同級生のお母さんに優しくリードされて

この体験談は約 5 分で読めます。

小学校高学年頃のこと。
近所の奥さんに憧れを抱いていた時の話。
こういう時期は誰にもあると思いますが、その方と一線を越えたお話です。

ある日のお昼を過ぎた頃、ボクは近所の同級生の家へ行った。

「入っていい」と同級生に言われていたので黙って入る。

同級生の靴が・・・無い。
またかと思いつつ同級生の部屋へ行き、用を済ませて帰ろうと廊下へ出た。
その時、奥の部屋から何か声が聞こえたような気がした。

奥の部屋へ近づき、中を覗いて驚いた。
ベッドの上でおばさんが服を着たまま座っていて、その手がスカートの中に伸びている。
手が動くたびに身を捩らせ、小さく呻く。
頬はややピンク色になり、顔は時々快感に歪ませる。

(おばさんがオナニーをしている!)

衝撃的な場面に遭遇したが、それよりも目の前の淫靡な光景から目が離せない。
オナニーをしているおばさんは、とても上品で色っぽい。
ボクのおちんちんはズボンの中で硬くなっている。
おちんちんを触ろうとチャックを下げて手を入れようとした時、扉に手をぶつけてしまい、音を出してしまった。
はっとしておばさんの方を見ると、おばさんも驚いた顔をしてこっちを見ていた。

「そこで何をしていたの?」

部屋へ連れ込まれたボクを少し冷たい口調と侮蔑を込めた視線で問い詰めるおばさん。

「わかっているわ、おばさんを見てオナニーしていたんでしょ?」

ボクは黙っていた。
壁際に立つボクへ近づき、膝立ちになりつつ耳元で・・・。

「黙ってちゃ、わからないわよ」

少し柔らかな口調で囁くおばさん。
黙っていると、おもむろに開いたままのチャックから手を突っ込まれる。
ボクはびっくりして動けない。

「あらあら、こんなにしちゃって?あなたもいつの間にか成長してたのね?」

そう言った後、「油断した私が悪いのね」と、1人呟いた。

ボクのおちんちんはこんな時でも萎えることなく硬くなったままだった。
突っ込まれた柔らかな手はおちんちんを擦ったりこねくりまわす。
おばさんはボクの様子を見つつ、「もうヌルヌルじゃないの」と言い、手の動きをやめない。
ボクは我慢できずに、「あっ・・・!」と言うとおばさんの手に射精してしまった。

おばさんは一瞬驚いたが、意地悪そうに、「悪い子ね、お仕置きが必要だわ」と言うと、おもむろにスカートを脱いだ。
ボクの前に立ったおばさんは、ボクに自分の秘所を愛撫するように命じた。
ボクは戸惑っていたが、口元にパンティを穿いたままの秘所をあてがわされる。
少し汗の匂いが漂うが、ボクは一生懸命に舌を這わせる。
おばさんはそれを愛おしそうに見下ろしている。

「ん、・・・いいわ。その調子よ・・・」

そう言うと、「パンティを脱がせて」と頼んでくる。

ボクは恐る恐るパンティを脱がす。
目の前に整えられた薄目のヘアとピンク色の秘所が見えた。
憧れのおばさんの秘所を目の前にしてボクの意識は朦朧として、言われる前に舌を這わせた。
おばさんの秘所はすでに濡れていた。

「あん、ダメよ・・・焦っちゃ・・・」

そう言うが、おばさんも少し感じているようだ。
舌を秘所の中や周りを這わせると、ヌルヌルした液が溢れてくる。

「いいわ、指も使って」

言われるがままに指を出し入れしながら舌で小さな突起部分を愛撫する。
小さな突起を舌で愛撫し続けると、おばさんの声はだんだんと大きくなり、突起も皮が捲れて大きくなる。

ボク「お、おばさん。・・・ここ気持ちいいの?」

おばさん「そ、そうよ、クリトリスっていうのよ、気持ちいいわ・・・」

愛撫を続けていると、ふいにビクッと体を震わせた。
おばさんは恥ずかしそうに、「ハァハァ、イッちゃったわ・・・」と言った。
おばさんはボクをベッドへ座らせるとズボンとパンツを脱がせてくれた。

「お、おばさん?」

ボクは不安そうに聞く。

「気持ちよくしてくれたお礼よ」

おばさんはボクのおちんちんを一舐めすると口に含んだ。
温かくヌルヌルした感触がおちんちんを刺激する。

「お、おばさん!き、気持ちいいよ!」

ボクは声を上げる。
感じるボクを上目で見上げつつ愛撫し続けるおばさんは上着を少しずつ脱ぎ始め、ブラジャー1枚になる。

「おばさんのブラジャー、外してくれる?」

そう言われボクは大慌てで後ろのホックへ手をやるが、なかなか外れない。

「ふふ・・・焦っちゃダメよ」

優しく声を掛けてくれると、おばさんは自分でホックを外した。
拘束を解かれたオッパイは白い肌にピンク色の乳首、そしてちょうどいい大きさの乳輪が目の前に露わになる。
大きいが、形はとてもいい。
ジッと見ていると、「恥ずかしいわ」と腕で隠される。

「オッパイ舐めてくれる?」

ボクは返答をせずに腕を外し、乳首に吸い付く。
おばさんに舌の使い方を教えてもらいながら愛撫し続ける。
おばさんは吐息を吐きながら片手でボクの頭を撫で、片手でおちんちん擦ってくれる。

「お、おばさん、おちんちんもっと舐めて」

ボクがお願いすると、おばさんはおちんちんを口に再び含み、先程より激しく愛撫する。
おちんちんはすでに射精寸前で、先っぽから液が出てるのか、おばさんの唾液なのかわからない。
ボクはおばさんの頭に手をやり体を仰け反らせ、「お、おばさん!気持ちいい!も、もう我慢できない!」と言うと、おばさんの口内へ大量に吐出した。
おばさんは一瞬呻き苦しそうな顔をしたが、すぐにボクに口づけをし、舌を絡ませてくる。
ボクの精液の生臭い味とおばさんの舌の感触を味わわされる。

「お返しよ、男ってどうして口に出したがるのかしらね」

などと言いつつ、まだまだ硬いままのおちんちんを触り・・・。

「元気ね」

そう言うと秘所へ宛てがい、腰を落とした。
キツく感じたのは一瞬で、温かくヌルヌルした柔らかな感触がボクのおちんちんを包む。
おばさんは、「ボクの初めてて、もらっちゃったね」と言いながら腰を動かす。
ボクは、「あ、・・・ああ・・・あああ」と声にならない声を漏らす。

おばさん「どう?女の人の中の感触は?」

ボク「き、気持ちいいです・・・またイッちゃいそう!」

そう言うのが精一杯で、快感に支配されるボク。
おばさんはさらに腰をグラインドさせ、「もう、イクの?」と聞くが、ボクは何も答えられない。
一瞬イキそうになった時におばさんの動きが止まる。

おばさんの顔を窺うと、「ふふ・・・イキたいならもう少し我慢なさい」と妖艶に微笑む。

ボクは頷くと、おばさんは口づけをしてくる。
舌を絡ませつつ腰の動きを止めないおばさんに、ボクは負けじと両手でオッパイを揉み続ける。
でも、いよいよ我慢できなくなってきた。

「お、おばさん!もうイッちゃいそう!」

おばさんは息を弾ませつつ、「ま、まだよ!もう少し我慢なさい!」と動き続ける。
それから2、3分した頃、「い、いいわよ・・・おばさんの中にいっぱい出しなさい!」という言葉と共にボクは、「イクっ!」とおばさんの中に大量に精液を吐出した。

それからも近所のおばさんには時々お世話になりました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!