焦らしまくって危険日の人妻に中出し

この体験談は約 4 分で読めます。

カナコとは、前に働いていた地方都市で知り合った。
キレイな娘だったけど、当時はオレも彼女がいたし、彼女も結婚していたので特に意識はしていなかった。

オレも転勤になりその町を離れたが、カナコの連絡先は分かっていたので久しぶりに会いに行くことにした。
久しぶりに会ったカナコは、Tシャツに膝丈くらいのスカート姿で、少し地味だったがフェロモンが匂い立つような女になっていた。
店に入り彼女が離婚したとか色々と話をしたが、オレの中ではどうやってエッチに持ち込むかでいっぱいだった。

お酒も入り、カウンターの隣に座っていたカナコに少しずつ近寄り、両脚の間に素早く手を滑り込ませた。
最初は驚いて脚を閉じた彼女だったが、俯きながらそのうちに脚をゆっくり開きだした。
ここまでくれば店にいる必要はない、早々にオレが宿泊しているホテルへ行った。

入るなり後ろから抱き締めて、唾液をいっぱい溜めてディープキスをしたら、唾液をゴックンしてくれた。
Tシャツの中に手を入れ、ゆっくり胸を揉みしだくと息が荒くなった。
ブラの中に手を入れて乳首を摘むとビクッ!としながらも乳首がコリコリに硬くなったので、そのままベッドへ移動し、胸を肌蹴させた。
胸を揉みながら乳首を舌で押し込んだり弾いたり軽く噛むと、「ンッ、ンフウ・・・」と喘ぎだした。

「スケベな乳首だね」

「イヤア・・・言わないでぇ・・・」

カナコは恥ずかしがっていた。
そのまま脇腹に指を這わせたり、脇の下を舐めたりしながらパンティの上から秘肉をなぞると、ニュルニュルした感触があり、すっかり濡れていることが分かった。

「いやらしいね、もうグチョグチョじゃん。下着ずらして挿れてもいい?」

「!!今日はダメ・・・。すっごいマズい日なの・・・ゴメンね・・・」

「そう・・・、分かったよ。じゃあ今日は指でいっぱいイカせてあげるね」

どうやら危険日だったらしい。
言葉では許したが、火のついたオレには届かなかった。
下着を脱がすと糸を引くくらい濡れていた。

脚を開かせて、「すっごい・・・マンコ、ヌルヌルしてる・・・」と言うと、「イヤア・・・、あまり見ないで」と両手で顔を隠していた。

お構いなしにクンニすると、「!!ンハア!ハッ、ハッ、アッ、気持ちいい・・・!」とアヘアヘになっていた。

クリを吸いながら指を挿れると仰け反ってビックンビックン喘いでいた。
指マンしながら仰向けになった彼女の左側へまわり、耳を舐めながらグチョグチョ指マンを続けると、「・・・!!イクッ、イキそう、イキそう・・・!」と鼻の穴を膨らませながら喘ぎだしたので、わざと指マンを止めた。
そんな風に彼女がイキそうになると止める行為を3回くらい続けていたら・・・。

「お願いィ・・・、お願いよォ・・・」

「何が?どうしたいか分かんないよ・・・」

「・・・イカせてぇ・・・イキたいの・・・」

薄っすら涙を浮かべた瞳でカナコが見つめ返してきた。

「いいよ、いっぱいイッてね」

激しく指マンすると、「アーッ!アッアッアッアッ!!」と体を痙攣させてイキまくっていた。
グッタリしている彼女の股を開き、体を滑り込ませる。

「!!今日はダメなのォ・・・」

「分かってるよ、擦るだけだから」

そう言って生亀頭を擦りつけた。
擦る度にクチョクチョ音がして、「ンフウ、ンフウ・・・」と切なげな瞳で喘ぐ彼女。

「気持ちいい?」

「・・・ウン・・・気持ちいいわ・・・」

そのうち先っちょだけ軽く挿れる。

「・・・ダメぇ・・・」

「ウン、分かってる。すぐに抜くから」

しかし彼女の瞳はすでに雌の瞳になっていた。
マン汁だらけになった亀頭を糸を引きながら抜いたり、先っちょだけ入れたり出したりを繰り返していると・・・。

「・・・いいよ・・・」

とうとう堕ちた。

「何がいいの?」
「オチンチン、入れてもいいよ・・・」

「でも生だよ?いいの?」
「・・・ウン、挿れて・・・。?!ンアッ!!!!」

待ってましたとばかりにズブリと挿入。
ゆっくり動かすと、「アッ、アッ、アッ!きっ、気持ちいい、気持ちいいッ!!」と叫びながら喘ぐ彼女。
薄っすら笑顔になってるように見えた。
腰を持ち上げ深く挿れると、「アーッ!!これが欲しかったの!これが欲しかったのォ!!」と喘ぎだした。
どうやら奥にある気持ちいい部分に当たってるらしい。
よっぽど気持ちいいのか、生マンコの奥で亀頭に愛肉がまとわりつくのが分かった。

オレもイキそうになったので、バックの体勢になり、突き上げまくった。
結合部がカナコの愛液とオレの我慢汁ですっかり溢れかえっていたので、掬って彼女のアナルに塗りたくったりして弄んだ。
正常位になり、そろそろイキそうだったのでピタッと動きを止めた。

「・・・!どうしたのォ・・・?」
「イキそうなんだけど・・・どうする?オレ、もう我慢できないよ」

「・・・じゃ、飲んであげるから、口に出してぇ・・・」
「じゃあ、もう止めるよ。オレはカナコの中に出したいんだよ」

彼女が黙っているんでチンポを抜こうとすると・・・。

「!!??待って!・・・いいよ・・・中に出して」

「何を出すんだよ」

少しイジワル。

「・・・◯◯クンの、白いの・・・あ、イヤア!」

再度奥まで生チンポを突っ込むと、言葉にならない喘ぎ声を出してイキまくっていた。
彼女がイッてる最中、愛肉がキュウキュウ締め付けだしたので、我慢できずに奥の方に出しまくった。
しばらく抱き合っていたが、チンポを抜くと2人の愛液でヌルヌルになっていたので、彼女の口に突っ込んだらチュウチュウ吸い出した。
少しくすぐったかったが、また勃起しだしたので2回戦目を開始した。

こんな感じで朝までヤリまくって、翌日、その町を後にした。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!