ハッ・・・!・・・ハッ!・・・ハッ!」息を切らしながらです。
朝になって3人が戻ってきたので聞いてみると、2人を自宅に連れて行って、1人とヤってたらしいんです。
1人はベッドで寝ていて、2人でソファーで楽しんだと。
その女の子には、「絶対誰にも言わないで」と口止めされてしまいましたが(笑)

ユカリはというと、次の日からも何事もなかったかのような態度でした。
でも帰国してからすぐにメールするようになり、帰って来てからも肉体関係は続きました。
ユカリには彼氏がいるので、俺とはセフレだとキッパリ宣言されてましたけど。
俺の息子を気に入ったらしく、しかも俺には遠慮しないで済むらしく、日本でも淫乱丸出しでした。
おかげで卒業してからも1年ぐらいは、まるで奴隷のようなセフレとして付き合って行きました。

ま、最後は呆気なく終わりましたけどね。

【コミックシーモアTL】イジメラレ体質【縦読み/1巻10円】
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

新妻・熟女の不倫掲示板
最強媚薬エロティカセブン