調教済みの美人OLと濃厚アナルセックス

この体験談は約 3 分で読めます。

1966年生まれのオッサンだが、初めて関係してから23年になる、妻よりも付き合いの長いセフレがいる。
俺と同期で同い年のF美、同期ではダントツの美人だ。
上品で清楚な雰囲気の汚れなき淑女という感じだ。
46歳になった今でも変わらず綺麗だ。
平成元年に大学を卒業して就職、同期はみんなF美に釘付けだった。
あまりにも美しすぎて、俺には不相応だと初めから諦めていたのだが・・・。

その年の夏、1人で峠を流して隣町の駅前のコンビニで飲み物を買っていたら、F美とバッタリ会った。
地元でない町で会ったのでお互いびっくりした。
F美は寂しそうな表情を隠せずにいた。
何があったのか知らなかったが、どうせ帰り道だからとF美を助手席に乗せて帰路に就いた。
途中、F美が涙を流していたのに気付いたが、運転に集中して気付かぬフリをした。

郊外のインターそばのホテルに誘ったのはF美のほうだった。

「誰にも内緒で抱いて欲しい」

上品で清楚美人のF美も23歳。
ホテルでの立ち居振る舞いからも処女ではないのが分かった。
お互いシャワーを浴びてスタンバイOK。

「俺君、よく見ててね」

そう言うとバスタオルを外して全裸を見せた。
息が止まった。
F美はスレンダーで素晴らしいスタイルだったが、両乳首と股間にピアスが光っていた。
そして俺の前で一つ一つ、そのピアスを外した。

「今日、ご主人様から別れを告げられたの。『新しい女子大生を見つけたから、お前は普通の幸せを掴め』って言われたの。私、清楚に見えて、実はお尻の穴でもご主人様を喜ばせた恥知らずで淫乱な女なのよ」

俺は、憧れのF美が淫牝調教された肉奴隷だった事実を目の当たりにして、悔しさと興奮でチンポを奮わせた。
F美のクリ芽は剥かれたままピアスを通されていたので剥き出たままだった。
マンビラは上部のクリ芽付近がアズキ色に変色していた。
そんな清楚淑女のF美のマンコをクンニさせてもらった。

「ハアァ~~~~~」

長く色っぽい吐息を漏らしながらF美は腰を艶かしくクネらせた。

「クリちゃんをもっと強く吸って、クリちゃんを苛めて~」

清楚で美しい顔を歪めて、F美は俺の頭を股間に押さえつけた。
強く吸いながら舌先でクリ芽を弾くようにすると、普通の女は痛がるのにF美は、「ヒギギギィィィィィィィィィーーーーーーー」と仰け反って、ビクッ、ビクッと痙攣しながらイッた。
美貌の才媛が見せた疼く発情女の一面は信じられない光景だった。

俺はこの後、F美の牝穴をチンポで味わい、オルガに没頭するF美に導かれて、生まれて初めてアナルセックスを経験した。
そしてF美の直腸に射精した。

俺は美しいF美が好きだったが、F美は26歳で出世頭の男と結婚した。
ベストカップルと言われた。
一方で俺は、2年後輩で高卒の地味な生娘と28歳の時に結婚した。
F美ほど美人ではないが、純情で家庭的な女だ。
セックスも従順で俺好みに仕上がった。

妻は第一子懐妊をきっかけに退社したが、F美は出産後も仕事を続けた。
俺とF美は、お互い結婚しても逢瀬を続けた。
その時々で月イチだったり週イチだったり、逢瀬のインターバルは変わったが、今まで途切れることなくコンスタントに浮気貫通を続けている。
俺は清楚人妻OLの不貞牝穴を味わい、F美は旦那が満たしてくれない直腸で悶絶している。

F美は今でも、社内ではとても美しく清楚な才色兼備の女だ。
きっと家庭でも良妻賢母を演じているに違いない。
美人妻が同期チンポに穴と直腸を犯され、肛内射精に咆哮アクメする浅ましく恥知らずな姿を披露しているとは、誰も知らない。

今年で止めよう、いつかバレる、今日で最後にしよう・・・。
俺とF美は止め時を探りながら、結局23年間続いている。
きれいにスパッと長年の不倫関係を清算するには、どうしたものか・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!