新着情報

親公認の近親相姦で大家族になっていくDQN一家

この体験談は約 3 分で読めます。

俺26歳、3人の妹は23歳と21歳と16歳、親父36歳(再婚相手)、母親39歳です。
1番上の妹が『Y』、真ん中の妹が『S』、1番下の妹を『R』とします。

俺が小2だった頃から毎晩、「あぁ~ん、いっいい~!そこが気持ち良いの~~!」と変な声が聞こえてきてた。
3年になってからは良く親のセックスを覗いてた。
親は妹が小学生になってもやめようとせず、毎晩セックスしてた。

翌年の4月、俺が5年でYが2年になったばかりの事でした。
俺はグッスリ寝てたんだけど、急にアソコが温かくなって目を覚ましました。

(ヤバい、夢精したっ)と思いました。

・・・が、横を見ると、隣に居るはずのYが居ませんでした。

(あれっ?)

そう思っているとまた生温かな感じになり、布団の中を覗くとYが俺のアソコをしゃぶっていました。

俺「Y!何してるんだよ?」

Y「ママがパパにしてたのを見て真似をしてみたかった」

俺「Yにはまだ早い!もっと大人になってからするんだよ?!」

Y「いいじゃん!別に。私のも舐めていいから」

なんとビックリ。
俺より先に妹の方が性行為に興味を持ち、実行してきたのです。
最初は抵抗があったけど、やってるうちに抵抗がなくなり、昼間とか親の部屋に入り、バイブやローターを見つけてYの大事な部分を刺激しました。
Yも1ヶ月ほどで感じるようになり、アソコもキラキラと濡れるようになりました。
夏休みになってからは、共働きの親が帰ってくるギリギリまで毎日エッチなことをしていました。
その頃には俺はYのアソコに指を入れるようになり、夏休みが終わり頃に、「Y。お前のアソコに兄ちゃんのアソコを入れたい」と言うと、Yは「お兄ちゃんならいいよ」と言ってくれました。

俺が「じゃあ入れるよ」と言と、Yは「うん」と頷きました。

やっぱり処女だからか、Yのアソコはだいぶ濡れているのになかなか入りませんでした。
運良くYの愛液と俺の我慢汁が滑って亀頭部分だけYのアソコに入りました。
亀頭部分が入ってからは、ゆっくりそのまま挿入しました。
俺のアソコの根元の部分に到達した時、Yは涙を流していました。

俺「痛かったのか?」

Y「うん」

俺「じゃあ今日はもう止めるか?」

Y「せっかく我慢して入れたんだから最後までしてよ」

俺は「わかった」と言って、ゆっくり腰を動かし始めましたが、3分程でイキそうになり、「やばい、出るっ!」と言った瞬間、Yの膣内に大量の精子を出しました。
Yのアソコから自分のモノを抜くと俺のアソコは血まみれ、Yのアソコは絵の具で塗ったかのようにとにかく真っ赤で、肛門もわかりませんでした。
床にも大量の血が付いていたけど、床はフローリングだから処理は簡単でした。

それからは毎日のようにYとセックスをしました。
と言うより、Yとの遊びがセックスでした。
もちろんイク時は中出しです。
そしてYが4年の夏、俺の知らない間に妊娠していて、すでに30週に達しており、もう中絶できない状態でした。
そうなるまで俺も親も全く気付かなかった。
俺たちバカ?

Yは9月に俺の子供を産んだ、女の子だった。
実はウチの母親は13歳で俺を産んでるし、再婚した親父も毎晩セックスをしている為か強くは怒れないようで、Sに「お姉ちゃんみたいになったらダメよ!」としか言いませんでした。
親も親だが、親公認の近親相姦だったから、俺も好き放題やらしてもらっていた。
結局、Yはまた、5年の夏に妊娠して、6年で出産。
また女の子だった。

その頃、4年になったSがオナニーをしてる事は知っていました。
俺が中3でYが中1、Sが小5になった時から毎日3Pをするようになりました。
で、Sが6年の冬に妊娠しました。
男の子でした。

Sが無事に出産を終えて退院したら、なぜか親父も加わって4Pをすることもありました。
Yは結局その後、15歳で三女を産んで、17歳で長男を産んで、20歳で四女を産んで22歳で次男を産みました。
Sは14歳で長女を産み、17歳で次男を産み、20歳で三男を産みました。
Rは10歳の誕生日に俺とやって処女喪失しました。
Rは11歳で長女を産み、13歳で次女を産み、16歳で長男を産みました。
Yの娘の長女も11歳で初セックスをして、その年に長女を生みました。

おかげで我が家は大家族です。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!

セクフレ
最強媚薬エロティカセブン