新着情報

人妻になった元カノに禁断の種付けセックス

この体験談は約 6 分で読めます。

同窓会開催の案内が届き、懐かしい顔ぶれに会ってきた。
元カノの充子を見つけ、「元気?」と声をかけた。
アルコールも入り、口も軽くなった充子。
一度旦那の子を堕胎し、腐れ縁で結婚したと少々不満気味な様子であった。
連絡先を交換し、再会を約束して会場を後にした。

1ヶ月ほどして携帯に電話が掛かってきた。

「ちょっと嫌なことがあって・・・声を聞きたかったの」

週末に食事の約束をした。
旦那に上手にウソをついて出てきた充子と、同窓会以来の逢瀬だった。
楽しい会話の中にも旦那への不満が滲み出ていた。
食事を終え、ドライブしながら、「最近セックスしてるの?」と聞くと、「年上だから元気がないわ」とあっけらかんと答えた。

「付き合っていた頃はセックスまでいかなかったね。少しホテルで休もうか」

思い切って誘うと、「ダメッ、人妻よ」と口では抵抗していたが、ホテルの駐車場に入ると素直について来た。

部屋に入ってもまだ「ダメよダメッ」と呟いている充子にシャワーを勧めた。
先にシャワーを使い、ベッドで待っているとバスタオルを巻いた充子が隣に潜り込んできた。
抱き寄せると少し震えているようなので、「こういうの初めて?」と聞くと、「旦那以外は初めて」と顔を埋めてきた。

バスタオルを剥ぎ取り、程よい大きさの乳房を揉み、舌を絡ませたキスを楽しんだ。
充子の体を撫で回し、足を少し開かせ、中心部の生膣に指を這わせると、今まで我慢していた充子が、「ウッ・・ウウッアッア~アッ、そこっ」と艶声でしがみついてきた。
体をずらして充子の生膣に顔を近づけ、足を大きくM字開脚した。

「イヤァ~恥ずかしい・・・」

充子の艶声を聞きながら一気に生膣とクリトリスを舐め回した。

「アアッイッイイッ~アッアッ、す、すごい~」

大きな艶声を出し続ける充子の淫靡な生膣をたっぷり味わった。

「硬くして」

陰茎を充子の顔に近づけると気怠そうにフェラを始めた。
人妻になった充子のフェラを堪能しながら、少し意地悪く、「硬い?・・・旦那より大きい?」と聞くとフェラしながら頷く。
M字開脚した両足を持ち上げ、生膣にフェラでカチカチになった陰茎を宛てがい、腰を落として充子の生膣を生で味わった。

「えっえっ・・ゴムっ~」

そう言いかけたが、充子の生膣深く陰茎を挿入すると、「アアッアッアッイイッ~アウッアアッ~」と大きく淫靡な艶声を部屋に響かせ始めた。

「こっこんなの初めてェ~」

そう口走る充子の生膣を正常位、側位、屈曲位でたっぷりと堪能し、充子に覆い被さりながら子宮に届けとばかり生膣深く挿入した。

「イキそうだ、一緒にいこう」

「アアッ、ダメッ中は~、アッイイッイクッイクッ」

充子がしがみついてきた。

「中に・・・イクッ」

そう告げて、たっぷりとドクッドクッドクッと子宮にザーメンを浴びせかけた。

「アアッ~アッアアッ~イクッ~」

眉間に皺を寄せて大きな艶声を出しながら充子も同時に達した。
生中出しの余韻を楽しんでいると充子が、「中に出されているのが分かったわ」と抱きついてきた。
ゆっくりと充子の生膣から陰茎を引き抜くと、ザーメンが滴り出てきた。
至福の絶景である。

「中はだめって言ったのに・・・もうぉ~」

「危ないのか?」

「たぶん大丈夫だと思うけど・・・分からないわ」

腕枕をしてやった。

「あんなに舐められたのは初めてで、すごかったわ」

「何度もイッたみたいだね」

「バカッ・・・」

しばしのまどろみを楽しんだ。
2回戦に向け、充子の手をとり、休憩中の陰茎に触れさせた。
驚いたことに積極的にフェラを始めた。
充子の温かい口内を堪能していると陰茎はムクムクと硬さを増してきた。
十分な硬さと大きさになると充子は、「大きいわ」と言いながら跨ぐと、自ら生膣に陰茎を宛てがい、ゆっくりと腰を沈めてきた。
そして陰茎をすべて生膣深く咥え込むと同時に、「アアッアッ~イイッ」と腰を動かし始めた。
充子の腰を掴んで下から突きあげてやると、早くも眉間に皺を寄せながら、「イキそ~イクッイイッ~」と大きな艶声を出して達した。

体を入れ替え、充子に覆い被さった。
2回目の余裕もあり、激しく生膣を突きまくった。

「ダメェ~またイッちゃう~イクッイクッ~」

充子がしがみついてきた。
さらに激しく屈曲位で長いストロークで充子の生膣を突いてやると、今度は、「アアッダメェ~、おかしくなっちゃう~、イイッイクッ」と眉間に皺を寄せながら仰け反った。

「また一緒にいこう」

「イクッ、イクッ~」の連呼の艶声を聞きながら、「中に出すぞ」と勢いよく精液を流し込んでやった。

充子は艶声も出ないほどグッタリして、生膣には中出しした陰茎を咥え込んだままである。

「もう~だめぇ~」と嬉しそうに微笑んでいた。

生膣から陰茎をゆっくりと抜くと、注ぎ込んだばかりの精液が生膣からまたも垂れ出てきた。
ティッシュを渡すと充子は生膣を拭きながら・・・。

「2度もあなたを生で受け入れてしまって・・・すごすぎて・・・」

そう言って抱きついてきた。

「もう離れられないかも」

男冥利に尽きる言葉をくれたのでキスしてやると、「嬉しい」と微笑んでいた。

近くの駅まで車で送っていると、「あ、あなたのがまた出てきた」と笑った。

「ばれないようにしろよ」と忠告するのが精一杯だった。

「また会ってね」

ねだってくる充子の顔には淫乱さが滲み出ているような気がした。

「生理が来たわよ」

充子から連絡が来た。

「ちょっと心配だったけどよかったね」

「また会いたいわ」

そう誘ってくるが、少々焦らすことにした。

「今月は無理だけど来月なら・・・連絡するよ」

充子の危険日を計算して逢うことにした。
待ち合わせの駐車場で充子を乗せ、ホテルに向けてドライブ。

「あれ以来旦那とはしたの?」

「夫婦だから当たり前でしょ。でもゴム付よ」

「旦那には同情するけど、やはり生が最高だな」

「あの人、自分勝手にイッてすぐ寝る人だから」

相変わらず旦那に不満を抱いている様子だった。

ホテルの部屋に入り、抱き寄せてキスすると、「会いたかったわ」と情熱的に抱きついてきた。
シャワーを使い、ソファーでコーヒーを飲みながら待っていると、バスタオルを巻いただけの人妻充子が隣に座り寄りかかってきた。
バスタオルを緩め、乳房を揉み始めると、早くも甘い吐息を出し始めた。
足を開かせて生膣に触れるとピクッと体を硬直させる。
クリトリスを擦り、生膣に指を入れる頃には腕にしがみついてきて、「アアッアッ、イイッ~」と甘い吐息は艶声に変わっていた。

バスタオルを剥ぎ取り、ソファーに座らせたままM字開脚させ、充子の生膣を露わにしてやると、「イヤァ~ン、恥ずかしい」と可愛いことを口にするが、下の口は素直に濡れて輝き始めていた。
充子の両足を抱え込むように生膣に顔を近づけると、充子は舐められやすいように腰を前に突き出してきた。
ゆっくりと舌先でクリトリスを舐め、生膣を舐め回すと、「アアッ、イイッ、嬉しいッ~」と艶声を出し始めた。
しばらく焦らすようにゆっくりとクニリングスを続け、淫水で溢れ出す生膣を吸うように舐め回すと、「アアアッ~、すっすごいッ、アアッイイッイッ」と歓喜の声を部屋中に響くほど出し始めた。

たっぷりと充子の生膣を弄んでから、「硬くして」とソファーの前で仁王立ちになる。
充子は気怠そうに体を起こし、陰茎を握り締め、嬉しそうにフェラを始めてくれた。

「ムグゥムグッ」

卑猥な音を出しながら充子は一心に口唇と舌を使い陰茎を硬くしてくれる。

「旦那にもするのか?」

「旦那には義理よ」

そんな会話をしながら、充子は陰茎をたっぷりと咥え、頭を前後にしてくれた。

「入れたい」

「今日は一番危ないの。ゴムをお願い」

思っていた通りの答えだった。

「ゴムは旦那にだろう。大丈夫だよ」

そう言いながらM字開脚させた。
生膣にはち切れんばかりに硬くなった亀頭を宛てがうと・・・。

「ダメッダメッ、本当にできちゃうから生はダメッ、ゴムして、お願い」

その口をキスで塞ぎながら充子の生膣に硬い陰茎を挿入した。

「ダッダメッ~、アッアアッ、もう~アッアッ~」

「ダメ」と言いながらも、充子は挿入の動きにあわせて腰を動かしてきた。

「中はダメ、アアッ~イイッ、外に外にお願いッ、アッイイッ~」

ソファーにもたれながら眉間に皺を寄せ、軽く達したようだ。
正常位、側位と充子の生膣を味わった。

「充子の奥まで入ってるのが見えるよ」

「イイッ、気持ちいいッ、アアッ、またイキそっ~」

艶声を出しながら両足を開き、生膣深く陰茎を充子は咥え込んでくれた。

「気持ちいい、一緒にいこう」

スピートを上げると、「アッアアッ、イクッ、イキそッ~、アアッイッイイッ~」と喘ぐ。

「外で、外にお願いッ、アッイクッイクイクッ、アッア~」

充子は口を大きく開け、腰を掴みながら爪を立ててきた。
激しく充子の生膣に陰茎を押し込んだまま・・・。

「オッオ~、イクぞ」

「私もイクッ~、アアッ~外~!」

充子に覆い被さり、ドックンドックンと多量の精液を危険日の生膣深くに放ってやった。

「ダメェ~、アアッ~アアッアッアッ、出されてる~!」

そう叫んで充子は仰け反った。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

逆援ネットナンパ