新着情報

インストラクターのお姉さんとプールで年の差セックス

この体験談は約 8 分で読めます。

少年だった昭和の思い出をここに告白させていただきます。

俺は幼稚園の頃から担任だったK子先生と親しく、その妹のヒロミちゃんとも当時から仲良しで、小学校の頃にはラジコンカーやガンプラなどをプレゼントしてもらったこともあった。
ヒロミちゃんはK子先生同様に子供好きであり、俺より15歳年上の水泳インストラクターだった。
全く太ってなくて、大柄なスポーツウーマン然とした体つきで、そばかすのあるやや長めの顔に低い鼻、パッチリとした二重目蓋の瞳。
そして先端がソバージュがかったロングヘアーのアクティブなお姉さんだ。
ヒロミちゃんは中学、高校、短大と競泳選手で、地区大会でも平泳ぎで優勝した経験もある。

14歳で中学2年生の夏、1学期末試験を終えた俺はヒロミちゃんの誘いでファミレスに食事に行った。
しかし、その日ヒロミちゃんはひどく凹んでいた。
理由は結婚を前提に長らくお付き合いしていた彼氏と別れたからだ。
気丈な彼女は、弱っている自分を他人に見せたことは一度もなかった。
時折声を詰まらせて、半ベソをかきながらうなだれる彼女を少しでも楽しませようと、俺は悩みながらも色々と話題を振って慰めた。

「大の大人が失恋くらいでメソメソしちゃカッコ悪いよ!きっと素敵な人が現れるから泣かないでね、ヒロミちゃん!」

俺が励ますと彼女も俯き加減にクスッと笑って少し落ち着きを取り戻したようだ。
そんなヒロミちゃんを見て、いくら気の強い彼女もやっぱり女なんだなぁとつくづく思い、可愛らしさを感じた。
同時に中学生ながら大人の女性を勇気づけれたことに俺は少し自信が持てたような気がした。

ファミレスを出てからヒロミちゃんの車の中で引き続き話に花を咲かせているうちに、恋の話からだんだんエッチな方になっていく・・・。
彼女は下ネタも大好きなのだ。
成り行きで、ある思い出話になった。

「ヒロミちゃん、あの時に俺のチンポ見たし触ったよね?」

ちょっと興奮しながら聞いた。
と言うのは、幼稚園時代のある日、K子先生宅に遊びに行った時に俺はウンコを漏らししてしまい、大泣き!
すぐに先生とヒロミちゃんで処理してくれて、ヒロミちゃんも象さんの鼻のような俺の皮被りで先細った幼いチンポを、やりきれない顔をしながらシャワーできっちりと洗い流してくれた。
この思い出話に彼女は恥ずかしがりながらも大爆笑!

ヒロミ「タカシ君(俺)のおちんちん、皮剥けた?」

俺は、「うん!」と自信満々に答えた。

だんだんムラムラとしてきた俺は我慢できず、必死に筆下ろしをお願いした。

「ヒロミちゃん!一生のお願い!俺の初めての女になって!」

ちょうど信号待ちのときで、ヒロミちゃんは一瞬俺の方を見て目が点になり、ストップモーション状態で凝り固まって沈黙。

「・・・こらこら、大人をからかわないの!」と苦笑いした。

俺はごろにゃんとした仕草でエロい話も交えながらお願いし続ける・・・。
なんと言っていたかは覚えてないけど。
するとヒロミちゃんは、彼氏と別れたストレスか、したくてたまらなかったのか、簡単に折れてくれた!

至福の俺に、「しょーがないねぇ・・・。ホントにここだけの話だよ!特別だからね!」と釘を刺す。

ものは相談とはよく言ったものだ。
イエーイ♪

時刻はすでに夜更けの23時過ぎだった。
場所に選んだのは、なんとヒロミちゃんの勤めるスイミングスクール!
閉館後だったので誰もいないことを確認してから、こっそり鍵を開けて事務所からプールへ・・・。
俺の鼓動はドキドキでチンポはビンビン!
ここへ来てヒロミちゃんは、「安全日だから気にしないでね!」と、いつの間にかやる気満々になっていた。

暖かいプールサイドで俺たちは、「一斉のせい!」で全裸になった。
息を荒める俺の目の前に広がるヒロミちゃんの裸体!
彼女はスイマーらしくて肩幅が広く、貫禄たっぷりの分厚い上半身。
やや筋肉質で、特に上腕と太ももは肉付きが良く、鍛え抜かれて引き締まったムッチリとスリムが上手く両立されて均整の取れた逆三角形の見事なガッチリとしたスイマー体型。
そしてスイマーにしては大きすぎるくらいの成熟した推定Eカップのマシュマロ型のおっぱいに、大きくも小さくもなくツンと突出している薄茶色の乳首。
秘部には濃すぎる野性的な剛毛が黒々と卑猥に生い茂っている。
お尻が大きいせいか腰のくびれが美しいダイナマイトボディだ。
(後で聞いたところ、166センチの身長で、スリーサイズはB90・W60・H89とのこと)

俺は緊張しながら、おっぱいとお尻と剛毛まんこをさっそく触らせてもらった。

「女の身体なんだから優しくね・・・」

童貞の俺に注意を促すヒロミちゃん。
ババロアのように柔らかいおっぱいと金属タワシみたいなジョリジョリしたまんこの毛。
そして肉厚感のあるお尻。
俺の肉棒は一層は硬くなる。

それからプールに飛び込んで2人っきりの貸し切りでアダムとイブ気分!
生まれたままの姿で水しぶきを上げながら無邪気に戯れる中学生の少年と三十路一歩手前の大人の女性!
水に濡れてツヤツヤした彼女の肌と剛毛な陰毛から滴り落ちる水滴はさらに俺の股間を熱くさせてくれる。
ヒロミちゃんは艶かしくキャーキャーはしゃぎながら・・・。

「あんなに可愛いおちんちんだったのに、こんなに剥けきっちゃって~。もう、おちんちんなんかじゃなくて立派なチンポね!大人顔負けの一人前のチンポだよ~!ジャングルもお尻の中まで広がってるし~!」

と、フル勃起状態の血管が隆々とした長大な巨根を指差して、先程の思い出話を振り返る。

「元カレのよりタカシ君のチンポの方が遥かにたくましくて活きがいいわ~!これならもうエッチしちゃってもいいよね~!」

そう言うと紫がかった亀頭を軽く撫でて頬ずりした。

「ヒロミちゃんこそ一流のモデルみたいだ!おっぱいもジャングルもすごく素敵だね!おへそもセクシーだよ!」

俺は素直に褒め称えた。

「ありがとうタカシ君!エッチする時に邪魔だから剃れって元カレにしつこく言われてたの~」

「あそこの毛なんて剃ったら大人の女の魅力がなくなるよ!跡が黒ずんで荒れるし、ばい菌が入るし、かえって不潔だよ!ジャングルはヒロミちゃんのセクシーポイントだからね!」

フォローする俺に、「キャッ!嬉しい」と軽く飛び跳ねながら両手を合わせてて喜ぶ全裸のヒロミちゃんの姿がとてつもなくエロい。
別れた彼氏は30過ぎにして包茎の短小の早漏で、おまけにチンカスまで溜まっていてすごく臭かったらしい。

(いい年して包茎だなんて情けないな~・・・)

内心そう思いながらも、大人に勝ったという優越感に浸れた。

ヒロミちゃんは俺の巨根を優しく初フェラしてくれた。
舌使いもソフトで温もりが伝わる・・・。
あまりの気持ち良さに失神しそうになった俺は速攻で彼女の口の中に大量に射精した!
彼女は何の躊躇いもなく余裕綽々で俺のエキスをゴクリと飲み込んだ。

次はいよいよ生まれて初めての本番!
おいでおいでと言わんばかりに迎えるように開脚しているヒロミちゃんの愛液まみれの剛毛まんこに、俺は生の巨根を挿入した。

(まるで何かの生き物みたいだ!)

水泳で鍛えた彼女のまんこの締まり具合抜群!
まさに絶世の名器だ!
スプリングの利いた腰つきで、ハスキーな喘ぎ声を微かに上げながら激しくおっぱいを揺らしてバウンドする彼女が妖艶に見えた。
俺もコリコリとした乳首を舐めるが、あまりにも気持ちいい彼女の生の女性器の感触にすぐに猛烈な射精感を催して、「ウ・・・」という小さな絶叫とともに彼女の中で果ててしまった。
彼女の股間から滴り落ちる俺の精液・・・。
ヒロミちゃんは漆黒の陰毛にねっとりと糸を引きながら、「ウフッ・・・。ホットなお汁粉みたいだったわ~。童貞卒業証書授与!タカシ君おめでとう!」と微笑みながら褒めてくれた。

「ありがとう!」

人生初の中出しでスッキリした俺は、すかさずお礼をしてディープキス!
ヒロミちゃんの初体験は20歳で、相手は当時の彼氏だったらしく、思い出の血のついたシーツは今も大切に保管してあるそうだ。
経験は俺で3人目らしいが、年下男性や未成年とのセックスはもちろん、童貞食いもこれが初めてだと言う。

その夜、俺たちは無我夢中で快楽に浸り、野獣と化して“年の差セックス”に耽った。
よだれを垂らしながらスポーティーな巨乳を揺らすヒロミちゃんと、柱時計の振り子のような極太チンポを揺らす俺・・・。
ちょっと休憩してプールサイドに腰掛けてヒロミちゃんのエキサイティングな性教育サービス!

「さあ、今夜はタカシ君に女の体の秘密、ぜ~んぶ教えてあげるわよ!」

そう意気込むヒロミちゃんは毛深いジャングルをかき分け、まんこをぱっくりと割って、「タカシ君もお母さんのここから生まれてきたんだよ~。学校じゃこんなことまでは教えてくれないよね?」と女性器とセックスの知識を授けてくれた。

初めて見る女性器にある3つの穴・・・。
想像していたよりもグロさのない赤みのあるヴァキナで、クリトリスは大きめだった。
俺も調子に乗ってそのクリトリスを人差し指で転がすように撫でた。
ヒロミちゃんは、「や~ん!」と可愛らしい声をあげ、こねくり回しているうちに尿意を催したヒロミちゃんは・・・。

「タカシ君、あたし、おしっこしたくなっちゃったわ。ちょっとトイレ・・・」

「ヒロミちゃんのおしっこしてるところ、見たいなぁ~・・・。どうせプールだし、ここでして見せてよ!」

ヒロミちゃんはちょっと動揺したようで、「何言ってんの!それだけはダ~メ!」と拒否したが、「お願~い・・・。見せてよぉ~。ヒロミちゃん、さっき女の体を全部見せてくれるって言ったじゃないかよぉ~。それに俺のお漏らしだって幼稚園の時に見たじゃないか~」と懇願した。
そうしているうちにヒロミちゃんもおしっこは限界に来たようで、悲しげな上目遣いの童貞少年だった俺を可哀想に思ったのか、これもすぐに折れてくれた。

「しょうがないわねぇ~・・・。ま、あたしもタカシ君の恥ずかしいとこ見ちゃったから、今度はあたしが見せる番よね・・・」

さすがに話のわかるお姉さんだ!

「あたし、男の人の前でおしっこなんてしたことないけど、タカシ君ならすごく可愛いから特別見せてあげてもいいわ」

打って変わったようなエロい眼差しで誘惑するヒロミちゃん。
俺は、「わーい!見せて見せてぇ~!」と大喜び。

「うふふ・・・。タカシ君、いい?見て・・・」

ヒロミちゃんは恥じらいの一欠片も見せずに堂々と俺の前で立ったまま放尿!
プールの静寂を破るように彼女の剛毛のまんこから勢いよく噴出される一糸も乱れない豪快なお聖水は、まるで噴水のような勢いだ!
生まれて初めて見た刺激的な女性のおしっこシーンに興奮しまくりの俺だったが、彼女の名器を利した放尿の強弱のコントロールぶりも絶妙だった。
そのあと、ヒロミちゃんはプールの中で泳ぎながらの放尿も披露してくれて、水中で拡散する真っ黄色いおしっこが、この時ばかりは芸術的に映えた。

案の定、俺はさらにボルテージが上がって、プールの後はラブホで第2ラウンドが始まる!
まずはシャワーを浴びてお互いの身体を洗いっこ!
彼女のリクエストで、元カレに汚された穢れをお祓いするってことでまんこを入念に洗ってあげた。
彼女も俺のチンポを優しい手つきで丁寧に洗ってくれた。
風呂場でもお互いを抱き締め合って、再びキス!
もはや中学生と大人の女性の壁を越えて恋人気分だ。

それから初のベッドイン!
この日はヒロミちゃんのイケイケなコーチの元、計10回くらい彼女のまんこにぶち込んで、かなり燃えた!
彼女もザラザラした俺の舌での愛撫に満足して、いやらしくアンアンと喘ぎ声を漏らしていた。

「あたしのアソコ、舐めてみる?」

彼女からクンニの呼びかけ!
彼女の剛毛を掻き分けて初のクンニに挑戦した。
俺は友人や先輩とかから、「女のまんこは臭いぞ」と聞かされており、例外なくヒロミちゃんのまんこも、まるで粉チーズと生魚の混ざったような強烈な生臭さで、味もしょっぱかった・・・。
思わず、「ウプッ!く・・・臭えっ!」と音を上げた俺に・・・。

「あたしにはいいけど、女の子に向かって『臭い』なんて言っちゃダメよ!タカシ君のチンポも臭いんだし・・・」

ここは一本取られたな(笑)
ヒロミちゃんのまんこの匂いは2~3日鼻の周りに染み付いていたほどだが、だんだん慣れるうちに、かえって俺を奮起させた。
俺の鼻と口元をくすぐる彼女の剛毛な陰毛も肌触りは最高!

それからお互いに汗と精液まみれになって色々体位を変えてセックスしまくったけど、彼女は腰の入った騎乗位が得意だ。
俺の巨根をしっかりとホールドする万力のような締まりが抜群の名器と、カリ部分に当たるジョリジョリとした剛毛な陰毛の感触も気持ち良かった。
まさにまんこの毛深さに比例する、ありのままのヒロミちゃんの意外な淫らさに溺れながら夜明けまでお互いの肉体を求め合い、俺のチンポはもうヒリヒリだった・・・。

こんな好奇心任せの、『お姉さんが教えてあげる』を絵に描いたような至れり尽くせりでわがままな初体験だったが、まさしく青春の1ページ!
ヒロミちゃん、本当にありがとう!

これが俺の初々しくも甘酸っぱい中学時代最高の思い出である。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

出会いプレステージ