中学から付き合っている彼女[前編]

この体験談は約 6 分で読めます。

4月から大学に通う18歳(♂)です。

俺には中学から付き合っている彼女がいる。
仮にFとする。
俺たちは、小中高が同じで幼なじみとまではいかないが、結構小学校から一緒に遊んだりしていて中学に入った頃から付き合いだした。
俺たちの通っていた高校は県で3本の指に入る公立の進学校で、文武両道をモットーとしていたので、高3の夏まで俺は水泳部に、Fはバスケ部に入って文武両道を貫いていた。
勉強の成績は彼女の方がワンランク上であったが、進路主任には、二人とも旧帝大のどこかには入れるだろうと言われていた。

初エッチのことについて書きたいと思います。
俺たちの初エッチは高2の初夏ごろ。
Fの家でまったりと話をしていたときだった。

確か、土曜日で、たまたま水泳部とバスケ部の部活が同じ時間で、待ち合わせてマックかなんかで昼ごはんを一緒に食べてFを送っていくと・・・。

F「今誰もいないみたいだからあがって話をしない?」

俺「いいよ」

・・・って感じでお邪魔することにした。

俺とFが付き合っていることは互いの両親は承諾済み。
っていうか昔から知っているので、全然反対しなかったし、むしろ、俺の親父は「Fちゃんと将来結婚したらどうだ?」とか酒に酔いながら言ったこともあった。
でもやっぱり親がいると、相手の家に上がるのはちょっと気になるんだよね。

F「今、ジュースもって行くから、部屋に行ってて」

俺「うん」

小さい頃から部屋に入ったことが何度もあり、俺は遠慮なしに入って行った。
Fの部屋はドアを開けた瞬間ほのかな甘い香りがする。
俺はこのにおいが好きだ。
少々散らかっているが、Fっぽくて俺はこっちの方が好きだ。

自然とベッドに腰掛け、ふと横を見た。
するとなんとそこにはFの水色のパンティが無造作に置いてあった。
正直、俺は後からFが入ってくるのだから、どうリアクションをとっていいのか判らなかった。
それ結構セクシーなものだったんだよね。
横のところをヒモで結ぶやつ。

F「エアコン入れていいよ」

Fが来てしまった・・・。

Fが俺の方を見た瞬間気づいたようで・・・。

F「あっ、ちょっとまって・・・」

慌ててその水色のパンティをタンスにしまった。
そのときモロに他のいっしょにしまってある下着を見てしまったが。
気まずかったなーその後。
一分程度の沈黙の後、やっと俺が切り出した。

俺「F結構セクシーなの穿くんだね」

(俺何言ってんだよ)

けど、それが逆にFを開き直らせて。

F「あれぐらい結構みんな穿いてるよ。あたしはまだ買っただけで穿いてないけどね。やっぱ恥ずかしいもん」

俺「じゃ俺の前で穿いてみる?w」

冗談をこめて言ってみた。

F「何いってんの~w」

俺「ごめんごめんw冗談w」

F「でも・・・。穿いてみようかな」

俺「えっ!?俺に見せてくれるの?」

F「あたしたちもう長いし、いいよねそういうことしても」

Fは無邪気な子供がいたずらをするかのような笑顔だった。

F「じゃ、汗臭いしシャワー浴びてくる。K(俺)もあたしのあと使っていいよ。塩素(プールの)くさいでしょ?」

俺「う、うん」

Fは勉強に関してもなんに関しても興味津々で、だから俺より頭がいいのだろう。
俺は落ち着かなかったから、音楽を聴くことにした。
二人ともB’zが好きだ。
アラクレの激しい曲調に俺の股間もアラクレる。
そしてまさにIt’s show time。
Fが元どおり制服を着て戻ってきた。

F「音楽聴いてたんだ、次浴びて」

Fは強がっているかのような口調だった。

俺「緊張してないの?」

F「友達の話だと、初めてはすごい痛いらしいけど、何かわくわくするの」

俺はシャワーを浴びてる最中ふと気づいた。

(俺がすぐにイッてしまったらどうしよう。ここで一発抜いておけば・・・)

俺は風呂でオナニーしてしまった。
AVで抜くよりも断然早くイッてしまったw
それでも全然萎えずに部屋に向かったわけだが。

F「ねえ、避妊・・・。どうしよう」

俺「外に出せば大丈夫だって。じゃ、ベッドに入ろう」

俺はすぐにトランクス一丁になった。

F「ちゃんと穿いたよ」

そう言って無邪気な笑顔を見せながら、スカートを捲って見せた。

この瞬間マジ射精しそうでヤバかったね。
Fを抱き寄せ、ディープキス。
Fは俺の股間の状態に気づいてトランクスの上からなで始めた。
正直イキそう。
キスに集中して耐える。
そして胸を制服の上から揉む、揉みまくる。
そして制服の上を脱がせ、ブラを外した。
F曰く『Cカップ』のおっぱいは柔らかさも弾力性も兼ねそろえていた。
マジ感動。

さらに乳首を舐める。

F「はぁん・・・あぁぁ」

かすかなあえぎ声が聞こえてくる。
そしてFに覆いかぶさるようにしてスカートを捲ってマジマジとパンティを見た。

俺「可愛いね、たまにはこれ穿いてきてよ。でも俺だけだよ、見せてもいいのw」

F「ばか・・・w」

俺は横のヒモを解いていよいよ初めて生で見る女性器に生唾を飲んだ。
もう心臓がはじけそうだったよ。
でもFは目を瞑って震えてた。
怖いんだろうね、やっぱり。
俺はへその辺りにキスして下へずらしていきクリをひと舐めした。
味は無かったかな。

F「あぁぁぁ・・・ん、はぁぁん」

かすれる声であえいでいるFは本当に可愛かった。
俺はスジにそって下から上へと強めに舌を這わせて、クリをアメを転がすように舐めた。

F「ん・・・あああ、はぁあぁぁん」

AV女優顔負けの声にマジ射精しそう。
だいぶ濡れているような感じだったのでいよいよ挿入することにした。

俺「じゃあ、入れるよ?」

Fは力なく頷いた。
俺はスカートを完全に捲り上げて勃起したものを秘部にあてゆっくりと押し込んでいった。

F「うっ、あっ、イタッ」

俺「大丈夫?」

F「いいの、続けて」

俺は戸惑いながらもFを信じることにした。
亀頭が入ったくらいでブチッって感じで処女膜らしきものを貫いた。
そしてさらに進んで行き、完全に俺のものが入った。

俺「入ったよ、全部」

F「ちょっと痛いから動かないで」

俺は苦しそうなFに軽くキスをした。

F「もう大丈夫」

俺「じゃ、動くよ」

俺はゆっくりピストン運動した。

F「あぁぁぁん、あっあっあぁぁぁん、頭が真っ白になっちゃう。あぁぁ・・・」

俺はFのあそこが一層締め付けてくるのを感じた。
俺はFがイッたのだと思った。
俺も限界だった。
あそこから引き抜いてFのお腹に出した。
ちょっとスカートにもかかったけど・・・。

F「一緒になれたねwこれがセーシ?ちょっと臭いね」

俺「ごめんね。かかっちゃったw」

俺たちは余韻に浸っていた。
気づけば夕日が部屋に差し込んでいた。

俺「スカートにもかかっちゃったねw」

そう言ってお腹に飛んだ精子を拭き取った。

F「いいよ、洗えば。ちょっと痛かったけど、終わりの方は気持ちよかったよ」

ニコッと笑いながら言うFはマジ可愛くて、また抱きしめた。

F「ちょっとぉ、服着させてよぉw」

俺たちが服を急いで着ようとした瞬間、悲劇が起きた。

「K君いらっしゃい」とFのお母さんがドアを開けた。

俺は絶体絶命だと思った。

「何やってんの!早く服を着なさい!!」

F母はドアを一旦勢いよく閉め、外から・・・。

「服を着たら下まで来なさい!!」

Fは泣いてしまった。

俺「見られてしまった事は仕方ないよ。俺たちは愛し合ったからしたんだ。ちゃんと話そう」

F「うん・・・」

Fの涙を拭き取ってリビングへと降りていった。

「ここに座りなさい」

F母の声はさっきとは違い、落ち着きを持っていた。
俺たちは揃って正座した。

俺「すみませんでしたぁ!」

俺が土下座をし、Fが続く。

「なぜ謝るの?あなたたちは愛し合っているからしたんでしょ?」

「はい・・・」

「私が聞きたいのは、ちゃんと避妊をしたのかということ」

「外に出しました」

Fは俯いて押し黙っていた。

「外にって、それでは完全ではないでしょう!もし失敗して妊娠したらFを傷つけることになるのよ!愛し合っているのならきちんとした避妊をしてからしなさい!Fも、きちんと避妊をしていないなら受け入れては駄目!」

「うん・・・」

Fは泣きながら返事をした。

「ここまでのことをしたんだから、一生Fを大切にしていくことを誓いなさい」

「一生大事にします」

「K君だから、信用してFを任せるわ。じゃあ今日のところは帰りなさい」

こんな感じの会話をしたと思う。
そして俺はこの場面で結婚を約束したのを帰りに気づいた。
俺はこのときある決意をした。

日付が変わる頃だったろうか、Fから電話がかかってきた。

「今日のこと、Kの親にも話すって」

「大丈夫だよ。俺の親だってわかってくれるさ。俺さ、志望校Fと同じO大にするよ。今まで正直、大学からは遠距離恋愛でもいいかと思ってた。けど、今日のことで決めた。ずっと一緒でいたい。大学でて、大学院も出たら、結婚しよう」

「うん!」

Fは泣いているようだった。

そして、俺は部活も勉強も恋愛もすべて一生懸命やった。
そして見事O大に合格した。
さすがに同棲することは許されなかったが、アパートは隣同士で生活することになる。

あとがきあの日から、俺の親父はFとのデートの前にはコンドームを俺にくれるようになり、Fの家におじゃまするときは、Fのお母さんはFにコンドームを渡すようになったw
俺たちは、大学受験の直前期以外は週1回ぐらいでエッチをした。
2回目ぐらいから、俺の持ってるAVで一緒に色々テクを学んで実践していました。
さすがに、初めて見せたときは衝撃を受けてましたけど。

以上です。
ちゃんと避妊はしましょうということです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!