女上司にミニスカ脚で誘われて職場で激エッチ

この体験談は約 3 分で読めます。

職場の女上司との体験談です。
以前、私が働いていた会社で、先輩の女上司と会社でエッチをしてしまったというか、逆レイプみたいな感じになった出来事について話します。

当時私は21歳で、その会社に入ってまだ2年目くらいでした。
そして、新入社員だった頃からずっと私に仕事を教えてくれていたのが、その先輩女上司でした。

事が起きたのは仕事終わり。
その日は、私と先輩女上司しか残業をしている人がいませんでした。
私たちはいつものように会社の愚痴を言ったりしながら普段通りに接していました。
意外にも先輩とは4つしか年が離れてなくて、お互いの恋愛話などで盛り上がったりして、とても話が合う人でした。

私たちは普段通りにデスクに向かいパソコンで仕事をしていました。
しかし、なんだか私はその日、先輩を上司としてではなく1人の女として気になりつつありました。
普段はそんなことはありません。
ですが、なんだか今日に限っては先輩のスカートがいつもより短い気がして仕事に身が入らず、先輩の足をチラチラと見てしまい、だんだん変な気分になってムラムラしてきました。
すると、私がチラチラ足を見ているのを察したのか、先輩は足を何度も組み替えて、その悩ましい仕草を見た私は自分を抑えるのにいっぱいいっぱいでした。

すると先輩が急に、「ねえ、ちょっとこれ見てくれない」と言い、私が先輩の横に行ってパソコンの画面を見ると・・・。

先輩「さっきからジロジロ見てるけど、そんなに私の足が気になる?」

私「あ、いや・・・」

図星を突かれてまともに返答ができません。
次の瞬間、先輩が私の手を取り、自分の太ももに持っていき、「触っていいよ」と言いながら私の手を太ももに押し付けました。
そこからは一瞬の出来事でした。
いきなり先輩は私にキスをしてきたのです。
私はビックリしました。

私「先輩、まだ仕事中ですよ」

先輩「じゃあ仕事が終わったらいいの?」

私は黙ってしまい、そのまま先輩に襲われるかのように会社で先輩と一線を越えてしまいました。
私は初めてではなかったのですが、あまりにも慣れた感じの先輩の手つきや舌使いに圧倒されて、(こういう女性って本当に世の中にいるんだな・・・)と思いながら、先輩に言われるがまましてしまいました。
その時はあまりにも気持ちがよく、またいつも1人でやっている時とは違ってかなり興奮してしまい、今いる場所が会社だということを忘れてしまうくらい先輩と激しくやりまくりました。

そして私がイッてしまい、終わったかと思うと、先輩はまだ物足りないようで私のアレをなかなか離してはくれません。

先輩「まさかこれで終わりじゃないよね?」

先輩は出してすぐのアレを口できれいにしてくれて、次第に私はまた興奮してしまい、そのまま2回戦をしてしまいました。
今度は先輩もイッて満足したみたいでした。
終わった後の私の正直な気持ちは、(あー、やってしまった・・・)でした。
その時、時刻は朝方の4時くらいで、私たちはかなり長い時間セックスをしていたんだと思いました。

私たちは会社で軽く休み、そのまま次の日の朝を迎えました。
出社してきた人からは、おはようの後に「昨日と同じ格好じゃない?」と言われてドキッとしてしまいました。
まさか先輩と会社で一線を越えて一晩を過ごしたなんて言えるはずがなく、「洗濯する暇がなかったから」と嘘をついてその場を凌ぎ、トイレへ顔を洗いに行きました。
トイレから出ると先輩が待ち伏せをしていて、「今日も残業するつもりなんでしょ?」と言って去っていきました。

それからというもの、私は残業をするたびに先輩と会社で激しいセックスをしています。
先輩とはお付き合いはしないもの、体だけのお付き合いという関係になりました。
そしてその1年後、私は会社を辞めて違う仕事に就きましたが、その先輩とは今も月に5回くらいは会って、ホテルで激しくお互いの体を求め合っている状態です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

デキる男の媚薬・サプリ必勝ガイド