新着情報

寝取られAVに出演した妻[後編]

この体験談は約 8 分で読めます。

男優達は妻の乳房を水着の上から片方ずつ撫でるように揉みながら首筋に舌を這わせ始めました。

「奥さんってホントに美味しそうな身体してますね。もう僕らのアソコはビンビンですよ」
「・・・ああ、恥ずかしいです」

「奥さんだって興奮してるんでしょう?知ってますよ、しばらくおまんこを使ってもらってないってこと」
「え?恥ずかしい・・・」

2人で妻の全身を撫でながら北島が言いました。

「奥さん、経験人数はどれくらい?」
「・・・4人です」

「へーそうなんだ、旦那さんも入れて?」
「はい」

「3Pの経験は?」
「ないです」

「真面目なんだ。こんなにいい身体してるのに勿体無い」

男優達が全身に舌を這わせ始めると、妻はたまらないというような表情に変わりました。

「じゃあ、そろそろ奥さんの乳首、見ちゃおうかな~」

「ああ・・・」

「こんな簡単に奥さんの乳首が見れるなんて、旦那さんに感謝しないとな~」

北島が妻の水着を捲り上げると、プルンと大きな胸が露わになりました。

「あ~、いやらしい」

色は薄茶色、乳輪は小さめ、小指の第一関節ほどに尖った乳首が露わになりました。

「たまんないおっぱいだな。乳首もこんなに勃起させて、旦那さんだけに吸わせてるのが勿体無いなぁ」

「恥ずかしい・・・」

「奥さん、女の子のママなんだもんね?今日は僕達が代わりにたくさん吸ってあげますね」

2人の男優達が妻の乳首にしゃぶりつきました。

「ああっ!」

妻の身体がピクンと反応し、思わず声が漏れたようでした。

「ピチャ、ジュチュ、奥さん、おっぱい美味しいですよ」

「ああっ、だめっ」

2人の男が妻の乳房にしゃぶりつく様はなんとも卑猥な光景でした。
アイマスク越しにでも妻が感じているのが分かると、男優達はニヤついた表情で責め続けていきました。
捲り上げた水着を外し、北島が妻の背後、中澤が両脚の間に入りました。
妻を北島に寄りかからせ、中澤が股を開かせました。
北島は妻の乳房を揉んだり乳首を引っ張ったりしていました。

「あ~奥さん、何これ?もうマンコ濡らしてるじゃん」

中澤がブルーの水着の股間を見て言いました。
水着の上からアソコのスジをなぞると、妻は身体をくねらせて反応しだしました。

「奥さんいいんですよ、オマンコ気持ちいいんでしょう?我慢しないでどんどんエッチになっていいんですよ」

「ああっ、恥ずかしい」

「遠慮しないで、僕達しかいないんだから、身体に正直になりましょう」

男優達が交互に妻に言葉をかけていくと、妻の様子が少しずつ変わっていく感じがしました。

「おまんこ舐めて欲しいんでしょ?この水着下ろして、おまんこペロペロされたいんでしょう?」
「ああ、んああっ」

「『おまんこ舐めて下さい』ってちゃんとお願いして下さい」
「ああっ、おまんこ・・・舐めて・・・、恥ずかしい」

私は妻の口から「おまんこ」という言葉を初めて聞いて、予想以上に興奮しました。

「あ~いやらしい、たっぷり舐めてあげますよ」

中澤はそう言うと妻の水着をずり下ろし、北島は妻の両脚を抱えてぱっくりとアソコを開きました。

「あ~奥さん、エロいまんこしてる」

中澤は妻のあそこをじっくりと覗き込んだ後、股間に顔を埋めました。
妻からは何とも気持ちよさそうな声が漏れ出し、すっかり男優達の思惑通りになっていました。
そのわずか数分後、AVの中だけのことだと思ってた潮吹きがいとも簡単に起きて、妻の股間から大量の潮が吹き出しました。
男優達が2人ともパンツを脱ぐと、ギンギンに勃起した肉棒が露わになりました。

「奥さん、おまんこ気持ち良かったでしょう?今度は僕らのも見てください、これでもっと気持ちよくしてあげますよ」

大きくて黒光りした肉棒が2本、妻の身体に近寄っていきました。
男優が妻のアイマスクを外すと、妻はうっとりした表情で2本の肉棒を見つめていました。

「奥さん、僕らのはどうですか?」

「すごい・・・、おっきい」

男優は妻の両手に肉棒を握らせ、しごくように言いました。
妻は男優達の間に座り、ぎこちない手つきでしたが両手で肉棒をしごきました。

「これからおまんこに入れてあげますから、その前にたっぷりしゃぶって下さいね」

妻は恐る恐るでしたが北島の肉棒から咥え始めました。
咥え込むと明らかに極太な肉棒のせいで妻の表情は見たことのない卑猥なものになっていました。

「あ~奥さん気持ちいいよ、それにちんぽ咥えた顔、すごいスケベ」
「まんこに突っ込んで欲しいんでしょう?もっと欲望に正直になって夢中でしゃぶって下さいよ」

そう言われ、徐々に妻はいやらしい音を立ててしゃぶり始めました。
誘導されて中澤の肉棒を咥えこむと、ますます積極的にしゃぶりだしました。

「あ~気持ちいい、旦那に見せてやりたいな」

妻は無言で2人の肉棒を交互に丁寧にしゃぶりました。
亀頭を舐め回す舌使い、玉袋を口に含みながら舐め回す姿を見て、私が知らない妻の本性を垣間見た気がしました。

「じゃあそろそろおまんこにしてあげますよ」

北島は妻を仰向けでベッドに寝かせました。
中澤は画面から見えなくなりましたが、北島は妻の股を開いて肉棒を宛てがいました。

「奥さん、早く欲しいですか?」

北島が妻のアソコを肉棒でなぞりながら聞くと、吐息混じりに妻が答えました。

「・・・はぁ、んはぁ、早く」
「久しぶりのチンポが欲しくて、疼いてしょうがないんでしょう?」

「・・・ああっ、欲しい」
「じゃあ何をどこに入れて欲しいかちゃんとお願いして下さいよ」

妻は少し恥ずかしそうでしたが、すぐにうっとりした表情で言いました。

「・・・お願い、私のまんこにチンポを入れて下さい」

北島はそれ聞いて生肉棒をズブリと挿入しました。
妻の悲鳴と歓喜が入り混じったような声が響き、それを聞いた私はあっという間に射精してしまいました。
私は全く想像もしていませんでしたが、射精したことによって急激に嫉妬心が芽生えてきました・・・。

しかし、画面の中ではビダンビダンと北島が妻を打ちつけていて、妻は北島と舌を絡ませて喘いでいました。
すぐに中澤が画面に現れると妻の口元に肉棒を持っていき咥えさせました。

「・・・んぐっ・・ああっ、すごいっ、じゅちゅ」

「奥さん最高でしょう?2本のチンポを同時に咥えてたまんないんだろう?」

嫉妬で顔が猛烈に熱くなっていましたが、止めてくれと言いに行くことも出来ずにいました。
すると男優が入れ替わり、妻に四つん這いになるように言いました。

「じゃあ今度は後ろから突っ込んでやるからな、もっとケツ高く上げなよ」

妻は何ともはしたない格好で中澤に尻を向けました。
中澤は妻の尻肉を掴みながら肉棒を宛てがいました。

「奥さんってほんとにいやらしい身体してますね、四つん這いでおっぱいこんなに垂れ下がっちゃって」

北島が無造作に妻の胸を揺らし、中澤は一突きで奥深くまで挿入しました。

「・・あああっ、いいっ!」

私の嫉妬などよそに画面の中の妻は夢中になって喘いでいました。
北島が妻に咥えさせ、中澤がズンズンと力強く突いている様子を見て、嫉妬しながらもまた勃起していました。

「・・・んぐっ、ああっ!んああ!」

「奥さん、まんこどうだ!?気持ちいいか?」

「・・ああっ!いいっ、気持ちいいっ!」

中澤はそれから体位を数回変えて射精しましたが、その間妻は何度もイカされました。
引き続きぐったりしている妻を気に留めることもなく、北島が挿入しました。

「奥さん、まだこんなにまんこグッチョグチョなんだ」

「・・・ああ~、だめぇ」

後側位で北島がゆっくり出し入れしながら言いました。

「旦那さんと比べてどうですか?」
「・・・んああっ・・ああ」

「正直に答えて下さい」
「こっちの方が・・・いい」

北島は妻の背後から出し入れしながら片足を抱えてさらに突き上げました。

「ああっ、もうダメっ、すごい」

「奥さん、僕も気持ちいいですよ」

「ああっ、イクっ、またイッちゃう!」

北島の肉棒が奥深くに刺さったまま、妻はまた絶頂を迎えました。
北島はすぐさま妻を仰向けにして正常位で挿入しました。

「・・・あああっ、気持ちいい」

妻は北島の背中に手を回して、もう好きにしてと言わんばかりの表情をしていました。
すると北島は妻の顔を覗き込むように見ながら、私がドキッとすることを言い始めました。

「あ~、奥さんのまんこ、とても具合がいいですよ、もし良かったら、今度は旦那さんに内緒で会いましょうか?」

「・・・ああっ、やっ」

「こんなに気持ちいいこと、今日で最後でいいんですか?」

妻は返事をしませんでしたが、北島がさらに打ち付けると大きな声をあげてまた絶頂を迎えました。
私がその様子を見ながらしごいていると、中澤がモニタールームに戻ってきました。

「旦那さん楽しんでますか?奥さんのまんこ、最高でしたよ」

「・・・はい」

私は興奮やら嫉妬やらで喉が渇いていました。

「奥さんのまんこ、ぐっちょぐちょでしたよ。北島に誘惑されて、奥さんどうするかな?」

画面の中では正常位で差し込まれたまま妻が北島に口説かれていました。

「奥さん、会うって約束しないと、このまま抜いてやめてしまいますよ?」

「・・・ああっ、だめっ」

「もっとおまんこされたいんでしょう?身体に正直になって行動したっていいんですよ」

北島は何度か間隔を空けてピストンをしながら続けました。
するとしばらくして妻が口を開きました・・・。

「・・・だめ、すごい気持ちいい」
「ええ、僕もですよ」

「セックスって、こんなに気持ちいいの?」
「ええ、そうですよ。また僕と会えば、もっともっと気持ちいい思いをさせてあげますよ?」

「・・・ああっ、うん」
「じゃあ会ってくれますね?」

妻はコクンと頷きました・・・。
それを見て、隣にいた中澤が言いました。

「奥さん最高ですね、恥じらいながらおまんこさせてくれるって約束してくれましたよ」

私は激しく嫉妬していました。
ただ、連絡手段もないのに本当に会えるはずもないと思っていましたが、その考えはすぐに覆えされました。

「じゃあ奥さん、今から連絡先交換しましょう」

「えっ?今ですか?」

北島が妻のバックを手渡し、携帯を出すように言いました。

「今から言う番号に掛けて下さい、080-◯◯◯◯-◯◯◯◯」

妻は少し困ったような顔をしながらもダイヤルしました。
すると、部屋にあった北島の携帯が鳴りました。

「これでまた会えますね」

北島は満足そうな笑みを浮かべてピストンを再開しました。

「あ~ホントに気持ちいい、これから何度もしましょうね」

「・・・ああっ、いいっ、またイッちゃう!」

私は想像もしない展開に顔が熱くなり、内心ビクビクもしていました。
中澤はそれを知ってかどうか、煽るように言いました。

「奥さん、あんなに乳を揺らしてホントにエロいな~。旦那さん、今になって後悔しても遅いですよ?東京戻ってからも、たくさん使ってあげますからね」

北島がフィニッシュに向かいました。
激しく突き上げると、妻は悲鳴のような声を上げました。
途中で妻はイキましたが、北島はそれから2分くらいして果てました。
そして妻のあそこから引き抜いて、口の中に射精しました。

「あ~いい、奥さん搾り取って下さい、あ~そうそう」

妻は口の中に北島の精子をたっぷり含んだ状態で丁寧に搾りとり、ようやく一連の撮影が終わりました。

「奥さん、お疲れ様でした。私はこれで失礼しますけど、しばらく部屋を使ってもらって構わないですからね」

妻は動けない様子でしたが返事をしました。

「また会えるの楽しみにしてますね。あ、そうそう、実は僕らも東京から来てるんですよ。連絡しますね。別に奥さんから連絡をくれてもいいですから」

北島はそう言ってモニタールームに戻ってきました。
私はこれからも本気で会うつもりなのかと聞くことも出来ず、男優達の話を聞いていました。

「撮影は以上です。奥さまは恥ずかしそうなので、もう少し部屋にいるとのことです」

感想を根掘り葉掘り聞かれ、しばらく経ってから妻のいる部屋に行きました。
妻はシャワーを浴びて元の水着姿に戻っていました。
途中で撮られてることを思い出して、妻を連れて部屋に戻りました。
心臓がバクバクしてるのを抑えて妻に聞きました。

「どうだった?」
「どうって言われても・・・」

「気持ちよかった?」
「内緒・・・」

妻は申し訳なさそうに言いました。

「私・・・しても良かったの?」
「うん、もちろん。嫌だった?」

「嫌じゃないけど・・何か後ろめたい」
「全然気にしなくていいよ。それより、ちゃんとイケた?」

「・・・うーん、うん?」

何度もイッたことを妻は誤魔化しました。

「またしたいって思ったんじゃないの?」

「なってないよー」

「ほんとに?連絡先とか聞かれてない?」

妻が何と答えるか、私は緊張していました。

「ううん、聞かれてないよ」

妻は全く表情を変えずに答えました。
どんな心情だったのかは分かりません。
でもそのとき、初めて妻の下心を感じた気がしました・・・。

ブログランキング参加中!

えろばな研究所はアダルトブログランキングに参加しています。
もし当サイトを気に入っていただけたら、 このバナーをポチってもらえると励みになります!