新着情報

叔父が再婚した24歳の叔母とエッチなバスタイム

この体験談は約 3 分で読めます。

親戚の叔父が再婚した。
前の嫁さんより若い、24歳のスリムな人。
ちなみに叔父は32歳。

俺の家は父と母が共働きで夕方から朝まで居酒屋を営んでいた。
毎週土曜日は、叔父が奥さんと俺の家に泊まりに来る。
父と母の居酒屋で食事をしてから泊まって日曜日に帰るんだ。
居酒屋と家は目と鼻の先だから。
当時の俺はまだ小4だったのもあり、いつも一人ぼっちだから、叔父夫婦が泊まりにくる土曜日は嬉しかった。

ある土曜日、叔父は珍しく酔い潰れて爆睡。
遊んでもらえず、俺はプレステ3でゲームをしてた。
そしたら新しい叔母に、「おっちゃん寝てるから、今日は私とお風呂に入ろっか?」と誘われた。

叔母とバスタイム。
前の叔母とはよくお風呂に入ったが、この新しい叔母とは初のお風呂。
子供ながらに緊張しながら先に湯舟へ飛び込む。
すぐに新しい叔母が入ってきた。

その綺麗な体に目が奪われた。
叔母はスレンダーボディに大きな形のいいおっぱい。
アソコはツルツルで毛がなかったのでワレメがはっきり分かる。
叔母は浴槽前でしゃがみ込み、浴槽から洗面器で湯をすくうと股をパカッと開いて毛のないワレメに湯をかける。
俺は目が釘付け。

叔母と浴槽へ浸かる。
小さい風呂なので二人は少々きつい。
叔母が誘導して自分の上に俺を座らせた。
俺の背中には柔らかいおっぱいが当たり、俺の尻は両足に挟まれるスタイルになる。

緊張して固まる俺だが、異変に気付く。
俺の背中に当たるおっぱいが左右や上下に、時おり押さえ付けるように動く。
俺の腰の下というか尻のあたりにワレメをグリグリしている。
俺の首筋にはだんだんと荒くなる息がかかる。

俺は勃起していた。
叔母に硬くなった肉棒を握られた。
すると叔母の腰使いが激しくなり数十秒ほどしてから動きが止まった。
イッたのであろう。

そのあと俺は立つように言われ、叔母の方に向きを変えられた。
そそり立つ肉棒が叔母の顔の前だ。

「今からする事は誰にも言ってはいけないよ、秘密だよ」

叔母はそう言うと、パクッと咥えた。
最初は優しく丁寧に舐めたりしゃぶったりだったが、だんだん激しいピストン運動となり・・・。
俺は叔母の口の中で射精した。

湯舟から出て体を洗いっこした。
叔母に言われるようにおっぱいやワレメを洗った。
叔母も肉棒を洗った。
また、いきり立つ俺。
石鹸でニュルニュルする手が気持ちよく、あっという間に叔母のおっぱいに発射してしまった。
白い精液が胸から腹、ワレメや太ももに垂れていった。

それ以来、叔母と風呂に入るたびに、手コキ、フェラ、パイズリ、尻コキ、素股で必ずイカせてもらうようになった。
ちなみに中1になったとき、叔母のツルツルのワレメに初挿入した。
童貞は叔母に捧げた訳。

今では俺も20歳になり叔母は34歳になったが肉体関係は続いてる。
父も母も叔父も知らない、俺たち2人だけの秘密だ。

【iコミックらんど】寝取りエステ
ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

ご近所プラザ
最強媚薬エロティカセブン