新着情報

私の初エッチはカラオケBOXでした

この体験談は約 2 分で読めます。

私は18歳で彼氏持ちです。
現在付き合って1年目で、今でも彼氏のことが大好きです。
優しくて、いつでも私のことを思ってくれて、将来結婚できたらなぁ~って思っています。
彼氏と初エッチしたときの話です。

初エッチの記念日は土曜日でした。
彼から電話で「会いたいよ。会えない?」と聞かれたので、その日、特に用事がなかった私は「会えるよ」と言いました。

「じゃあ、13時にカラオケで待ち合わせね」と、電話が切られました。

お昼過ぎ、私は約束の場所へ行きました。

彼氏「じゃあ、中に入ろうか」

彼氏は私の手を引っ張ると足早に歩いていきました。

店員「では、10号室になります」

彼氏は部屋番号だけ聞くと手を繋ぎ、足早に歩き出しました。

私「ちょ、痛いよ・・・」

彼氏「・・・」

彼氏は何も言わずに部屋のドアを開けました。
3人掛けのソファー。
大きいテーブルにはマイク。
それしか置いていなかった。
彼氏は部屋の明かりを暗くした後、慣れた手つきでかなり曲を入れると音を大音量にしました。

私「え?何?」

彼氏「・・・限界」

そう呟くと彼は私を床に押し倒し、覆いかぶさってきました。

私「お店の人が来るよ、それにカラオケBOXなんて」

私の言葉なんて無視して手際よく服を乱していく彼。
荒くなる私の息遣い。

彼氏「誰も来ないよ」

そう言うと彼は私の耳を甘噛みしました。

私「ひっ」

小さく声が漏れました。

彼「甘噛みされただけで感じてるんだ?」

笑いながら下半身に触れてくる彼。

私「あっ・・・」

彼「大きな声、出さないでね?」

そう言うと私をM字型にして、私のアソコに彼の指が1本、2本と入ってきました。

私「あっ」

彼「今日、記念日なんだから。感じさせてあげるよ」

私の両足を広げると顔を埋めました。
よく分からない感覚と、くすぐったい感覚が襲います。
力が抜けました。
私は口を手で覆いました。
じゃないと声が出てしまいそうだったから。

彼「声、聞かせてよ」

そう言うと彼の手が私の手首を掴んで両手を頭の上で拘束しました。

彼「入れるよ」

そう言って私の腰を持って入れてきました。

私「あっ!!」

強烈な痛み。

彼氏「ハァハァ、他の男のことなんか考えないで俺だけを見て・・・」

彼の息遣いが荒くなってきます。

彼「愛してるよ」

そう言いながら彼はイッてしまいました。
私は処女だったのでとっても痛かったですけど、大好きな彼氏が初体験だったので良かったです。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!