水球部の先輩女子と初体験&オシッコのぶっかけ合い!

この体験談は約 6 分で読めます。

〔体験談投稿者:ボク 様〕

中学生の時に僕は水球をしてました。
当時は水球なんてほとんど知られてなかったんですが、僕の一つ年上の貴代先輩に誘われて始めたんです。

彼女とは小学校の時からスイミングスクールで一緒で、なかなか勝ち気ですがあっさりしていて気立ての良いお姉さんでした。
部活でも抜け目のないしっかり者で、テキパキと指導してくれる彼女には新人の頃にはよくしごかれましたが、しっかりとフォローしてくれて優しさも満点です。
水球の右も左もわからない僕に基礎からみっちり叩き込んでくれたお陰で見る見る間に上達し、新人戦では荒削りながらも大活躍できて、彼女からもお墨付きとなりました。

僕が二年生になったある日、部活の練習後に貴代先輩と二人で居残ってプールで遊んだ後にシャワーを浴びようとしたら、彼女は突然僕の後ろから「◯◯、今日もお疲れさん!ねえ、一緒に入ろう!」と突拍子もないことを言ってきました。

(先輩、気でも狂ったか!?)

僕は驚いて心の中でそう思いましたが、断る理由もなくすぐに意気投合しました。
鍛えられて引き締まった彼女の肉体にハラハラして、僕のチンポはブーメランパンツ越しに元気に起っており、貴代先輩は「嬉しいでしょ!?裸見せ合おうよ。まず、あんたの元気なオチンチン出して見せてよ!」と満面の笑みで誘ったんです。

二人してヘッドギアを外してシャワールームに入り、後輩の僕は言われるままにブーメランパンツを脱いで勃起したチンポを出しました。
自慢じゃないけど、僕のは完全に皮の剥けた成人サイズで血管も隆々としていてグロいけど凄みはあると思います。

貴代先輩は僕のチンポをマジな顔して見つめながら・・・。

「おーっ!素直でよろしい!さすが可愛い後輩だね!凄いもの持ってるんでしょう!」

と、笑みを浮かべて彼女のひんやりとした手のひらで軽く触ってきたのです。

「生意気に大人みたいなオチンチンだねぇ!イキイキしてるよ~!動物みたいで触るの面白~い!アハッ・・・」

好奇心任せに目を細めて僕のチンポを擦ったり引っ張ったりで弄ぶ彼女の表情も、この上なくいやらしく滑稽でした。

「貴代先輩、あ・・・、ありがとうございます!」

そうお礼を言うと、彼女は「もう、毛までこんなに生えちゃって。たくましいなぁ・・・」と僕のチン毛も指で触りながら感激していました。

少し赤面する僕に、「じゃあ今度はあたしの見せてあげるね!覚悟はいい?」と白い歯を剥き出しにして呼びかけました。

僕は緊張しながら小さな声で「お、お願いします」と言うと、「もう!女の裸見れるんだよー!もっと喜びなさいよ!」と焦れったく思ってか、ひた隠しにしている僕のエロ心を煽るようにけしかけてきました。

貴代先輩は中学生の女子にしてはずば抜けた長身で僕よりも背が高く、水球選手らしく筋肉質でガタイは良くて肩幅も広くガッチリとした二の腕、今思えば映画の『ヴァンピレラ』の主演女優のタルサ・ソトのような日本人離れしたムチムチのセクシーボディでした。
そんな彼女の肉体に、もはや僕のチンポもはち切れそうなほど最高潮に達していました。

彼女は競泳水着の肩紐に手を掛けて、スルッと下ろすと彼女のオッパイがお目見えしました!

「オーッ!」

僕が絶叫すると、「シッ!聞こえるじゃないの!」と彼女が牽制するや否や、濡れているせいか競泳水着が脱ぎにくくて腰に引っ掛かりました。
それを見た僕は咄嗟に「僕に脱がせて下さいよ」と申し出ると、彼女も「いいよ!」と即座に快諾してくれましたので、いよいよ初めて女のマンコが見れるのを期待して彼女の水着に手を掛けました。
競泳水着がタイトなせいか、彼女の身体に食い込んでいてなかなか下がらなかったけど、後ろの方から剥ぐように少しずつ下げていきました。
彼女もちょっと痛がってましたが、ようやくヘソが出てそこからは一気に脱がせることはできました。

丸出しになった貴代先輩のマンコ!
黒々としたマン毛はデルタ状に生え揃っていて、大人のマンコでした。

全裸になってシャワーを浴びる僕たち。

僕は彼女の成熟した大人の裸体をしかと味わうように見ながら、「先輩、素晴らしいオッパイですね!あそこも立派に生い茂ってますよ!セクシーですね!」と定型文みたいな誉め言葉を言うと、「やだ~・・・。恥ずかしいな!けど、嬉しいな!初めてでしょ!?一回でいいから男子とこんなことしてみたかったの!」と彼女は腰に手を当ててその裸体を誇示しました。

「先輩、オッパイ触っていいですか?」

早速、そうお願いすると、彼女は無言でその美巨乳を突き出して僕の勃起したままのチンポを握り締めました。
無造作に先輩のオッパイを握ると、「痛~い!もっと優しく触ってよ!」と怒ったので、下から軽く手を掛けて親指で乳首を撫でてあげました。

すると彼女は目を細めて、「ア・・・」と掠れた可愛い喘ぎ声を漏らしました。

「先輩のオッパイ、プリンみたいで触り心地が凄くいい感じです!もしかしたら校内で一番デッカいんですか?」

そんなスケベな質問をすると、「うん!一年生の頃にあたしとJ(貴代先輩の同学年)で対を張ったけど、今はあたしの方が全然デカいよ。でもね、大きすぎるからブラジャーがキツくてよく肩こりするのよ・・・」と回答した。

案の定、彼女も不馴れな手つきでしたが、僕のチンポをシコシコすると気持ち良くなった僕はすぐに発射しちゃいました。

「アッハッハッハー!もう出しちゃったの~?早~い!」

と、彼女は高らかに笑いました。

今度は僕も先輩のマンコを覗き込んで、恥丘を覆う陰毛を触らせてもらいました。
その感触はボンスターみたいで、更にエキサイトした僕は調子に乗って人差し指を挿入して闇雲にこねくり回すと、彼女も一気に悶えました。

「わぁー、これがマンコですか?野生の密林みたいな毛には興奮しちゃいますよ」

更に貴代先輩の割れ目を指で開いて中身を目の当たりにして・・・。

「オーッ・・・、まるで赤貝みたいですねー!」

無造作に指マンを繰り返して、どうやら先輩のクリトリスに当たってるようで、彼女も思いっきり感じているようで「アウー!アウー!」と至福の喜びを感じてます。
そして無意識のうちに貴代先輩のオッパイにかぶりついて縦横無尽に舐めてると・・・。

「アハッ!ちょっとタイム!」

待ったをかけてきたかと思うと、「あたし、オシッコ出そう!ねえ◯◯、オシッコの飛ばし合いしようよ!」と過激なことを言ってきたのです。

僕もタイミングよく催していたので、とりもなおさず大喜びでそれに賛成して、立ちションで見せあいをすることになりました。
先輩と並んでよーいドン!でオシッコを放出しようとしましたが、緊張しすぎてか、勃起チンポからはなかなか出てきません。
ややエビゾリな体勢で彼女のオシッコは天を向けて豪快に放出されました。

「アッハッハッハ!出ないの~!」

余裕綽々で嘲り笑いながら初めて見るオシッコをする女の姿に釘付けのまま、ようやく僕も放尿できました。

「あ~っ、出た出たぁ~」

貴代先輩は喜びながら今度はいきなり向きを変えて僕にオシッコをぶっかけてきたので、負けじと僕も先輩にオシッコをかけてやりました。

彼女も「キャ~!」と艶かしい声を上げて、怯んだせいか彼女の姿勢も崩れてお互いにオシッコまみれになりました。

「アッハッハッハ!先輩これでおあいこですね!」

そう狂喜する僕に、「やったな~!この~」と彼女はいきなり抱きついてきて、「ね、思い切って卒業しようよ!いいでしょ!?実はね、あたし◯◯のこと、こっそり好きだったんだ!あたしの初めてあげるからさ、◯◯の初めてちょうだいよ?」と僕に覆い被さりながら告白してきたんです。

そして貴代先輩は僕の唇にギクシャクしながらキスをしました。
僕も貴代先輩も何もわからない感じで抱き合ったまま、フォームを入れ換えて今度は僕が上位になり、初めてのセックスに突入しました。

僕は無理やり彼女の毛むくじゃらのマンコにいきなり勃起したまんまのチンポを入れようとしましたが、もちろんすぐに挿入できるわけがありません。
恥ずかしながらマン汁で濡らすことさえ知らなかった僕は、シャワー室に備え付けのボディシャンプーを自分のチンポと彼女のマンコに塗ってなんとか入れました。
彼女も痛がりながら苦悶して、ようやく身体は一つになりました。
キスしたまま、ガサツにそれぞれ腰を動かしたり、先輩のオッパイを舐め回していたらもようやく濡れてきて、チンポもスムーズに上下運動できるようになりました。

「アヒーッ!アヒーッ!」

狂ったように涎を垂らして吠える彼女でしたが、僕は耐えられず、先輩の中に出してしまいました!

ようやく二人とも童貞と処女を捨てて、それからシックスナインでチンポとマンコを舐め合いをしました。
初めて味わう女のマンコはしょっぱくて海草の腐ったような匂いがしました。

「ハァッ!ハァッ!」と喘ぎながら貴代先輩もちょっとキョドるように懸命に僕のチンポをしゃぶりまくりました。

僕も堪らず彼女に口内射精すると、「ウグッ!」とうめき声をあげて貴代先輩は口ごもりながら、「ウェッ!・・・苦~い・・・」と言って精子を吐き出しました。

こうして僕たちの『性人式』を終えて、お互いに疲れてしばらくは狭いシャワールームの中で会話しながらグッタリとしてました。
幸いに妊娠は無かったですけどね。
それを機に、僕と貴代先輩は彼女が中学を卒業するまで秘かに交際して、一緒に花火大会に行ったり、旅行にも行ったりして、その間6回セックスしました。

強健でスタミナ溢れる体育会系女子とのセックスはヤる度に本当に気持ちいいなと思いました。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド