新着情報

娘の白人家庭教師の上で腰を振っていた五十路の妻

この体験談は約 5 分で読めます。

私が52歳で、妻が51歳の五十路夫婦です。
娘が二人いて、長女が大学一年、次女が中学三年の平凡な家庭でした。

ちょうど一年前に近所の奥さんから忠告を受けたのです。
私の妻が娘の家庭教師と平日の真っ昼間、自宅で浮気をしているのでは?というものでした。

娘の家庭教師は、外国人なんです。
同じ市にある米軍の軍人で、妻の友人からの紹介でした。
白人で、かなりのいい体格で、イケメンタイプでした。

私は信じられず平日会社を休み庭から、家の中を覗くことにしました。
見て愕然としました。
平然と裸で室内を歩き、白人家庭教師の上に乗り、騎乗位で腰を振っている妻の姿が飛び込んできたのです。

彼を仮に『マイク』とさせてください。
妻は『美世子』にします。

マイクは妻を後ろから私のペニスとは比べ物にならないデカマラで突いていました。

「美世子、おー」
「中はだめ」

「美世子、いいだろ、結婚するんだから」
「だめ!だめよ、絶対」

妻はマイクのペニスを美味しそうに舐めて射精させていました。

「おー美世子、あなたは素敵です!」

お掃除フェラまで済ませた後、2人は激しくキスを交わしたのです。
私の怒りは頂点に達していました。
後は覚えていません。
私は趣味でしているソフトボールのバットでマイクの後ろから力一杯殴り付けていました。

「おー」と悶えるマイクを何回も殴り付けていました。

「あなた、やめて、あなた」

体勢を立て直したマイクが片言の日本語で、「誰だ!」と聞いてきます。
私は妻を指差して、「私の妻だ、夫だ!文句があるか!」と怒鳴りました。
妻がマイクを諭し、しばらくしてやっとマイクが帰りました。
私は、まだ裸のままの妻を何回も叩いていました。
妻が泣こうが喚こうが私には聞こえませんでした。
これまで私は妻を叩いたこともなければ、声を荒げたことさえありませんでした。
妻は恐らく恐怖していたのだと思います。
妻は恐怖で失禁までしていました。

昼になり、やっと少し例になった私は、妻から話を聞きました。
妻によれば、家庭教師を始めて1ヶ月した頃に、マイクは妻に告白をしたそうです。

「美世子、貴方を愛してしまった」と。

マイクは40歳で、自国で奥さんが亡くなったばかりで、など色んな話をしたそうです。
だんだんと妻と打ち解け、妻はそれでも、「夫と子供たちが大事です!裏切れない!」と拒絶していたと言いました。
そしてマイクは帰国前、「一度抱きたい!思い出に」と迫ったようです。
それでも妻は断るつもりで話していると、妻を押し倒して犯した、いや抱いたのです。
彼のすごい力と巧みな言葉であっという間に時間が過ぎたようです。
今日で妻との密会は一ヶ月に及びました。

「一度だけ」の約束は嘘になり、娘の家庭教師はそっちのけで訪問を続け、妻を口説きまくっていたのでした。

ある時は、炊事をしている妻を、シャワーを浴びている妻を、迫って抱いたようです。
こうして妻は、私も娘もいない日中、マイクに抱かれ続けました。

娘も悩んでいたようです。
私に話そうかと。
家庭教師の日でも、マイクの妻へのスキンシップは目に余るものだったのです。

マイクは事あるごとに、私との離婚を要求していました。
妻は年齢よりも若く見られ、胸は小振りですが、ママさんバレーで鍛えてスタイルも整っています。
私はなぜか泣いていました。

「で、どうしたいんだ?お前は、こんなつまらん俺やその子供たちを捨てて、セックスへ生きるのか!離婚して彼とアメリカへ行きたいのか?」

妻も泣いています。

「わからない、わからない!」

「俺は疲れたよ・・・」

私は静かにタオルを妻に渡して、「叩いて悪かったな!」と言いました。

「あなた」

妻は私を見ています。
また泣き出しました。
私は部屋を出て、大泣きをしていました。

私は会社に休暇願いを出しました。
幸いプロジェクトが終わったばかりで休めたのです。
食欲もなく庭でボーとしていました。

一週間経った頃、私は妻に話しました。
会社を辞めて田舎で暮らそうと思うと。
娘にも話して納得していると。
もう私の頭には離婚しかありませんでした。

妻は泣きながら話し始めました。

「離婚する前にあなたにもう一度抱かれたい」と。

今となっては、なぜ妻が私に抱かれたいと思ったか不思議ですが・・・。
私は妻の申し出を受けました。

真昼に会社をさぼってするセックスは私を興奮させていました。
その後に辛い別れがあるにせよです。
妻はシャワーを浴びて布団へ入ってきました。
タオルを取ると綺麗な乳房がプルンと出てきました。
私は丁寧に愛撫をしました。
妻のあそこに手を入れると、白い液体が粘りを帯びて糸を引いていました。

「感じてくれているね!」

妻は赤らめて顔を覆いました。
私はそこを丁寧に舐めました。
そして私は静かにペニスを入れていきました。
彼ほど大きくはありません。
ただ、夢中でした。

「あなた・・・いい、あなたが大好き、ごめんね、ごめんね」

思えば最近妻とのセックスは暗闇で儀礼的で、妻を見つめることなどありませんでした。
妻の白い肌がピンクに染まり私を興奮させていました。
妻を離したくないと思うのですが、意地で言えない自分がいるのです。
悔しくて私も泣きながら、「いくよ!」と最後は号泣しながら妻の中で出していました。
しばらく余韻に浸った後、私は我に返りました。

「おい、美世子、子供が出来たらまずいだろ?」

妻は私を抱き締めて言いました。

「あなたが私をもし許してくれるなら、私も田舎でやり直したい、こんな家はいらないから」

私は妻を抱き締めて、また抱いていました。
夕方まで抱いて、話したりしていました。

しばらくして、マイクを家に呼んで話をしました。
マイクは、「妻は自分を愛していて、あなたとの離婚を望んでる!」と力説します。
妻がお茶を出してきた時、マイクは妻を強引に抱き寄せようとしました。
私が手を出す前に妻が叫んでいました。

「やめて!マイク、触らないで!」

そして妻は私の側に座りました。

「これが私の座るところよ!」

「美世子、あなたは嘘を?セックスは素敵って!」

マイクにとっても妻は素敵な女だったんです。
妻はマイクを叩いていました。

「私は彼の妻なの、娘たちの母親なの!そしてもう一人・・・ここに」

顔を赤らめて私に報告したのです。

「え?ええー!」

妻は私の手を腹の上に導きます。
私が呆気に取られていると、妻は私にキスをしてきました。
マイクは帰りましたが、何回も電話があったようです。
妻の友人も事態を知り、彼の所属する基地に正式に抗議を入れて、この問題は終息しました。

その後、お腹の中の子供は、高齢のため流産になりました。
今さらに田舎に引っ越しました。
娘は学生寮に入りました。
私は我ながら心の狭い男で、時々、妻をマイクの件で責めてしまいます。

「美世子、マイクはこうしてくれたのかい?」

「あなた、言わないで」

激しく責めてしまいます。
なぜかお互い泣いてしまいます。
妻は言います。
私に責められると、「あなたに愛されてるって感じる」と。

白人家庭教師のせいで、私が思い描いていた幸せな熟年生活は完全に壊れてしまいました。
きっとこの、妻との歪んだ関係は、60代、70代になっても変わらないと思います。
年齢を重ねてからの不倫は後遺症が残ります・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

愛玩関係
最強媚薬エロティカセブン