新着情報

ふて腐れるクリーニング屋の人妻

この体験談は約 2 分で読めます。

二年前から行ってるクリーニング屋の店員とエッチした。

そこには23歳と25歳と33歳の3人がいて、エッチしたのは33歳の万由子で結婚してて子供も二人いた。

その人が当番の日に出す日が多かったんで、話をしてて段々話し込む様になりました。
他の客が来ないときは三十分も話してたり。
段々聞いている話の中身も向こうの姑との仲の話とかになり、メルアドを聞いたらあっさり教えてもらいやり取りしてました。
朝に「あ~、姑うるさい」とか愚痴も多かった。

ある時に「憂さ晴らしに食事しない?」と言うと、「若い子にしなよ」と断られたけど、夜に「ごめんね・・・私なんか誘ってもつまらないからさ」とメールが来た。

「いや、綺麗で価値あるよ」

「本気で言ってる?」

「うん」

「姑と喧嘩して飛び出したら逢ってね」

その後からは見る目が違ってた。

関係したのは二ヶ月後で、土曜に「喧嘩して飛出した!」とメールが来て迎えに行った。
食事してどっかで泊まることになり、当然ラブホ。

シャワーを浴びて黙ってベッドに座ってたら「一回で捨てないでね?」と言われ、抱き締めてそのままベッドで・・・。
万由子さんの身体は細身で無駄な脂肪がなく、胸は小さかったけどスタイルが良かった。

「ウッ・・・アアッ」と喘ぎ、秘部は嫌がったけど舐めると濡れ濡れで「舐めてあげる」と自らフェラをしてくれた。

そして上に乗って来て自分で生で入れると「すっごい」と喘ぎながら動くと、すぐに疲れたから正常位でハメ直して突きました。
濡れは凄いけど喘ぎが悪いから「気持ち良くない?」と聞くと、「私、エッチ淡泊だから・・・気持ちいいよ」と言ってた。

そして細身の身体でハメてると気持ち良くなり「イキそう!」と言うと、「いいよ出して」と言われ、「いいの」と言うと、「うん我慢しなくていいから」と。
興奮は最高になり、激しい突きで中でばら蒔きました。

しばらく静かな時間が流れ「元気だねー」と笑ってた。
その後も二回程エッチして、明け方帰りました。

「また逢ってくれるよね?・・・」と言われ、「もちろん」と答えると嬉しそうに帰って、それから月2で逢ってます。

生出しだし、ティッシュで拭くだけだから妊娠が心配だけど、一回外で出したら「嫌いになったのかな・・・」って聞かれるから外に出してない。
でも他の店員が俺に話してきたりするの見られると、「若い子がいいなら行けば」とか、「おばさん相手よりいいんじゃない」とか、ふて腐れメールが来るのでややこしいですが・・・。

【iコミックらんど】俺得修学旅行~男は女装した俺だけ!!
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

人妻鹿鳴館
最強媚薬エロティカセブン